ブログ

catch-img

SNSマーケティングの分析はどうやる?おすすめツールやチェックポイントを徹底解説

SNSマーケティングにおいて非常に重要となるのが分析です。
多くのフォロワーを獲得してマーケティングを成功させるためには、SNSを引用した際の分析などを行う必要があります。
とはいえ、詳しい分析方法や便利なツールを知らない方も多いでしょう。
そこで今回は、SNSマーケティングの分析で使える各SNSの便利ツールや、その他のおすすめツールを紹介します。
分析する際に必ずチェックしたいポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSマーケティングの分析はなぜ必要?

SNS運用の分析方法を見る前に、まずはなぜ分析が必要なのか解説します。

消費者やユーザーの声を可視化

投稿に対して消費者やユーザーがどんな反応をしているのか分析すれば、情報を可視化できます。
目で見て分かる情報の方が結果や改善点が分かりやすいため、コメントやアクション率などを分析するのは非常に重要です。
コメントの数だけでなく内容をチェックすれば、自社でアピールしている商品への反応や感想も分かりやすいでしょう。

今後の運用戦略の参考にするため

分析で得た情報は、今後の戦略作りに非常に役立ちます。
不足していた部分を足したり、改善した方が良い点を把握したりするだけでSNSマーケティングは成功へと近づくでしょう。
SNSを使ったマーケティングは最初から大成功するわけではないので、分析を繰り返しながら少しずつ成功へと導く必要があります。
特に運用を始めたばかりの場合には、できるだけ細かく分析をする必要があるでしょう。

競合サイトや商品との比較

ハッシュタグ検索などを活用して分析をすれば、競合会社のサイトや商品との比較も可能です。いいねなどの各記事へのアクション数はもちろん、投稿へのコメント数や反応の内容もしっかり比較してみてください。競合商品などと比較をすると、足りない部分や自社商品の売り出しポイントが見つけやすくなります。

SNSマーケティングにおける分析方法とは

SNSマーケティングにおける分析と言っても、どんな種類があるのかよく分からない方も多いでしょう。
ここでは、SNS分析でよく使われる方法を詳しく紹介します。

アカウント運用分析

アカウント運用分析はその名の通り、運用しているアカウントを分析する方法を指します。
各SNSには分析ツールが備わっていることが多く、ツールを使えば投稿へのアクセス数やアクション数などと言った分析結果が簡単に見られます。
1つ1つ投稿をチェックしていくのはかなり大変ですが、各コンテンツを使えば自動で集計してくれるので便利です。
アカウント運用分析では、SNSからWebサイトリンクへのアクセス数や商品ページへの移動数などもチェックできる場合があります。
どんな投稿が反応が良く、どんな投稿が反応が悪いのかを分析すればより良い運用が行えるでしょう。

口コミ分析(ソーシャルリスニング)

口コミ分析はソーシャルリスニングとも呼ばれる方法で、ユーザーや消費者のリアルな声を分析することを指します。
実際に売り込みたい商品を紹介している投稿へのコメントチェックはもちろん、関連したハッシュタグの検索などを利用して消費者の口コミを探すのもおすすめです。
企業や会社公式のアカウントへのコメントよりも、それぞれのユーザーが自分のアカウントで投稿している口コミの方がよりリアルな声を収集できるでしょう。
自分の手でハッシュタグ検索などを行うことを「エゴサーチ」と言いますが、エゴサーチは非常に時間がかかるのが難点です。
広範囲の情報を素早く集めたいのであれば、ソーシャルリスニングツールなどを活用すると良いでしょう。

SNS分析を行うメリット

SNSマーケティングの中で分析をしっかり行うと、さまざまなメリットが得られます。
ここでは、分析を行うメリットを詳しく紹介します。

潜在している顧客の声を拾える

これまでの口コミ分析などでは、すでに商品を購入したりサービスを利用したりした顧客のみの情報しか得られませんでした。
しかし、現在のようなSNSマーケティングにおける分析であれば、これから利用してくれる可能性のある潜在顧客の声を拾うことができます。
潜在顧客の声を商品開発やサービスの改善に非常に役立たせれば、潜在顧客が顧客へと変化してくれる可能性が高いです。
購入や利用に至るには何かが足りないと感じている潜在顧客も多いので、これらの声が聴けるのは非常に貴重だと言えるでしょう。

分かりやすい形で運用結果が見える

SNS分析ではフォロワー数やアクション数など分かりやすい形で、これまでの活動結果が分かります。
少し前と比べて投稿へのアクセス数やフォロワー数、実際の売り上げなどが伸びていれば結果が出ている証拠です。
逆に売り上げやフォロワー数が減少している場合は、運用方法を見直す良い機会になります。
結果を数値で見ることができれば、やる気のアップにも繋がるでしょう。

運用の方向性を修正可能

こまめに分析をしておけば、その都度運用の方法や方向性を修正できます。
例えば分析結果があまり良くなければ投稿の内容や時間を見直し、結果が良ければ反応の良い投稿を分析すればよりよい運用が行えるでしょう。
最初から良い結果を生み出すのはなかなか難しいですが、少しずつ修正をしながら運用すれば成功へと近付けます。

Instagramなら「インサイト」が便利

画像の投稿がメインとなるInstagramにおいては、インサイトを活用するのが便利です。
個人アカウントでは使えないので、まずはプロアカウントに切り替える必要があります。
以下では切り替えの方法とともに、インサイトで得られる情報についてまとめました。

プロアカウントへの切り替え方法

まずは切り替えたいアカウントにログインし、ホーム画面を開きます。
画面右上の三本線マークをタップして、メニューを開き、「設定」「アカウント」と進んでください。
下にスクロールしていくと「プロアカウントに切り替える」というボタンが出てきます。
タップしたら指示通りに情報を入力していけば、ビジネスアカウントへの切り替えは完了です。
プロアカウントにはビジネスアカウントとクリエイターアカウントがあるので、自分が該当する方を選んでみてください。

インサイトはどこで見られる?

プロアカウントに切り替えたあと、ホームボタン右上の三本線マークをタップしてメニューを開きます。
その中に「インサイト」があるのでタップして開いてみてください。
インサイトを開くと、さまざまな分析情報が一覧でチェックできます。

Instagramのインサイトで得られる情報とは

Instagramのインサイトでは、以下のような情報が閲覧できます。

・インプレッション数…投稿が各ユーザーに表示された回数の合計
・リーチ数…投稿を実際に見たアカウントの数
・エンゲージメント数…いいねやコメントなど、投稿へのアクション数
・プロフィールビュー…プロフィールが閲覧された回数の合計
・フォロワー…投稿を見てくれたユーザーの性別・年齢・位置情報・アクセスした時間帯の分析
・保存…投稿を保存してくれたユーザーの数や投稿内にある広告URLのクリック数、プロフィールページにあるWebサイトリンクへのアクセス数
・メールアドレスのクリック数…プロフィールページにある「メール送信」のクリック数

このように、SNSの分析ツールはさまざまな情報が一覧でチェックできるので非常に便利です。
ただし、Instagramの場合には、ビジネスアカウントとクリエイターアカウントで閲覧できる内容に違いがあるので注意しましょう。

Facebookの分析機能は2021年6月で終了!?

FacebookではInstagramと同様、マイページから分析情報をチェックできました。
しかし、Facebookのデータを無償で分析してくれていたサービス「Facebook Analytics」は、2021年6月をもってサービス提供を終了しています。
現在では「Facebook Business Suite」が代替として使われていますが、利用できるユーザーは限られているようです。
もしFacebookで詳しい分析をしたい場合は、好みの分析ツールをダウンロードするなどして行う必要があるでしょう。

Facebookインサイトも便利

Facebookでよく使われていた「Facebook Analytics」のサービスは終了してしまったものの、ビジネスページであればインサイトが閲覧できます。
フォロワーの性別・年齢・住んでいる地域などの属性の分析やリアクションの分析、ページ全体で閲覧数の多い投稿などが閲覧可能。
時間帯ごとの反応の良さなども見られるので、投稿のタイミングも分析できます。
ただし、インスタグラムと同様にビジネスページの取得が必要です。
ビジネスページは個人アカウントを持っていれば取得できるので、インサイトを利用したい方はぜひチェックしてみてください。

今後の機能追加はある?

2021年6月で終了してしまった分析機能ですが、今後新しいソフトやサービスが開発される可能性は十分にあるでしょう。
Facebookのアクティブユーザー数は日本ではInstagramに劣るものの、世界で見ればかなり多くの方が利用しています。
そのため、分析機能を望む声も多くあるはずです。
現在では他の分析ツールを利用する必要がありますが、もしかすると近いうちに新しい機能が登場するかもしれません。

Twitterでは「Twitterアナリティクス」が便利

リアルタイム投稿の多いTwitterには、Twitterアナリティクスと呼ばれる公式の分析ツールがあります。
PC版とスマホでは見られる分析結果が異なるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

スマホでは限られた情報のみ閲覧可能

スマホでは「ツイートアクティビティ」と呼ばれるものが閲覧可能です。
各ツイートの下にあるグラフのようなアイコンをタップすると、該当のツイートの詳細が確認できます。
ツイートアクティビティでは「いいね!」などのエンゲージメント数やツイートの閲覧数、リツイート数やフォロワーの増加推移などの分析結果が閲覧可能。
1つ1つのツイートをチェックするのは大変ですが、スマホから手軽に閲覧できるのが大きなメリットです。

PC版ではより詳しく見られる

PC版ではより詳しいアナリティクスがチェックできます。
アナリティクスもスマホでツイートアクティビティを見るのと同様、各ツイートのアイコンから閲覧可能です。
閲覧できる情報は以下の通り。

・インプレッション…タイムラインに該当のツイートが表示された回数
・エンゲージメント数…ユーザーがツイートに対してアクションを起こした回数
・いいね数・・・ツイートにいいねをされた回数
・メディアの再生数…ツイート内の動画などが再生された回数
・メディアのエンゲージメント…ユーザーがメディアをクリックした回数
・リンクのクリック数…ユーザーがツイート内のリンクをクリックした回数

スマホで見るより、さらに詳細な分析結果が見られることが分かるでしょう。
PCを持っているのであれば、できるだけアナリティクスの方をチェックするのがおすすめです。

分析ツールの選び方

ここまで各SNSで使える分析機能を紹介してきましたが、実は他にも便利な分析ツールがたくさんあります。
以下では、分析ツールを選ぶ際に注意したいポイントを紹介します。

分析したいSNSが対応しているかどうか

これは当たり前のことですが、分析したいSNSが分析ツールに対応していなければ意味がありません。
多くの分析ツールは特定のSNSに特化したものなので、Instagramであればインスタの分析が詳しく見られるツールを選びましょう。
複数のSNSで使える分析ツールもありますが、より徹底した分析やリサーチがしたい場合は特定のSNSに特化したものを選ぶのがおすすめです。

分析できる内容をチェック

分析ツールは種類によって分析できる内容が違います。
InstagramやFacebookのインサイトのような簡単な分析ができるものから、より詳しい分析ができるツールまでさまざまです。
いろいろなツールがあって迷ってしまう場合は、自分が見たい情報が得られるものを選びましょう。
使っているSNSに対応していて、欲しい機能が揃っていれば特に困ることはありません。

利用する際の費用も必ず確認

各SNSにもともと備わっている分析ツールなどは基本的に無料で使えますが、細かな分析ができるものは利用料がかかる場合もあります。
使える機能や対応SNSなどとともに、必ず利用料金についても確認しておいてください。
1か月ごとに料金を支払うシステムもあれば、年契約で安く使えるツールもあります。
使用頻度や予算に合わせ、自分のニーズに合った分析ツールを選んでみてください。

便利なおすすめ分析ツールを紹介

分析ツールの選び方が分かったところで、実際に人気のある分析ツールを紹介します。
どのSNSで使えるのか、どんな機能なのかも紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

Instagramの運用&分析ツール「Pintab」

pintabはInstagramの分析や運営支援に最適なツールです。
マーケティングにおける効果測定や基本的な分析はもちろん、Instagram特有の機能であるストーリーの分析までできるのが最大の特徴。
分析ツールと言えば使い方や見方が難しいイメージがありますが、pintabはパッと目で見て分かりやすいグラフなどで分析結果を表示してくれます。
マーケティング初心者にも扱いやすく、インスタの分析をしたいのであれば非常におすすめです。
また、指定した期間のデータ比較やレポートの作成、ハッシュタグのエンゲージメントなどの閲覧も可能。
無料版と有料版があり、無料版では使える機能に制限があります。
メールアドレスを入力すれば管理画面のサンプルもチェックできるので、雰囲気を掴んでから無料版で試してみるのも良いでしょう。

詳しくはこちら:https://pintab.jp/

ハッシュタグ分析なら「hashout」

hashoutは、InstagramやTwitterのハッシュタグ機能に特化した分析ツールです。
有名な企業や会社にも導入されているツールで、それぞれのハッシュタグの投稿数などを一覧で表示してくれます。
人気ハッシュタグや、指定のハッシュタグの使用数などをチェックしたいときにおすすめです。
各SNSで人気のある投稿に付けられているハッシュタグを自動で分析し、使用頻度の高いものを算出してくれる機能もあります。
トレンドのキーワードを知りたいときや、人気投稿の傾向を知りたいときにも便利です。
自社だけでなく競合のアカウントも分析できるため、比較もしやすいでしょう。
より効果的なハッシュタグを付けたい、人気のあるハッシュタグが知りたい方はぜひ利用してみてください。
こちらのツールも無料版と有料版があるので、好みで使い分けてみると良いでしょう。

詳しくはこちら:https://www.hashout.jp/

Twitterのキャンペーン調査なら「SOCIAL LIST」

SOCIAL LISTは、Twitterのキャンペーンに関する調査に特化した分析ツールです。
過去に行ったキャンペーンの参加人数や参加ユーザーの総フォロワー数、リツイートの数などを詳しく分析できます。
キャンペーンで実際に出た効果や影響を詳しく知ることができるため、次のキャンペーン企画に非常に役立つでしょう。
あらかじめ定めておいた条件ごとの分析や当選者への一斉DM(ダイレクトメッセージ)機能などもあり、Twitterでキャンペーンを行う方にとっては非常に役立つ分析ツールです。
分析の内容や該当のキャンペーン情報を伝えると、見積もりを出してくれるので安心して利用できるでしょう。
料金が気になる方は、まず一度問い合わせをしてみてください。

詳しくはこちら:https://sociallist.jp/

Facebookの分析なら「quintly」

quintly(クイントリー)はFacebookの分析ツールとして知られており、分析したデータを自動でレポート化してくれるのが特徴です。
人気のあるアカウントの投稿を分析したり、KPI測定なども可能なツール。
14日間の無料トライアルはありますが、基本的には有料のみの分析ツールです。
TwitterやInstagramにも使える分析ツールのため、複数のSNSを運用している方にはピッタリでしょう。

Instagramのアカウント運用状況が分かる「SINIS」

SINIS(サイニス)は、Instagramのアカウント運営をサポートしてくれるツールです。
フォロワー数の推移や運営状況、いいねやコメントなどと言ったアクション数を自動で集計してレポート作成してくれます。
Excelでしっかりとしたレポートを作成してくれるため、クライアントや上司などにデータを提出したい場合にも活躍してくれるでしょう。
また、Instagramのインサイト機能はスマホからしか使えませんが、このツールを使用すればPCからでも確認できるようになります。
無料プランではInstagramのインサイトのみ、有料版ではより高度な分析結果が閲覧できるので用途に合わせて選んでみてください。

ソーシャルリスニング特化なら「Social Studio」

Social Studio(ソーシャルスタジオ)は、ソーシャルリスニングに特化した分析ツールです。
自社販売の商品やサービスに対する消費者の声を集め、分析するのに役立ちます。
特定のSNSではなくInstagram・Twitter・Facebookそれぞれの分析ができるのも大きなメリットです。
AIによる便利な分析機能も複数搭載しているため、本格的にソーシャルリスニングを行いたい方にはピッタリでしょう。
トライアル期間があるので、まずは試しに利用してみたい方でも安心です。
とはいえ、基本は有料での利用になるためよく考えてから使うことをおすすめします。

運用や分析の際に押さえておきたいポイント

分析ツールの選び方や使い方、実際に分析を行う方法が分かりました。しかし、分析はただ行うだけでは意味がありません。以下で紹介するコツやポイントを押さえながら、効果的な分析や運用を行ってみてください。

分析は一定期間ごとに行う

SNSマーケティングにおける分析は、1回やれば終わりではありません。
何度も繰り返し運用と分析を繰り返すことで成果が表れてくるため、期間を決めて行いましょう。
例えば1ヵ月に1回必ず行うなどと決めておき、前回の分析結果からしっかり成長できているかを確かめます。
期間が短すぎると変わり映えのない分析結果で戦略を立てにくく、期間が空きすぎると分析結果がブレやすくなってしまいます。
そのため、運用状況に合わせて期間を決めて分析を行うのがおすすめです。
必ず毎回同じタイミングで分析を行う必要はないので、アカウントの成長度合いやキャンペーンの有無などによって期間を変えてみても良いでしょう。

データはしっかりレポート化

分析したデータは次の分析と比較するためにも、見やすいレポートにしておくのがおすすめです。
データをそのままにしておくと次回分析したときに見づらく、比較するのが面倒になってしまう可能性があります。
便利な分析ツールを使えば、レポート化まで行ってくれるのでぜひチェックしてみてください。
作ったレポートは万が一データが消えても大丈夫なようにコピーを作成しておき、心配な場合は印刷して紙媒体として取っておくのがおすすめです。
レポートは自分で作っても良いですが時間がかかるだけでなく見にくくなる可能性もあるので、初心者であれば専用ツールの活用をおすすめします。

長期間の運用を前提に行う

SNSの運用は、基本的に長期戦だと思っておきましょう。
短期間の運用で成果が出る場合もありますが、長く運用するほどファンやフォロワーも付きやすくなります。
SNSを長期で運用するのはなかなか大変なので、最初から長期戦を覚悟したうえでスタートするのがおすすめです。
また、長期運用していく中で長期間放置することのないように注意してください。
長期間放置したり投稿が途絶えたりしてしまうと、一度増えたフォロワーも離れて行ってしまいます。
分析を続けながら効果的な投稿をするのは大変ですが、短いスパンで投稿し続けるのがおすすめです。

時には遊び心も重要

分析にばかり気を取られていると、自社の商品紹介や真面目な投稿ばかりが増えてしまいがちです。
時には旬なニュースやトレンド情報を盛り込んだ投稿も行い、遊び心を演出してみてください。
SNSは情報を求めて利用する方も多いため、最新の情報やトレンドを取り入れた投稿は人気が高い傾向にあります。
会社と全く関係のない情報やニュースではなく、なにかしら絡めて発信できるような話題を選ぶと良いでしょう。
ハッシュタグ検索などを上手く活用し、使用頻度の高いハッシュタグを付けると投稿の閲覧数も伸びやすくなります。
SNSマーケティングにおける運用は非常に難しく、頭を抱えることも多いでしょう。
そんなときこそ、遊び心を入れた投稿をしてSNS運用を最大限に楽しんでみてください。

分析結果を活かした戦略作りが需要

SNSマーケティングは戦略作りと運用、分析を繰り返しながら行う必要があります。
1回の運用や分析では上手くいかなかったことも、分析した結果をしっかり活かした戦略を立てればきっと効果が得られるでしょう。
SNSマーケティングは成功すれば大きな効果が期待できるため、多くの会社や企業が取り入れています。
SNS内には競合商品や会社がたくさんあるので、なかなか上に飛びぬけられないのも事実です。
しかし、着実に運用を進めていけばいつかは成果が表れてくるでしょう。
特に運用したばかりの頃は成果が出ずにくじけてしまうこともありますが、分析ツールを使えば少しでも成長していることが目で見て分かります。
分析ツールはアカウント運用の材料としてだけでなく、モチベーションアップにも繋がるのでぜひ活用してみてください。

リード獲得やSNS運用・分析で
お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧