ブログ

catch-img

SNSマーケティングで副業ができる?運用代行サービスの仕事をフリーランスで行う方法

最近では、多くの会社や企業でビジネスとして活用されているSNSマーケティング。
その名の通りtwitterやInstagramなどのSNSを活用して行うマーケティング方法として知られていますが、SNSマーケティングを使えばさまざまな副業が行えます。
需要がどんどん増えているSNSマーケティングだからこそ、今が仕事を獲得できるチャンスです。
多くの知識を身に着けておけば、多方面からの仕事を獲得することもできるでしょう。
とはいえ、SNSマーケティングを使った副業のイメージが沸かない方も多いはず。
そこで今回は、副業で稼ぐための方法や押さえておきたいポイントなどを紹介します。
実際の業務内容や種類、メリットやデメリットも紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

SNSマーケティングで副業ができる理由とは

SNSマーケティングを使った副業の詳しい内容の前に、まずはなぜSNSを使った宣伝広告が流行しているのかを紹介します。
これを見れば、SNSマーケティングで副業や仕事の受注が可能な理由も見えてくるでしょう。

SNSのアクティブユーザーの多さ

1つ目に挙げられるのは、SNSにおけるアクティブユーザーの多さです。
アクティブには活動的や積極的などと言った意味があり、アクティブユーザーとは頻繁にSNSを利用している方を指します。
さまざまなSNSやメディアが普及していく中で、単純な利用者数だけでなくアクティブユーザーが増えているのは、SNSを使って情報収集や買い物をしている証拠です。
アクティブユーザー数は年々増加しているので、2021年現在以降はさらにSNSマーケティングの需要が高まると考えられるでしょう。

企業や会社のSNS利用増加

アクティブユーザーの増加に伴い、SNSを活用する企業や会社も増えてきました。
InstagramやTwitterを開けば、名の知れた会社やブランドのアカウントを目にするでしょう。
ファッションブランドや大手コンビニ、小さな小売店まで幅広い会社や企業がSNSを活用しているのが分かります。
詳しい事業内容を発信して親近感を高める企業もあれば、自社商品の宣伝以外の情報を流している大手株式会社もあります。
現在では多くのユーザーが情報を求めてSNSを活用しているため、その中でマーケティングを行うのは非常に効果的です。
新しいファッションや最新のスイーツ、可愛い小物の写真を見て実際に購入へと進む方も多いでしょう。
特にInstagramではオシャレな写真が好まれる傾向が強いため、見た目の良い商品の販売促進やサポートなどに役立ちます。

インフルエンサーの需要が上昇

SNSで多くのフォロワーを持ち、活躍している方を「インフルエンサー」と呼びます。
インフルエンサーは各SNSにたくさん存在しますが、企業や会社などからは非常に重宝されます。
例えばダイエット器具を売り込みたい会社がSNSマーケティングを行う場合、ダイエットに関連するアカウントを持つインフルエンサーにPRを依頼するのが基本です。
依頼を受けたインフルエンサーは商品を実際に使ってSNS上でレビューし、フォロワーの購入意欲を駆り立てます。
依頼をした企業や会社はインフルエンサーに対し、専用ページなどから購入した人数やPRの度合いなどによって報酬を払うシステムです。
インフルエンサーとして活躍できるようになるまでの道のりは長いものの、SNSマーケティングにおいては非常に需要が高い存在だと言えます。
このことから、SNSマーケティングを使った副業はマーケティングを行う側だけでなく、依頼を受ける側にも仕事があると分かります。

SNS知識が豊富な人材が少ない

SNSは若者が使うイメージがありますが、サイトやアプリによっては中高年も多く利用しています。
SNSマーケティングを行う場合、SNSに対する豊富な知識を持っている人材は非常に重宝されるでしょう。
知識が豊富というのは、ただ単にサイトやアプリが使えるだけではありません。
例えば分析能力に優れた方や、投稿が注目されやすくなるコツを知っている方を指します。
SNSの利用者は非常に多いものの、実際に豊富な知識を持ち合わせている方は少ないでしょう。
Instagramであれば効果的な画像の作り方、YouTubeであれば見やすい動画作りの方法まで知っていると需要が一気に高まります。
SNSについての専門的な知識を身につけておくと、副業の仕事の幅も広がるでしょう。

SNSマーケティングで副業をする方法

SNSマーケティングの需要が高まり、副業として稼げる幅も広がってきたと分かりました。
次は、実際にSNSマーケティングを使って稼ぐための方法を紹介します。
SNSマーケティング副業と言ってもいろいろな種類があるので、自分のスキルなどに合わせて選んでみるのが良いでしょう。

運用代行サービスの仕事を行う

1つ目の仕事は、企業や会社が運営しているSNSアカウントの運用代行です。
商品紹介や宣伝のための投稿を行うのはもちろん、コメントやDMの対応まで任される場合もあります。
運用代行サービスの仕事はWebの求人サイトを見ても非常に掲載数が多く、SNSマーケティングの需要の高さが良く分かるでしょう。
企業や会社のアカウントを運営する方、つまりコメントなどに返信をしてくれる担当者は通称「中の人」などとも呼ばれます。
ユーザーは投稿をチェックして情報を得るだけでなく、中の人とのコミュニケーションを大事にする方も多いです。
そのため、このような仕事の場合はコミュニケーション能力も強く求められます。
インパクトのある投稿を作るのはもちろん、消費者との丁寧なやり取りも仕事の一環です。
もちろん、投稿作業のみの仕事やDM返信のみなど簡単な運用代行サービスもあります。
初めて副業を行うのであれば、まずは仕事内容の少ないものから受注してみても良いでしょう。
最初から全ての業務をこなそうとすると、失敗する可能性が高いので注意が必要です。

インフルエンサーになる

2つ目の仕事は、インフルエンサーとしてのPR活動です。
こちらの仕事は特別なスキルはいらないものの、まずは多くのフォロワーを集める必要があります。
ある程度知名度のあるアカウントでなければ、PRの依頼は来ないでしょう。
依頼する側からすれば、やはり少しでも影響力の強いインフルエンサーに依頼したいもの。
そのため、インフルエンサーとして実際に活躍できる方はかなり少ないです。
インフルエンサーとして活躍したいのであれば、何か1つのジャンルに特化したアカウントを作ると良いでしょう。
幅広い仕事を取得したいからと言っていろいろな投稿をしてしまうと、情報がブレてフォロワーが付きにくくなります。
最近では筋トレやダイエット、料理などと言った趣味をメインにしたアカウントが増えています。
また、無印良品やコストコなどの人気店をピックアップして紹介するアカウントも多いです。
お店を限定したアカウントはフォロワーがなかなかつきにくいものの、お店から直接PR依頼が来る可能性もあります。
本当に好きなお店やブランドがあるなら、特化したアカウントを作るのもおすすめです。

アフィリエイトでの収入を獲得する

SNSアカウントを作ってフォロワーを増やせば、インフルエンサーとしてだけでなくアフィリエイトの収入も得られるようになります。
アフィリエイトはSNSアカウントのページから自分のブログなどに誘導し、おすすめ商品を購入して貰ったり広告を見て貰ったりすると収入が得られるシステムです。
アフィリエイトに特化したブログ作成ツールなどもあるので、あわせて活用してみると良いでしょう。
SNSとブログを紐づけするのであれば、できるだけジャンルは絞っておくのがおすすめです。
SNSでは食に関する投稿、ブログではファッション関係など内容がブレてしまうと、統一感が無くなってしまいます。
上手くブログへと誘導するためにも、統一感のある話題で投稿するように心掛けましょう。

自分のオリジナル商品やサービスを売る

SNSマーケティングの運用代行は副業として人気がありますが、実は自分のアカウントを使ってマーケティングを行う方法もあります。
自分で作ったハンドメイドのアクセサリーや衣類、アイコンや絵の作成などをSNS上で受注している方を見かけたことはないでしょうか。
もし、自分に何かスキルや才能があれば、それをSNS上で売り込んでみるのもおすすめです。
趣味で描いている絵や漫画を投稿すれば、思わぬところで仕事に繋がるかもしれません。
また、自分のアカウントをマーケティングしているうちにフォロワーが増え、インフルエンサーとして活躍できる可能性もあります。
プライベートとして使っているアカウントをそのまま使用するのも良いですが、やはり仕事に繋げたいのであれば新しくアカウントを作るのがおすすめです。
仕事用と割り切ってアカウントを開設した方が管理もしやすく、プライベートとの区別もしやすくなるでしょう。

SNSを使った副業のメリット・デメリット

SNSマーケティングを上手く活用した副業には、メリットもあればデメリットもあります。ここでは、メリットとデメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット①スマホ1つで働ける

1つ目のメリットは、スマホ1つで副業ができることです。
副業と言えばPCやスマホを使って行う方が多いイメージですが、SNSマーケティングを使った副業であればスマホのみでも働けます。
PCを持っていなくて副業を諦めた方や、購入資金のない方でもスマホならほとんどの方がすでに持っているでしょう。
スマホで完結する仕事なので場所を選ばず、どこででも仕事ができるのも大きなメリットです。
カフェやワークスペースなどを活用し、リラックスした状態で副業を行う方もいます。
副業は初期費用のかかるものもありますが、SNSマーケティングを利用すれば費用をかけずにスタートさせられるでしょう。

メリット②空き時間を有効活用

2つ目のメリットは、空き時間を有効活用できることです。
副業としてSNSマーケティングを行うのであれば、他に本業を抱えているはず。
副業は本業の合間で行うのが基本ですが、スマホを使った副業であれば休憩時間などの短い空き時間も活用できます。
仕事が終わって自宅に帰ったあとだけでなく、通勤中の電車の中やお昼休憩の余り時間などを活用できるのがメリットです。
DMやコメント対応の仕事であれば、数分の時間も無駄にせず活用できるでしょう。
空き時間を上手く活用できれば、副業をしていてもプライベートな時間をしっかり確保できます。
副業をしていると忙しくて休めないイメージもある方は、ぜひSNSマーケティングを活かした副業にチャレンジしてみましょう。

メリット③在宅ワークができる

3つ目のメリットは、在宅で仕事を完結されられることです。
最近ではリモートワークも普及し、Zoomなどのテレビ電話ができるツールも増えてきています。
そのため、打ち合わせやミーティングがある際も在宅のままで行える可能性が高いです。
出社したり直接人と会うことがあまりないため、より有効に時間を活用できます。
在宅ワークであれば自分の好きな環境で仕事もでき、ストレスも少なく済むでしょう。
無駄な通勤時間などもなく、1日の時間を有意義に使えます。
副業だけでなく、本業としてSNSマーケティングを取り入れる場合でも時間の使い方を調整しやすいです。

メリット④コミュニケーション能力の向上

4つ目のメリットは、コミュニケーション能力の向上です。
SNSはもともと人と人とのコミュニケーションを楽しむためのツールなので、副業として使う場合でもさまざまな人との会話ややり取りを楽しめます。
運用代行サービスの仕事であれば、消費者やユーザーとのコミュニケーションを楽しめるでしょう。
また、インフルエンサーとして活躍するのであれば、自分のアカウントをフォローしている人たちとコミュニケーションが取れます。
アフィリエイトや自分の作品を宣伝して収入を得る場合でも、似た趣味や仕事をしている方との情報交換ができます。
丁寧なコミュニケーションを心掛けていれば、新しい仕事に繋がる可能性もあるでしょう。
人と会話をするのが好きな方や、文字でのやり取りが得意な方はSNSを使った副業に向いていると言えます。

メリット⑤仕事が豊富

5つ目のメリットは、仕事が豊富にあって受注しやすいことです。
副業を始めようと思って勉強をしても、そのジャンルの仕事が無ければ意味がありません。
SNSマーケティングの仕事であれば、常にたくさんの依頼や仕事があるのでスキルがあれば仕事に困ることはあまりないでしょう。
求人サイトなどで「SNS 運用代行」などと調べてみると分かりますが、さまざまな企業が求人を出しています。
求人の内容や求めるスキルは仕事によって異なるので、自分がこなせると思うものを選んでみてください。

デメリット①常に情報を更新する必要がある

SNSマーケティングの副業にはたくさんのメリットがありますが、実はデメリットもあります。
SNSなどのネット社会では常に情報が更新されているため、新しい情報を随時勉強する必要があります。
運用代行であればトレンド情報を入れなければならない場合もあり、常に最新の情報を把握しなければなりません。
また、各SNSにおいては仕様の変更やアップデートが頻繁に行われています。
それらの情報についていくためにも、日々勉強が必要になる可能性が高いです。

デメリット②事務系など細かい仕事が多い

仕事の内容などによっても多少異なりますが、運用代行サービスに関する副業であれば地味な仕事が多いです。
長時間スマホやPCに向かって作業をすることが増えるので、慣れていない方であれば苦痛に感じるかもしれません。
また、DMやコメントの返信など事務的な作業も多いです。
コツコツと同じような仕事を続けるのが好きな方であれば問題ありませんが、苦手な方であれば途中で飽きてしまう場合もあるでしょう。
インフルエンサーとして活動する場合は決まった仕事量を獲得するのは難しいですが、自分の好きなジャンルやお店に絞ったPRが行えるので飽きてしまう心配は少ないです。

デメリット③仕事獲得まで時間がかかる

特にインフルエンサーとして活躍したい場合は、仕事を獲得できるようになるまでかなり時間がかかります。
まずはフォロワー数をグッと増やす必要があり、いくつもの投稿を作りながら周りとのコミュニケーションを取らなければなりません。
ただ投稿をしているだけではフォロワーは増えにくいので、見た目や内容に凝ったものを作る必要があるでしょう。
インフルエンサーとして活動したいのであれば、最低でも1000人以上のフォロワーを集める必要があります。
フォロワーを集めるまでには長い時間がかかるので、副業としてアカウントを使うのであれば早めに開設しておくのがおすすめです。
開設した後は継続した投稿を行ってください。
長期間投稿のないアカウントはフォロワーが離れていきやすいので注意が必要です。
できるだけ頻繁に更新を行い、少しずつフォロワーの獲得を目指しましょう。

デメリット④プライベートと混同しやすい

SNSマーケティングを活用した副業では、実際にアカウントを運用することがほとんどです。
プライベートでSNSのアカウントを所有している場合、公私混同しないように注意しましょう。
特にインフルエンサー用のアカウントを所有している方は、投稿する前にアカウントの切り替えができているか必ず確認してください。
アカウントの切り替えを忘れたまま投稿してしまうと、思わぬトラブルにつながる可能性もあります。
仕事用・趣味用・プライベート用などとしっかり分けて管理すれば、混乱する心配も少なくなるでしょう。
アカウント名を分かりやすいものにしたり、アイコンに差を付けるなどして差別化しておくと安心です。
特にInstagramなど複数個のアカウントをボタン1つで切り替えられるSNSは、間違えて他のアカウントで投稿してしまいがちなので注意しましょう。
SNSマーケティングを使った副業にはさまざまなデメリットがありますが、以上で紹介したような対処法を覚えておけば大きく困ることはありません。
デメリットとも上手く付き合いながら、副業をしてみてください。

SNSマーケティングで副業を成功させるコツ

SNSマーケティングを活用した副業は簡単に仕事ができそうなイメージがありますが、適当な仕事をしていては収入は増えません。
ここでは副業として仕事を成立させるコツや、収入を増やすためのポイントなどを詳しく紹介します。
コツやポイントを知っておけば、スキルアップもしやすくなるのでぜひ参考にしてみてください。

情報をしっかり集める

SNSは基本的に情報社会なので、とにかく新しい情報を常に仕入れることが重要です。
例えば、インフルエンサーとして活躍するために無印良品の商品紹介に特化したアカウントを作るとします。
この場合は、常に無印良品の最新情報を取り入れた投稿をする必要があります。
新しく発売された商品をいち早く紹介するのはもちろん、季節に合ったアイテムや人気ランキング上位の商品を紹介するのがおすすめです。
商品1つの写真を撮るのにも気を使い、背景や光の具合にもこだわると映える写真になります。
自分が使っているSNSを常にチェックし、どんな情報や写真がトレンドになっているのか注目してみると良いでしょう。
運用代行の場合でも、依頼されている企業や会社以外の情報にも目を向ける必要があります。
同じ業界のトレンドや最新情報、日々流れていくニュースなどにも仕事を増やすチャンスがあるかもしれません。
普段から何気なく見ているテレビやネットの情報も、仕事に活かせる部分がないかチェックしてみてください。
SNSで副業をするのであれば、情報収集は常に行う必要があります。

海外のアカウントに目を向けてみる

SNSは日本だけでなく海外でも多く使用されています。
どうしても国内の投稿やアカウントに目が行ってしまいがちですが、海外の方の人気アカウントなどを見てみると新しい発見があるでしょう。
日本とは違う感性や投稿の仕方、トレンドなども知れるのでおすすめです。
英語が分からない場合でも、Instagramなどであれば写真を見るだけでも十分参考になります。
投稿の内容を詳しく知りたいときは、翻訳ツールなどを使うと便利です。
英語が分からなくても、海外のアカウントはぜひチェックしてみてください。

人気アカウントや公式アカウントをチェック

海外のアカウントだけでなく、国内の人気アカウントや公式アカウントを見るのもおすすめです。
人気のあるアカウントの投稿を見れば、どんな風に運用すればフォロワーが増えるのかが見えてくるでしょう。
また、運用代行として副業をしたいのであれば、有名ブランドや大手企業などの公式アカウントを見てみてください。
通称「中の人」がフォロワーに対してどんな対応をしているのか、どんな投稿をして注目を集めているのかを分析してみましょう。
インフルエンサーなどとして活躍している方の多くは、投稿一覧の画面を見ると統一感があるのが分かります。
バラバラな内容の投稿では見にくいので、それらのアカウントを参考にしてみると良いでしょう。
内容だけでなく背景色や文字のフォント、雰囲気にまでこだわると統一感が生まれやすくなります。

フォロワー数を増やす

インフルエンサーとして活動するのであれば、フォロワー数を増やすのは必須条件です。
フォロワーの数により、インフルエンサーには以下のような呼び方があります。

・1000人以下…ライトインフルエンサー
・1000人~1万人以下…ナノインフルエンサー
・1万人~10万人以下…マイクロインフルエンサー
・10万人~100万人以下…ミドルインフルエンサー
・100万人以上…トップインフルエンサー

ライトインフルエンサーはほとんどの方が一般人で、影響力はかなり少ないと考えられます。
そのため、企業からPR依頼が来ることもあまりありません。
ナノインフルエンサーの中でもジャンルに特化したアカウントであれば、仕事の依頼は入ってきやすいでしょう。
1000人程度のフォロワーがいても、投稿している内容にバラつきがあると仕事は獲得しにくいです。
1万人を超えてくると、名の知れた企業や会社から声がかかることもあるでしょう。
ただし、ここまでフォロワーを集めるのはなかなか難しいです。
10万人を超えるフォロワーがいる方のほとんどは有名人なので、まずは1000人~1万人のフォロワーを目指してみると良いでしょう。
PRの仕事を受注できるようになると、フォロワーもより一層増えやすくなります。
まずは1000人を目指してコツコツ活動し、PRの仕事が獲得できるようになったら活動の幅を広げてみてください。

複数のアカウントを併用する

インフルエンサーやアフィリエイト収入を目指すのであれば、複数のアカウントを併用するのもおすすめです。
同じSNS内で複数のアカウントを持っている方は多く、趣味用とプライベート用などで分けている方もよく見かけます。
例えばInstagramであれば、1つのログイン情報を使ってアカウントを5つまで開設できます。
InstagramやTwitterにはビジネスアカウントなどと呼ばれるものがあり、分析が詳しく見られるのが特徴です。
ビジネスアカウントは、マーケティングに最適なのであわせてチェックしてみてください。
また、複数のSNSを上手く使い分けても良いでしょう。
SNSは種類ごとに特徴や特性が異なるため、目的に合ったものを選ぶ必要があります。
以下に、メジャーなSNSの特徴を簡単に記載するので、参考にしながら選んでみてください。

・Instagram…写真投稿がメイン。映える写真やオシャレな写真が多く、若い世代に人気のSNS。インフルエンサーも多く活躍する傾向にある。
・Twitter…文字のみの投稿が多い印象。30代以降の利用者が比較的多く、短文でのつぶやきなどがほとんど。
・Facebook…Twitterよりさらに上の年齢層の利用者が多い。実名登録が基本なので、プライベート用として使用する方が多い印象。
・YouTube…動画投稿専用SNS。最近では短いショート動画の需要が高い。インフルエンサーの活躍の場が多い印象。

このように、各SNSを簡単に比較するだけでも違いが分かるでしょう。
利用している世代や投稿の仕方などにも違いがあるため、仕事を獲得したいジャンルなどに合わせたものを使用する必要があります。

企画力を身につける

SNSアカウントの運用代行をする場合は、企画力を身に着けておくとよりクオリティの高い仕事ができるようになります。
自分で立案ができるようになると、任せて貰える仕事もどんどん増えていくでしょう。
最初から自分で作った企画を提案するのではなく、まずは指示通りに動きながら企業や会社の運用形態や特徴を探ってみてください。
どんな投稿が好まれているのか、フォロワーの年齢層などを把握しながら運営していくと感覚が掴みやすいです。
ある程度感覚が掴めてきたら、どんな企画だったらフォロワーが喜ぶのか考えてみてください。
企画力を身に着けるのはなかなか難しいですが、担当者からの信頼を得られれば企画から運営まで一通り任せて貰える場合もあるかもしれません。
運営代行サービスの副業で企画力を身につけておけば、自分のアカウントを成長させたいときにも役立ちます。

とにかく経験を積む

SNSマーケティングに関する知識や技術は、勉強をするだけではなかなか身に付きません。
最初は、とにかくいろいろな仕事を受けて経験を積むことも重要なポイントです。
マーケティング関係の仕事は初心者から応募できるものは少ないですが、初心者歓迎の案件やサポート体制の整った会社などで実績を積むとスキルや知識が身に付きやすくなります。
未経験で業界に飛び込むのは勇気がいりますが、最初はみんなが初心者です。
向上心を持って挑戦し、誠意をもって対応すれば失敗も取り替えすことができます。
いきなり企業の案件に応募するのが怖い場合は、まず自分のアカウントを開設して運営してみても良いでしょう。
実際にアカウントを運用し、ユーザーとコミュニケーションを取ったり投稿をしたりすればSNSマーケティングの感覚も自然に身についていきます。
怖がっていては何も始まらないので、とにかく実践的なものに取り組んで経験を積んでみてください。

環境を整える

副業をし始めたばかりであればスマホ1つでも十分ですが、さらに上を目指したいのであれば画像編集などの環境を整えると良いでしょう。
スペックの良いPCを用意したり、編集ソフトを使えるようになると投稿の質がグッとアップします。
初期費用はかかるものの、作業スピードやクオリティが上がれば収入のアップにも繋げられるでしょう。
また、さらにこだわるのであれば良いカメラや機材を揃えてみるのもおすすめです。
一気に揃えると初期費用がかかってしまうので、仕事の内容や量に合わせて少しずつ揃えていくと良いでしょう。
ただし、機材を揃えるのはあくまでも必要性を感じてからです。
副業を始めてすぐに揃える必要はないので、収入が得られるレベルになってから考えても良いでしょう。

最大限に楽しむ

SNSを使って副業をする最大のコツは、全力で楽しむことです。
もちろん、仕事として使うのでプライベートと混同するのはNGですが、ユーザーとのコミュニケーションや投稿作りを最大限に楽しみましょう。
楽しみながらやらないと、なかなか長くは続きません。
SNSマーケティングは基本的に長期戦になるので、楽しみを見つけながら運用した方がストレスなく済みます。
自分のアカウントを大きく成長させたいのであれば、同じ趣味を持つ仲間同士での会話や情報交換を積極的に行ってみてください。
同じ趣味を持つ方であれば、業界のトレンド情報や最先端の情報を知っている可能性もあります。
ネット社会では情報網も非常に重要なので、常にアンテナを張り巡らせておきましょう。

フリーランスで仕事を獲得する方法

SNSマーケティングを使った仕事は、副業にするのはもちろん本業にもなり得ます。
実際にフリーランスで活躍している方も多く、SNSの需要の高さが伺えます。
ここでまでSNSマーケティングで副業を成立させる方法を詳しく紹介してきましたが、最後に実際に仕事が獲得できるサービスを紹介します。
どのサービスも無料で登録できるので、気軽にチャレンジしてみてください。

仕事量が豊富な「クラウドソーシング」

クラウドソーシングはフリーランスの方がよく使用しているサイトで、有名なものには「クラウドワークス」があります。
報酬支払時には手数料が引かれるものの、基本的には無料で使えておすすめです。
サイトを開くとたくさんの仕事の依頼があるのが分かり、仕事量の多さが良く分かるでしょう。
検索窓で「SNS」などと検索すると、運用代行の仕事もたくさん出てきます。
クラウドワークスは使い勝手も良く、仕事も豊富で初心者から使えるサイトです。
初心者から上級者まで活用できるので、序盤で登録しておいて損はないでしょう。
ただし、案件によっては報酬や給料形態が分かりにくい場合があります。
また、依頼を受けるクライアントはしっかり選ぶ必要があり、中には悪質なものや給料未払いのまま終わるケースもあるので注意してください。
ただし、先にクライアントがサイトに報酬分の金額を支払うシステムがあるので、未払いになるケースはあまりないでしょう。

給料が分かりやすい「求人サイト」

クラウドソーシングは給料形態やクライアントの運営元が分かりにくい場合もあり、不安な方もいるでしょう。
そんなときは、有名な求人サイトを活用するのがおすすめです。
有名な求人サイトに掲載されている求人はある程度の信頼度があるだけでなく、仕事の内容や給料形態などが分かりやすいのもメリットでしょう。
また、企業情報が詳しく記載されている求人がほとんどなので、安心して契約できます。
基本的には直接契約となるため、クラウドソーシングのような手数料が発生することもないでしょう。
中には副業を応援してくれる支援サイトなどもあります。
求人サイトにもいろいろなものがあるので、マーケティングやIT系に特化したものを選んでみても良いでしょう。

能力を売り込む「スキルシェアサービス」

スキルシェアサービスはスキルを売り込む方と、求めている方を繋ぐサービスです。
自分でできることを書き込んでおけば、そのスキルを欲しがっている方から依頼が来るシステムです。
例えば「SNS運用代行可能」や「インフルエンサーとしてPR可能」などと書くと、それを見た企業や会社からの依頼が来る可能性があります。
有名なサイトには「ランサーズ」があり、自分の能力やスキルを書き込んで依頼を待つシステムです。
最近ではスキルシェアサービスが増えてきているので、検索するとたくさん出てきます。
種類があって選びにくいと感じる場合は、利用者数の多いサイトを選んでみてください。
利用者数が多いとライバルは多いものの、仕事を依頼してくれる方も比較的多いので初心者でも受注しやすいです。
安い費用で初心者に頼みたいと思う依頼者も多くいるので、スキルシェアサービスはどれか1つでも良いので登録しておくことをおすすめします。
このように、SNSマーケティングを活用した仕事を受注する方法はたくさんあります。
求人サイトにはさまざまな形態やタイプがあるので、自分の好みのあったものを選びながら仕事を受注してみてください。

リード獲得やSNS運用・分析で お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら