ブログ

catch-img

SNSのマーケティングセミナーを受けたい!プラットフォーム別セミナー内容の例を紹介!

案内をする女性

最近、SNSを使った情報発信が活発になり、企業でも情報発信を行う為にSNSを活用することが多くなってきましたよね。

そこでうまくSNSを運用するためのスキルが必要で、その一つが『SNSマーケティング』となります。

ただし、SNSと一口で言ってみても、Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)、LINE(ライン)など様々なコンテンツがあります。

しかもそのそれぞれでシステムや利用している層が違うので、SNSのマーケティング方法も違ってくるので、目的とするプラットフォームによる活用方法を知ることは非常に重要になります。

このような需要に合わせて、数多くのSNSマーケティングのノウハウを知ることのできるSNSマーケティングセミナーが開催されています。

今回は2021年現在、SNSマーケティングセミナーの実施内容と実施されているセミナーの一部をご紹介します。

SNSマーケティングセミナーって?

そもそも、SNSマーケティングセミナーって何をするの?ということからご説明させていただければと思います。

SNSマーケティングとは、SNS広告や、インフルエンサーマーケティング、アカウントの運用を行い、企業や商品、サービスのアピールを行い、アピール対象の認知度を上昇させることや売上を上げることなどを目的とした流れのことを言います。

最近では、投げかけるだけのテレビCMやラジオCM、新聞広告や看板広告、チラシなどを見るよりも、SNSで得た情報で判断することも多くなり、そのターゲット層を選定したり、広告を発信したり、情報を発信するSNSマーケティングは非常に重要な業務になるかと思います。

SNSマーケティングセミナーでは、そのノウハウや効果的な方法や戦略、どの媒体を使うべきかなど資料やプレゼンテーションを踏まえて経験則から実践的な内容を学ぶことができます。

SNSを活用したい企業や人にとっては必見のセミナーですよね。

プロットフォーム別の実施セミナー内容を紹介

instagramのマークが映されたスマートフォン

Twitter(ツイッター)

Twitter(ツイッター)は、基本的には無料で、一般の方から著名人、企業まで幅広く気軽に利用することができるSNSとなります。

140文字という限られた文字数の中で手軽に発信ができる分、どれほどまで情報を詰め込めばいいのか、どのような文章が効果的なのかを知り、ターゲット層に合わせて対策をする必要があります。

また、Twitter(ツイッター)は、顔見知りや友達だけではなく、会ったことのないユーザー同士の会話やコミニュケーションを図ることができることが特徴で、普段、企業のホームページなどからの問い合わせや要望を出すことのない層からの意見や問い合わせについても気軽にユーザー側から発信してくることも少なくありません。

老若男女、Twitter(ツイッター)は利用されていますが、特に若者に人気で活発に活動しているのは比較的若い層となります。

そのため、若年層へ向けた商品やサービスのアピール・発信、イベントの告知などを行うことに最適なプラットフォームでしょう。

また、Twitter(ツイッター)の情報や話題になっていることやトレンドは流動的で、時間ごとに最新の流行りや新着情報、注目されているものについて知ることができます。

上記より、流行り等のリサーチをする際にもとても向いている媒体であると言えます。

そして何より、Twitter(ツイッター)が発信に向いている理由としては、そのシステムにあります。

投稿をすると、そのツイートをみて共感またはおすすめをしたいと思ったユーザーが「ツイート」を見た「フォロワー」やユーザーが「リツイート」や「お気に入り」をすることでそのユーザーをフォローしているユーザーの「タイムライン」に投稿内容が表示されます。そこにまた共感したユーザーが「リツイート」や「お気に入り」をすることでどんどん情報が広がっていくこととなります。

また、その他にも「#(ハッシュタグ)」という機能もあり、そこに関連キーワードを入れていただくと、その単語を検索したユーザーの検索結果にヒットしやすくなります。

ここを工夫することもTwitter(ツイッター)を活用する際に大切な事項になるかと思います。

ただし、この便利なTwitter(ツイッター)は利用方法に大変注意が必要です。

誰でも利用ができるということは、ターゲット層としているユーザーからそうでないユーザー、ネットリテラシーのあるユーザーから乏しいユーザーまで様々います。

気軽に効果的な発信ができる反面、ずれた内容や批判的な発言をすると、拡散性の高さも相まって『炎上』に発展する可能性もあります。

それでは、最後にTwitter(ツイッター)のマーケティングセミナーで学ぶことができる内容の例の一覧をご紹介させていただきます。

  • ターゲットの選定の行い方
  • SNSマーケティングを行う際の分析ツールの紹介や使用方法
  • 商品や発信したい内容に合わせた効果的な文章構築方法
  • 適切なツイート内容について/ネットリテラシーの強化
  • キャンペーンやインフルエンサーを起用した施策の考案方法について

例として上記をあげさせていただきましたが、その他にも多岐に当たるセミナーがあり、有料のものから無料のものまで様々です。

そして、企業が発信しているものから個人事業主が発信しているものとこちらも様々あるので、ホームページや口コミなどを確認し、これまでの実績や活用事例などを把握した上で、内容について自身が求めているものと合致しているか判断をしましょう。

Instagram(インスタグラム)

Instagram(インスタグラム)は、投稿の内容というよりも、写真やイラスト、動画などを見ることが多い媒体となる為、Twitter(ツイッター)のように文章に重きを置くというよりは、添付する写真・イラスト・動画に注力する必要があります。

また、文章では、たくさんの情報を乗せるというよりは『#(ハッシュタグ)』で検索した人の画面に引っかかるかなどが大切になります。そして、写真にも位置情報やタグ付けを行うことができるので、そこをうまく活用してその投稿からホームページや商品情報のページに移行してもらえるかも大切なポイントです。

Instagram(インスタグラム)では、そのページだけで購入や認知に繋げるというよりも、ここで興味を持ってもらい別ページに誘導していくという方法で企業側は顧客の獲得を目指すことが多くなるかと思います。

そして、Instagram(インスタグラム)は若い女性に人気で、主に利用している層は、若い女性で『インスタ映え』などのキラキラしたものや美容・ダイエット、グルメや旅行など女性をターゲットとしたものについて親和性が高いかと個人的には思います。

その為、投稿する写真・イラスト・動画については、何を伝えたいのかわかるものであることはもちろんですが、綺麗であったり、可愛い出会ったり、ビジュアルが良いものを選定し発信していく必要があります。

ここでうまく誘導ができれば、そのターゲットとなるユーザーによってそのまま購買につなげることができたり、サービスの契約までInstagram(インスタグラム)だけで持って行けることも可能となる場合が多いです。

それでは、Instagram(インスタグラム)のSNSマーケティングセミナーではこのようなことを学ぶことができる例の一覧をあげさせていただきます。

  • Instagram(インスタグラム)ならではのターゲット層の選定とデータ比較の方法
  • 商品やサービスの効果的な発信をするための画像ビジュアルや基本的な投稿方法
  • 成功体験に基づく『インスタ映え』を活用した効果的な発信方法の徹底解説
  • 購買や契約に直結するInstagram(インスタグラム)の活用方法やリンクの貼り方
  • インフルエンサーを活用した広告の発信の仕方

Instagram(インスタグラム)の特徴として、インフルエンサー広告を効果が高いことが上げられます。

利用しているユーザーは、自分の興味のあるインフルエンサーを気軽にフォローしお気に入りや投稿を保存するなどの特性もあり、ターゲット層と親和性の高いインフルエンサーを起用することで、大きな効果が見込めます。

また、広告に関しても親和性の高いユーザーに表示されるようにすることで、新規ユーザーの獲得や売上の上昇・認知度の上昇なども見込めるので、広告に関してはカバーしておくと良いですよね。

例としてあげさせていただきましたが、こちらも様々なものがあります。必ず自身の目的に沿ったものを選び受講するようにしましょう。

Facebook(フェイスブック)

Facebook(フェイスブック)についてですが、こちらはTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)と違い、実名で登録をする必要があります。

その為、他のプラットフォームよりも信頼性の高い情報を得ることができたり、より明確なターゲット層の選定を行うことができるといった特性があります。

一時期よりも利用者数は他媒体に分散してしまっていますが、情報が的確であることや信頼性の高い情報が多いことから、このプラットフォームを利用する企業はとても多いです。

実際、Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)を利用していなくても、Facebook(フェイスブック)を利用しているという企業も少なくありません。

また、世界各国で利用されており、ここでは年齢や世代に関係なく、ビジネスを目的としている人が登録することも多いので、最短、直結したアピールを行うことができることが良いポイントです。

ここでは、サービスの提供について親和性が高いと言えるでしょう。

例えば、請求書の作成サービスであったり、保険であったり、生活や仕事に直結するサービスについてとても効果を発揮するかと個人的に思います。

理由としては、Facebook(フェイスブック)では、メッセンジャーという機能を使い、個人事業主と企業の業務のやりとりが発生していたり、企業間でのやりとりを行うことも少なくありません。

そんな働く人が多く使う媒体だからこそ、仕事関連のサービスや、生活に直結する保険などのサービスについては親和性が高くなる傾向があるでしょう。

また、Facebook(フェイスブック)のシステムとして、個人とは別で企業独自とアカウントを取得することができます。実名登録であることや公式アカウントであることは一目見れば一目瞭然の為、情報源としては正しいものであるとユーザーも認識しやすい媒体なんですよね。

そして、気に入った投稿についてはユーザー側で『シェア』を行うことができ、気軽に拡散をすることができることも運用する上では良い特徴となります。拡散に関しては、他のSNS媒体であれば、匿名性ゆえに炎上がしやすいという傾向があるのですが、Facebook(フェイスブック)では、全ての人が実名登録を行っており、匿名性はありません。

その影響か、正当性のないことを言う人は少なく、炎上がしにくい媒体であると言えるでしょう。

それでは、Facebook(フェイスブック)のSNSマーケティングセミナーではこのようなことを学ぶことができる例の一覧をあげさせていただきます。

  • 自社商品やサービスと親和性の高いユーザーの選定方法
  • Facebookでの情報収拾の行い方
  • 今すぐ実践できる効果的な文章と写真の投稿方法
  • 広告を打ち出す際により自社サイトへの流入・販売促進につながるタイミングや更新頻度
  • 『シェア』しやすい投稿の作り方

Facebook(フェイスブック)は、世界各国の人と繋がることのできる媒体ですが、生活や仕事に直結する今や珍しい匿名性のないSNSプラットフォームとなります。

ここを利用するユーザーは、信頼度の高い、質の良い顧客層が眠っている可能性があるのでより効果的に発信をしていきたいところですよね。

例としてあげさせていただいたセミナー以外にも様々なアプローチでセミナーを展開する企業や個人事業主がいるのでぜひ現状にあったものを選定してみてください。

LINE(ライン)

今や誰もが使っているメッセージアプリといえばLINE(ライン)ですよね。

日本国内でシェアの首位を独走するメッセンジャーSNSであるLINE(ライン)は、メールを利用するよりも手軽に利用することができ、無料で通話をすることもできる便利アプリです。

おそらくほとんどの方が日常生活からビジネスでもダウンロードし利用している方も多いかと思います。

LINE(ライン)は、通常、端末の電話番号にて1アカウントを取得することができ、スマートフォンを持っているユーザーであればほとんどの方がインストールしているのではないでしょうか。

また、最近では企業でLINE(ライン)の「LINE公式アカウント」を開設したし、もっと手軽にできる「LINE@(ラインアット)」を利用して情報を発信することも多くなりました。

この「LINE公式アカウント」や「LINE@(ラインアット)」を作ることにより何が起こるかと言うと、LINE(ライン)を利用しているユーザーで企業やサービス・商品に興味を持った方は友だちに追加してくれるようになります。

ターゲットの選定に関して、自身で何か特別なことをしなくてもある程度、興味関心の率が高いユーザーや情報を求めているユーザーが自然と追加してくれる仕様となるので、他の媒体よりもアドバンテージは高くなるかと思います。

また、追加してくれれば、トークの画面に発信した情報が流れ、ユーザーに通知も届くので他のSNS媒体のように時間帯によって見逃すことや、タイムライン上で埋もれて見逃すといったことは少なくなります。

ここら辺もLINE(ライン)を使用する利点ですね。

また、一度来店していただいたお客様にLINE(ライン)アカウントを登録してもらうことで、お店の最新情報やクーポン、セールの情報、メルマガなどを配信することができ、お店への直接の来店や購買につなげることができます。

最近では、LINE(ライン)上で「LINEショップカード」の機能もあり、来店につなげるために活用したいといったニーズへの親和性が高くなっているかと思います。

その他にも、LINE(ライン)では、LINEニュースやバイト募集、広告を表示できたり、スタンプを無料提供するといったキャンペーンの実施、タイムラインの利用などを行うことができます。

年齢や性別をあらかじめ登録する必要もあるのでより正確なターゲットを選定することも可能となるかと思います。そうすると、LINE(ライン)は様々なSNSの良いところが集合した!といった感じでしょうか。

ただ、注意すべき点としては、年齢層も幅広い多くの人が使っており、元々サービスや企業を知らない人については自ら友だち登録をしてもらうことや見つけてもらうことが難しい傾向にあります。

その為、キャンペーンや広告を打ち出すかと思いますが、一過性のものになることも少なくありません。

いかに認知度を高め、ターゲットを選定し、効果的な発信を行うかが重要なポイントになるかと思います。

それでは、LINE(ライン)のSNSマーケティングセミナーではこのようなことを学ぶことができる例の一覧をあげさせていただきます。

  • 友だち登録を行ってくれているユーザーへの効果的な発信方法と文章作成方法
  • 自社を「見つけてもらう」為の効果的な広告の設計と打ち出し方
  • 顧客へ定期的な情報発信をするために必要なノウハウ
  • 長く友だち登録を続けてもらうためのクーポンや情報の発信方法

などが上げられるかと思います。ただしこちらもあくまで一例となるので、強化したい部分をきちんと把握して、自分にあったセミナーを見つけてみましょう。

また、LINE(ライン)は連絡ツールであると言う特性から毎日ある程度確認をする媒体で、Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)、Fasebook(フェイスブック)と違い日課になっている場合を除き、確認頻度は高くなるかと思います。

ここでターゲットの選定をきちんと行うことができ、発信に関しても的確な対応を行うことができることで、認知度や売上に良い影響をあたえることとなるでしょう。

その他

現在、企業として効果的に活用すると良いものについてはこれまでお伝えさせていただいた主なプラットフォームの他にも色々あります。

その中で突出しているものとしては、Youtube(ユーチューブ)です。

これまでは、ユーチューバーを起用し発信を行っていくことが主体となっていましたが、最近では企業自体がアカウントを運営していることも多く見受けられますね。

そこで商品の紹介を行ったり、使用方法を発信したりすることはもちろんですが、視聴者に向けて企業の雰囲気を発信し、商品だけではなく企業自体のファンを増やすといったことも可能となりました。

また、そこで作成した動画についてはYoutube(ユーチューブ)のみで活用をするだけではなく、Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)、LINE(ライン)にてリンクを貼り、動画への誘導を行うことが可能です。

そのほかにも企業説明会や、セミナーをする際にも2次利用・3次利用することができますので、何か動画を作ってみるといったことに挑戦することも今後増えていくのではないでしょうか。

Youtubeのセミナーに関しては、個人でYoutubeを投稿したい人向けのものが多いのですが、企業向けのセミナーもあります。

こちらはどんな動画を撮りたいかであったり、インフルエンサーの起用をする際に気をつけたほうがいいことであったり、伝えたいことをいかに効果的に最後まで見てもらえるかの方法であったりを伝えているセミナーが多い状況かと思います。

Youtube(ユーチューブ)については、目的に沿ってたくさんの道筋があるような状況なので、方向性を決めてからセミナーを探すことをおすすめしますが、どのように活用したらいいのかわからないと言う人が多いのではないでしょか。

その為、大まかなYoutube活用方法などを学ぶことのできるセミナーなどもあるので、そちらを受けてみて導入について検討しても良いのではないでしょうか。

小学生のなりたい職業に、ユーチューバーは選ばれるほど業界的にもメジャーになったYoutubeと言うプラットフォーム、活用しない手はないですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、SNSマーケティングセミナーについて、プラットフォーム別に解説・紹介をさせていただきました。

SNSの活用については、ほとんどの企業が注力している中、よりよく自社の製品やサービス、会社自体をアピールしていくかが非常に重要になるかと思います。

ここをうまく活用するためには、SNSマーケティングを主として行っている会社に支援を依頼するもしくは自分自身で問題を解決する必要があります。

自分自身で運営を行っていくためには、SNSマーケティングについて学ぶことは必須なので、概要等確認の上自分の求めているセミナーに参加することをおすすめします。

また、参加方法に関しては、講演会場に赴くものもあれば、Zoomのウェビナーを利用したオンライン視聴可能なもの、Youtubeで限定公開されているものまで様々ですので無理のないスケジュールで参加が可能です。

ただし、はじめはどうしたらいいかわからない、どう発信していいかわからない状況に陥る人も少なくありません。
知識が0の状態でいきなり始めることになければ、そう言う状況に陥ってしまうことは当たり前です。

全てのプラットフォーム上で言えることとなりますが、まずは大まかに何を行うべきなのかを解説・説明してくれる基礎的な初心者向けのセミナーを受けてみましょう。

初心者向けのイベントなどが開催されることも多いので参加してみてもいいですね。

そうすることで、どの媒体に注力すべきか、ターゲット層を選定すべきか、それぞれのSNS媒体の特徴などを知ることができ、より明確にSNSの運用について検討・実施を行うことができるようになるでしょう。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでも参考になっていれば幸いです。

リード獲得やSNS運用・分析で お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら