ブログ

catch-img

SNSマーケティングってなに?メリットとデメリット、SNS別マーケティング例について徹底解説しました!

近年、たくさんのSNSプラットフォームが確立され、一人に対して、マーケティング可能なアカウントを2〜3個取得していることが普通の状態となりました。

あらゆる企業は、そこを媒介とし、ユーザーに向けて企業や商品、サービスのアピールをし、より多くの認知や業績の向上につながるような運用方法を目指しているような状況ではないでしょうか。

その運用方法の指針となるものが、『SNSマーケティング』となります。ただし、SNSマーケティングと一口に言いましても、様々なものがあります。

SNSによってそのマーケティング方法や運用は異なり、ターゲット層についてもSNSによっては異なります。

今回は、SNSマーケティングとは何かについて、マーケティングの手法や特徴、メリットやデメリット、代表的なプラットフォームでの運用方法の実例やマーケティングの際に気をつけるべきことなどを徹底解説します。

そもそもSNSマーケティングってなに?

SNSマーケティングの『SNS』は、ソーシャルネットワーキングサービスの略称となります。そのプラットフォームを媒介として、企業や商品サービスの利用者やファンを増やしていき、その結果として、企業の業績アップや認知度の向上、ビジネスの成長を目指すために行うマーケティング活動のことを『SNSマーケティング』と言います。

簡単に言うと、売り上げアップのためのSNS活動を行うための情報収拾や施策など全てを含めてSNSマーケティングという形でしょうか。

近年、SNSは広く一般に普及したこともあり、たくさんの企業がSNSマーケティングを実施し、様々な企業活動を行なっています。

その為、競合他社と差をつけるためにはより効果的なSNSマーケティングを行う必要があります。

しかし、この場合、ご利用のSNSとの相性と自社の特性、商品やサービスの特徴などをうまく組み合わせて自社にとって『合っている』SNSで『合っている』手法でマーケティングを行なっていく必要がありますね。

目に見えないものなのでなかなかイメージが湧かないかと思いますが、この後実例などを踏まえて紹介できればと思います。

SNSマーケティングの代表的な手法

SNSマーケティングの手法ですが、具体的には『SNSアカウントの運用』、『SNS広告配信』、『SNSキャンペーン』、『インフルエンサーマーケティング』、『サーシャルリスニング』の5つがあげられます。

SNSアカウントの運用に関してですが、文字通り、運用ですね。

例えば、SNSへの投稿であったり、反応のあったユーザーとのコニュニケーションをとったりなどとなります。
ここについては、定期的に最新の情報を発信し続ける必要がありますので注意しましょう。

続いて、『SNS広告配信』についてです。

こちらに関しましては、該当のSNS上で有料にて配信することのできる『広告』機能を利用し、自社の企業アカウント以外のフォロワーへ企業の情報や商品・サービスの情報を発信することが可能です。

ここを利用することで、現状、企業アカウントをフォローされている数が少ない場合でも、たくさんの人に発信することができるので、内容によっては効果的かと思います。

続いては『SNSキャンペーン』です。

こちらは、2パターンのやり方があります。例えば、現在フォローしているユーザーに向けて投稿をし、シェアやリツイートを促し、拡散をしてフォローしていないユーザーにもさらに情報を見てもらえるようにしつつ、ユーザーの得になるような特典付きの投稿をするパターンです。

ここは、気軽にできるものが多く、ツイートをし、期限までに条件を満たしたユーザーを対象に抽選を行えば簡単なキャンペーン企画を実施することが可能です。

2パターン目は、広告機能と掛け合わせたキャンペーンです。

ここに関しては、ユーザーの自主的な拡散だけに頼らず、SNSの広告機能を駆使して様々なユーザーに向けて発信をすることが可能です。これにより、初めて企業のサービスや情報を見たユーザーがキャンペーンに興味を持ってくれるきっかけになります。

何もない状態でフォローをする数よりも、キャンペーンを行なった方がフォローされる数は多くなります。

続いては、『インフルエンサーマーケティング』です。

インフルエンサーマーケティングは、SNS特有の手法になります。『インフルエンサー』とはSNS上で影響力のある人のことを言います。

インフルエンサーは、テレビに出ている有名人をいう場合もありますが、SNS上で人気があったり、活躍している一般の人を指したりもします。また、『インフルエンサー』を専業として活躍している人もいます。

インフルエンサーの起用に関しては、注意が必要で、商品・サービス・企業に合っているような方を精査する必要がありますね。

個人で請け負う人もいますが、多くの方が事務所に所属しているので、事務所に直接アプローチするもしくはインフルエンサーの起用について取りまとめている企業がありますのでそこに相談をすると良いでしょう。

最後は、『ソーシャルリスニング』です。

SNSの醍醐味はユーザーとの距離が近いという部分かと思います。

その距離の近さ故に、ユーザーから商品や企業・サービスについての気軽なコメントや意見をもらうことができます。

ソーシャルリスニングを行うことで、現在企業・商品がどのようなイメージを持たれているか、競合他社との違いは何かあるのか、何か不満な点が出ている部分はないか、改善できる部分はないかなどの確認が可能です。

企業の改善や商品開発のヒント、これからどのように市場が動くかを予測することができる効果的な調査方法です。SNSを利用するユーザーについては、企業へ直接お問い合わせや意見を言うまでもなく、なんとなく不満を持っているような軽いコメントを投稿する傾向があります。

情報も多いですが、その中で取り入れられるような情報を発信していることもあります。ここは基本的には無料でできる部分ではあるので、やってみる価値は大いにあります。

SNSマーケティングの特徴

SNSマーケティングの特徴としては、すぐに始められるという点があげられるでしょう。

一度投稿するだけで、通常であれば企業のホームページやコンテンツの中で見た人にしか発信できなかった内容を、インターネットと言う広い世界で不特定多数に向けて発信することが可能です。

なので、SNSマーケティングを駆使してうまくヒットさせることにより短時間で急激な注目・アクセスを稼げたり、企業や商品、サービスの認知度が上がったりと企業にとってプラスになることが多くあります。

また、企業アカウントで多くのユーザーにフォローしてもらうことで、顧客や未来の顧客となりうるユーザーの年代や、傾向、ユーザーの特徴、現在そのユーザーたちが注目している話題などを細分化し情報として得ることができます。

上記のような情報は、通常、実施する企業発信のアンケートであったりだとか、問い合わせ、現状のユーザー向けの情報収拾などでは取得できないものが多くありるので、『SNSマーケティング』ならではの得られる情報と言えるでしょう。

この情報を得て、ユーザーの需要と企業の対応できる部分の接点となる位置で施策や発信を行うことや、先ほどお伝えした5つの『SNSマーケティング』を実践することでより良い運用が可能となります。

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングを行う場合のメリットは非常に多くあります。

まずはじめにあげられるのは、情報がすぐに発信できると言う点と、その情報を手間なく気軽に拡散してもらうことができるという点ではないでしょうか。

公式ホームページでリリースを出すほどでもないけれど、知ってほしいことってたくさんありますよね。

SNSでは気軽にユーザー目線で投稿をしたり、気軽に発信し、企業やサービス、商品を知ってもらえるチャンスを広げることができ、その情報をより多くの人に知ってもらうために行うことのSNSマーケティングの一種です。

続いてあげられるのは、新規顧客の獲得チャンスを広げることかと思います。

企業アカウントをフォローしているユーザーは、基本的には企業に興味がある方です。そのフォローしてくれているユーザーにも、友人や知人、ネットで繋がった趣味友達など様々なフォロワーがいることが多いので、その人が拡散をすることによりその友人知人にも企業のアピールを行うことができます。

よ売り上げを上げる手っ取り早い方法は、その企業・商品・サービスとマッチングしている人に自社のアカウントを見つけてもらうことです。

知ってもらわなければ意味がないので、まずは知ってもらう作業をSNSで行うことは非常に有効な手段と言えるでしょう。

続いては、ユーザーとの関係性の構築ができる点があげられます。

SNSは、良くも悪くもアカウント同士の関係性が近く、気軽なコミュニケーションをとることが可能です。
そこを利用し、ユーザーからのリアクションに積極的に関わっていくことで、これまで気づけなかった信頼関係や企業を身近に感じてもらえるきっかけとなりうることがあります。

そこで、企業のファンを増やしていくと言うもの効果的な戦略になるかと思います。

さらに、企業のアカウントをフォローしてくれるユーザーが増えれば増えるほど、企業アカウントとしての影響力は強くなります。1つの投稿でたくさんの反応が来るようになったり、拡散性が増したりした場合、従来、多くの人に発信するためにかけていた広告費用を削減することにもつながります。

また、目標値を設定し、それを超えた場合でも、魅力的な投稿をすることで拡散され、また新たな顧客となりうるユーザーがフォローしてくると言う雪だるま式でフォロワーが増えるような良いサイクルができていきます。

最後にSNSマーケティングを行う上で良い点は、ユーザーのリアクションが数字で確認できるという点です。

通常の広告やメルマガなどに関しては、反響の数字が確認できないので、やっていることの方向性があっているのかなどを把握することが難しいですよね。

ただ、SNSの場合、ユーザーのリアクションがそのまま数字に現れるので、状況を分析して、方向性の確認、その方向よりもずれていた場合の修正を簡単に行うことができます。

これらの点に関してSNSマーケティングを行うことがメリットであると言えるでしょう。

SNSマーケティングのデメリット

続いては起こりうるデメリットについてお話しさせていただきます。

先ほどもお伝えした通り、SNSではユーザー同士の距離感が近く、それは企業アカウントと個人ユーザーについても言えることかと思います。

その場合、投稿はもちろん、ユーザーから受けたリアクションへの対応一つを取っても丁寧に行う必要があります。少しでも間違った情報や、個人や特定の人に不快感や不信感を与える内容を発信した場合、その拡散性も合間って即座に広まってしまうことがあります。

そうすると。いわゆる『炎上』してしまうことも少なくありません。

炎上により、企業や商品サービスのイメージはマイナスに陥ってしまうこともあり、信頼の回復にはそれ相応の時間や対応が必要となります。

『炎上』が起こらないように、SNSの運用担当者はネット上のリテラシーをしっかりと把握し、それを実践できるようにしておかなければなりません。

また、誤った情報を流してしまった場合、その修正は非常に難しいものとなります。

これは、企業アカウントではほぼそれに該当するといっても良いでしょう。

通常の個人アカウントよりも企業アカウントの一挙一動は注目されており、その投稿を何らかの形で記録として残している人は少なくありません。

そのため、一度インターネットの世界に発信してしまった内容は、正しい情報を後から出したとしても、もとも誤った情報を得た人によりその情報自体が拡散されてしまい、うやむやになってしまうことがあります。

投稿が気軽にできる方といって、内容も気軽なもので良いと言うことは決してありません。担当者同士やその上の責任者の間で、ダブルチェック・トリプルチェックを行う必要があると言えるでしょう。

最後にあげられるのが、運用の負担についてです。

企業のSNSアカウントでは、最新の正しい、需要のある情報を投稿していくことを基本として運用を進めていくかと思います。

その場合、適切な文章や適切な画像、適切なコンテンツを投稿ごとに選択し、ターゲット層が活発に活動している時間帯に投稿を行う必要があります。

その内容やタイミングは非常に難しく、運用を担当する担当者には大きな負担となるでしょう。

ある程度分散をさせる、もしくは、マーケティングの内容的に委託できる部分は、マーケティング会社を使用することもう良い選択かと思います。

【Twitter(ツイッター)】SNSマーケティングの例

利用者の特徴とターゲット

Twitter(ツイッター)の月間のアクティブなアカウントはおよそ4500万と言われています。

日本人の人口がおよそ1億2600万人という中で、こんなにたくさんの人が利用しているとなると、マーケティングにも力が入りますよね。

また、Twitter(ツイッター)は若年層の利用が多いと思われがちですが、働き盛りの30代以上の利用も多くみられます。

Twitter(ツイッター)の利用目的としては、交流や情報収集などの目的はもちろんありますが、『暇つぶし』に活用する場面が多いようです。

ちょっと時間が空いたら、Twitter(ツイッター)をみて、情報を流し見るなどすることは皆さんもよく行っているのではないでしょうか。

例えば、通勤や通学時間、お昼休みや休憩時間、帰宅時間なんかはTwitter(ツイッター)を見るちょうどいい時間ですよね。

これは、皆さんや皆さんの周りの人だけではなく、ターゲットとなるユーザーについても同じように言えます。

ある調査では、平日について、起床時間帯から通勤時間帯である、午前6時から午前8時ごろまでの間がRT(リツイート)やお気に入り、フォローの数が増えやすい時間帯との結果が出ています。

こちらは、お昼休みや帰宅時間、夕食が終わった後の余暇の時間帯で増えるとの確認もできています。

ツイッターに関しては、10代から30代の利用者が活発に活動しており、そのユーザーたちが活動する時間帯は、おおよそ学校に通っていたり、就業時間に左右されているということがわかるかと思います。

また、企業リリースや、株主に発表するような堅苦しい文章を投稿するような使い方はあまり好まれません。

ある程度崩した上で親しみやすい企業アカウントに親しみを覚え、企業アカウント自体のファンになってくれる例も少なくないようです。

効果的なマーケティング例

アカウント情報:@SHARP_JP

成功例としてよくあげられるのが、シャープ株式会社の企業アカウントです。

シャープの企業アカウントの特徴としては、とにかくユーザーとの距離が近いことがあげられますね。

例えば、ユーザーからの『空気清浄機を買いたいけどどこのやつを選べばいいの?』という質問に対して、アンサーとして、『うちの◯◯もいいけど、他社の◯◯もいいし、〜〜の機能を求めるなら◯◯だけど、機能がたくさんあって迷ういますよね〜』のようなテイストの返答をしてくれることがあります。

企業アカウントから、自分の疑問に思った内容が気軽に返ってくるのは、嬉しいですよね。

そのやりとりの中で、企業ならびに企業アカウントのファンがつき、どうせ買うなら、シャープの製品にしようかな、なんていう選択肢も増えるわけです。

企業アカウントとして、Twitter(ツイッター)の特性に合わせて、投稿やコンテンツ、会話を繰り広げることが非常に注目され、元々は層として薄かった若年層のユーザーに関してもフォローを増やしている要因となっているのではないでしょうか。

また、いい意味でユーザー目線のリプライのファンである人も多く、リプライに『いいね!』や『RT(リツイート)』が集まることも少なくありません。

お堅い企業、しっかりとした企業であると思われていた会社が、ユーモアを交えた対応をすることで、ギャップを生み、多くのユーザーに愛されるというのはツイッターならではの出来事になるのかもしれません。

そこに派生して、企業間のやりとりが漫画化や文章化されることも多く、一部では、企業同士のやりとりのファンもいるようです。

企業としての運用のやり方の事例としては、参考にする価値があると思います。

気をつけるべきポイント

このように、ギャップやユーザーとの距離の近いやりとりはとても反響を呼ぶことがありますが、注意をしなければならない点がいくつかあります。

例えば、ターゲットとしている層が、そのようなきやすいやりとりを好まない場合は、そのような対応をしない方が良いでしょう。

高級料理店や高級ブランドのブランディングを行うのに、ユーザーからの何気ないリプライに友達のように対応するとなると、その返信内容によってはお店やブランドの価値を下げてしまう可能性もあります。

その方法が、自社の現状にあっているかどうかを確認する必要があるでしょう。

ただし、若い世代を取り込みたいなどの場合には、とっつきやすい対応は最適と言えるので、今、自社に何が必要か、どの層を取り込まなければならないかをよく考え、現状のベストな運用方法を実践する必要があります。

続いて気をつけるべきは『炎上』です。

Twitter(ツイッター)は、誰でも気軽に利用でき、誰でも気軽に誰かにアプローチや意見を述べることができます。その中で、企業アカウントの立ち位置は特殊なものなのです。

個人が発信するには問題ないような、『誤字・誤情報』が炎上のきっかけとなってしまう可能性があります。また、企業アカウントに注目している人は多くおり、Twitter(ツイッター)上から消してしまっても記録として残している人も少なくありません。

誤字脱字のチェックと、誤情報に関しては、ダブルチェック、トリプルチェックをしてツイートすることをおすすめします。

また、対応に関してもとても注意が必要です。誰かが傷を負うような発信や、不快に思うような対応をすれば瞬く間に『炎上』の道が開かれます。

運用担当者も一人の人間ではありますが、一人で全てを請け負うことはあまり良いとは言えません。

必ず、複数で確認し、この対応がどのような結果を生むのか、企業アカウントとしての影響力について考え、運用を行っていくことが大切です。

基本的にTwitter(ツイッター)は、拡散はしやすい特性があるので、目に見える炎上が起こりやすい傾向があります。ここに関しては運用の際に必ず注意するべき項目等を決めておくことが大切ですね。

【Instagram(インスタグラム)】SNSマーケティングの例

利用者の特徴とターゲット

Instagram(インスタグラム)の利用者は6割が女性となっており、年代的にも10代から30代の利用が多く、インスタ映えや、グルメ、旅行、美容などの投稿が盛んなことが特徴です。

Twitter(ツイッター)とは少し違い、RT(リツイート)やいいねよりも、『#(ハッシュタグ)』を用いた検索が多く利用されています。

Twitter(ツイッター)では、日常のことを、Instagram(インスタグラム)では少し特別なキラキラした日常を投稿する若い世代は多く、何かと使い分けている印象があります。

その為、Instagram(インスタグラム)では、美容関係のもの(化粧品・エステ・メイク方法・ダイエットジム)や、旅行関係、特別なグルメなどが注目されることが多く、広告などでもそのような企業が力を入れている印象が強くあります。

Instagram(インスタグラム)では、#(ハッシュタグ)や位置情報、アカウントのタグなどを利用し情報が拡散されます。

ここを利用して、Instagram(インスタグラム)でお気に入りや#(ハッシュタグ)を使いやすいような投稿を心がけることで、多くのユーザーの目に留まる投稿となります。

Instagram(インスタグラム)の特徴としては、文章というよりも『写真』がメインです。

ここでいかに商品やサービスを伝えられるかが勝負になっていきます。いかに画質や色彩、文字を載せる場合のフォントや目に留まりやすい投稿を作成できるかを研究しましょう。

また、Instagram(インスタグラム)で広告を行う際には、いわゆる『広告です!!!』といった感じの広告色強めな投稿は嫌がられることが多くあります。

『インスタ映え』するビジュアルを重視し、投稿の内容に興味を持ってもらい、WEBサイトやアカウントに興味を持ってもらうかということを指針とし、運用の計画を立てていきましょう。

さらに、他のSNSに比べて影響力を持つマーケティング戦略として、『インフルエンサーの起用』が非常に効果的になります。

『インフルエンサー』は、芸能人についてもそうと言えますが、インスタグラムやyoutube(ユーチューブ)で活躍しているような方を起用し、商品の使用感やサービスの紹介をしてもらったり、インフルエンサーとコラボをすることで、インフルエンサーのファンに自社に興味を持ってもらうことが可能です。

これまで全く知らなかった企業の商品やサービスを淡々と説明する広告が流れてくるとしたら、おそらく読み飛ばしてしまう人がほとんどかと思いますが、Instagram(インスタグラム)をフォローするまでに興味を持っているインフルエンサーの口コミを書いたり、商品やサービスを紹介したとすれば、一度内容を確認してみようかなというきっかけになることは間違いありません。

その他のSNSよりもこのインフルエンサーマーケティングの影響が大きいのが、Instagram(インスタグラム)です。

若い女性層や、インスタ映えを狙える商品・サービスがある場合はぜひInstagram(インスタグラム)の運用ならびにインフルエンサーマーケティングを試してみても良いかと思います。

効果的なマーケティング例

Instagram(インスタグラム)で有効なマーケティング方法としては、インフルエンサーマーケティングはもちろんなのですが、『キャンペーン』企画が非常に有効だと言えます。

ここは多くの企業の事例があるので、今現在活発なキャンペーンを実際にInstagram(インスタグラム)で確認すると良いでしょう。

キャンペーン方法として、まずはテーマを決めます。

例えば、ホテルや旅館が春に使える宿泊券を抽選でプレゼントとした場合、それに沿ったテーマを設定する必要があります。

また、そのテーマに沿って、より拡散、多くの人の目に留まるような形にしてもらう必要があります。

そうすると条件は絞られます。

  • #(ハッシュタグ)を利用してもらう
  • キャンペーンに参加したことがわかる投稿をしてもらう

ことをやってもらえると、たくさんの人の目に触れることができようになるのではないでしょうか。

そうするとキャンペーン内容は以下の通りになります。

あなたが春を感じた写真に #はるりょこう をつけて投稿した方の中から抽選で◯◯旅館、春の1泊2日宿泊券をプレゼント!

いかがでしょうか。

キャンペーンに応募する人たちは、このタグをつけて渾身のインスタ映え写真を投稿してくれます。インスタ映え写真は、Instagram(インスタグラム)を利用するユーザーにマッチするような内容となっている為、多くの人に興味を持ってもらうきっかけとなります。

写真とタグをつけてもらうことで、このタグの元となるキャンペーンをより多くの人に知ってもらい、最終的にはその旅館を知ってもらうきっかけともなります。

ただ、今回例にあげた #はるりょこう などの場合、多くの人が使用している可能性があるので、あまりお勧めはしません。

できるだけ独自のタグを作るようにしましょう。タグに企業名を入れてもいいかもしれないですね。

例えば、今回の場合、◯◯旅館だとしたら、#◯◯はる旅行 など、独自の特徴を出すことが大切です。そのほかにも、#(ハッシュタグ)と一緒に『@企業アカウントID』を必ず入れて投稿してもらうことを条件とすることも良いでしょう。

ここに関しては、ユーザー側でかかる工数などを考慮しつつ、参加してくれる人を増やすような施策を考えることが大切です。

気をつけるべきポイント

Instagram(インスタグラム)は、Twitter(ツイッター)よりも拡散力がありません。理由としては、RT(リツイート)のような機能はあるにしてもTwitter(ツイッター)のそれよりも手軽ではない点があげられます。

その為、キャンペーンを行う際には、ユーザー側の工数をいかに減らし参加しやすいものにするかが重要となります。

そして、キャンペーンの商品についてですが、自社の商品やサービスを提供するのはOKなのですが、現金や商品券・ギフト券、投資資産などを商品として出すことはNGです。

現金のプレゼント等に関しては、他のSNSでは手っ取り早く反響を得られるものとなるかもしれませんが、Instagram(インスタグラム)の場合は規約違反となるので、注意をしましょう。

また、キャンペーンを行う際には、Instagram(インスタグラム)の規約が細かく定められていますので、必ず確認をしそれに沿った内容で実施するようにしましょう。

【Facebook(フェイスブック)】SNSマーケティングの例

利用者の特徴とターゲット

Facebook(フェイスブック)の利用に関しては、Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)とは利用している年齢層が大幅に変わってきます。

ユーザー数の伸びはほかに比べて伸び悩んでいるものの、30代から50代のいわゆるビジネスを行なっている層、働き盛りの層が主に利用しています。この中でも50代の男性が多く利用している傾向があるようです。

また、Facebook(フェイスブック)は実名登録が必須となっている為、匿名性を求め、気軽にやりとりを交わすというよりはビジネス上で利用する頻度が高くなっているようです。

Facebook(フェイスブック)の関連サービスとして、Messenger(メッセンジャー)がありますが、あの機能で仕事のやりとりを行なっている方も多いのではないでしょうか。

それほどまでにしっかりとした信頼のおけるプラットフォームとして位置づけられているようです。

Facebook(フェイスブック)でマーケティングを行う場合は、より確実な情報の元、ターゲットを絞ることが可能で、年齢層や傾向を設定すれば狙い撃ちで広告やアプローチをかけることが可能となるでしょう。

その為、ラフな投稿というよりも、企業のリリースに近いような情報を発信する場として利用することができるかと思います。

企業のリリースに関しては社のホームページやリリース情報の記事等を確認しないことには、なかなか目に留めてもらえませんが、Facebook(フェイスブック)で投稿し、ターゲット層にアプローチすることにより、目に留まりやすくうまく企業のアピールをすることが可能となります。

効果的なマーケティング例

先ほども紹介した通り、Facebook(フェイスブック)はユーザーが登録してくれる情報について、他のSNSに比べて特段に正確で、年齢や性別はもちろん、居住地やその人が何に興味・関心を持っているかなどを知ることができます。その情報をもとにして精度の高い『狙い撃ち』を行うことが可能です。

例えば、年齢や性別があっていても居住地が沖縄の人に東京のサービスを紹介するような広告を打つのは無意味ですよね。

そのほかのSNSも位置情報や登録情報でターゲティングし、広告を配信してくれる機能はありますが、年齢等に関してはどの年齢を登録しても良いですし、興味関心に関しては把握できないことが多々あります。

その点、Facebook(フェイスブック)はビジネスのコミュニティでも活用することを踏まえて、より正確な情報を登録する人が多い傾向にあるので有用な情報で有用な狙い撃ちができますよね。

そのほかにも、Facebook(フェイスブック)広告に関しては様々なアプローチがあり、それを試しつつ、有用だった広告の方法をデータ化することも可能です。

色々と試していく上で、自社の魅力を伝えるためのカスタマイズを行っていくことがFacebook(フェイスブック)の運用・マーケティングをする上での大切なことと言えるでしょう。

気をつけるべきポイント

Facebook(フェイスブック)では、匿名性が低く、ビジネス面での利用も多いことから、ユーザーは正確かつ企業のカスタマーサービスで実施しているような丁寧な対応を求める傾向があります。

それ故に、他のSNSでのラフでカジュアルな対応方法では、不快な気持ちになったり、企業の価値を下げてしまうような事態に陥る可能性も否定できません。

対応方法に関しては、丁寧で正確な情報を伝えることなどを念頭に置きつつ、SNSの特性であるリアクションの気軽さを活かした活用方法でユーザーにアプローチしていくことをおすすめします。


【LINE(ライン)】SNSマーケティングの例

利用者の特徴とターゲット

今や多くの人がダウンロードし利用しているLINE(ライン)。ビジネスからプライベートまで全てをカバーしていますよね。

利用者の層としては、老若男女問わずといったところで、利用者の数も他のSNSに比べても、最大の利用者数となっています。スマートフォンの普及に合わせて、通話もメッセージもできるLINE(ライン)は多くの人に有用であると判断され使われているようですね。

また、LINEには様々なサービス、機能があります。

例えば、タイムラインではTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)のように文章・画像・動画を投稿することができ、友達や知人同士であればFacebook(フェイスブック)のような実名制も確保ができます。

全てのSNSの機能を満遍なくカバーしたというのがLINE(ライン)と言えますね。

そして、サービスの中では、ショッピングができたり、バイトを探せたり、企業アカウントを追加し通知を受け取れたり、ニュースを見たりなど様々なことを1つのアプリで行うことができます。

普段何気なく使用しているLINE(ライン)ですが、とても便利なことが伺えますね。

それ故に多くの人がダウンロードし利用しているのでしょう。LINE(ライン)は幅広い年代にアプローチできることが良い点かと思います。

効果的なマーケティング例

LINE(ライン)で企業に絶対に活用してほしいもの、それは『公式アカウント』です。

公式アカウントは、ユーザーが興味を持った企業のアカウントを自発的にLINE(ライン)の友達に追加し、情報を受け取るようにしてくれる機能となります。

すでに興味を持ってもらっている状況なので、元からの消費者や利用者が多い傾向があるので、情報を流すことで直接的な売り上げの増加が期待できます。

その他のSNSでは、フォローをしてもらい、タイムライン上に表示される投稿を確認してもらうような仕様でしたが、このデメリットとして、SNSを利用していない時間帯の投稿がその他の投稿に埋もれてしまい、情報を見てもらえない可能性があげられるのですが、LINE(ライン)ではその心配はありません。

なぜなら、友達として追加してもらえると、専用のトークルームが作成されます。企業側から情報を発信すると、その部屋に情報が更新され、通知がユーザーの携帯電話に表示されます。

その為、埋もれる心配がありません。

また、LINE(ライン)に関してはユーザーとの距離は近いものとなりますが、自動返信BOTを入れることが可能なので、よくある質問や、簡単な受け答えを登録しておけば、ユーザーとのコミュニケーションに関しても自動的にとってもらうことも可能です。

質問事項が重要なもので、問い合わせ窓口で対応を希望する場合の方法についてもBOTに入れ込むことが可能なので、ラフな対応からしっかりとした対応窓口へ促すサポートを行うことも難しくありません。

気をつけるべきポイント

LINE(ライン)の公式アカウントを利用する際に気をつけるポイントは、情報発信の頻度です。

時間を空けずに通知を送ってしまうと、常日頃LINE(ライン)を使用しているユーザーにとって、邪魔だと感じてしまう可能性があり、その際は通知のオフやブロックをされてうまく情報発信を行うことができなくなる可能性があります。

ユーザーに煩わしさを感じさせない頻度と、ニーズに応じた自動返信BOTの充実がLINE(ライン)のマーケティングを攻略する鍵になるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はSNSマーケティングのメリットやデメリット、ソーシャルメディア別のマーケティング方法などについてまとめさせていただきました。

さまざまなSNSで、それぞれ異なる特徴がありますが、成果を上げるためには現在自社で行なっているサービスや商品、自社の雰囲気にあったSNSを選び、分析ツールなどを駆使し、運用をを始めることをおすすめします。

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

みなさんがより良いSNSマーケティングを実施できるよう願っております。

リード獲得やSNS運用・分析で お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら