ブログ

catch-img

SNSマーケティングのノウハウを体系的に学べるセミナー・講座を提供するスクール5選

人差し指を立てるシャツの女性

この記事では、SNSマーケティングのセミナーや講座を紹介します。

紹介にあたり、SNSマーケティングを学ぶ上で必要な知識の概要を解説いたします。

是非、この記事を活用し目的や状況にあったセミナーや講座(スクール)が見つかればと思います。

SNSマーケティングセミナーや講座を選ぶための基礎知識

SNSマーケティングは、デジタルマーケティングのうち、主にSNSを利用したマーケティング手法です。

SNSマーケティングのセミナーや講座を選ぶにあたり、SNSを利用したマーケティングの基本的な知識を学ぶ必要があります。

基本的な知識がないと選ぶにも、どのようなセミナーや講座が自社、自分にとって良いのかが判断つきません。

自社や個人にとって、どのマーケティング手法が向いているかを把握し、具体的に何を学ぶかの目標をたててからセミナーや講座、スクールなどを選ぶと失敗しずらいでしょう。

ここでは、どのようなマーケティング手法があるかの概要を解説いたします。皆様の参考になれば幸いです。

SEO対策

SEOとはどういうものか

SEOは「Search Engine Optimization」の略です。

Googleなどの検索エンジンの自然検索による順位をできる限り上位にするためのさまざまな施策のことを指します。

検索結果の上位に企業のWebページやキャンペーンのページなどが表示されることにより、サービスや商品、自社サイトを知ってもらう機会を創出します。

SEO対策の目標は、それぞれのマーケティング担当が設定したコンバージョンを最大化することです。

コンバージョンにはPV数やサービスへの登録者数、商品購入数の向上です。

自然検索順位をあげることにより、コンバージョンの増加を期待するマーケティング手法です。

Googleが検索順位を決定するルールを「検索アルゴリズム」と言います

SEO対策で重要な知識の一つが、検索アルゴリズムです。

現状自然言語検索は、すべてGoogleの検索アルゴリズムにより順位が決定します。

検索アルゴリズムというのは、検索する際のルールで、このルールは年中変わることがわかっていて、パンダアップデートやペンギンアップデートと呼ばれています。

このアップデートのタイミングで、順位がガラッと変動することもあり、マーケティング担当者は、アップデートのタイミングに順位の変動をチェックしなければなりません。

アップデートのサイクルが早いため、過去に行った対策も意味が無くなったりする場合があり、情報収集を常に行う必要があります。

その他SEO対策のために必要な知識

では、SEO対策を取れるようになるには、どのようなノウハウが必要となってくるのでしょうか。

ここでは、SEO対策に必要な知識を箇条書きで紹介します。これらの知識が得られそうなセミナーや講座を選ぶと、SEOマーケティングに強くなる近道になります。

  • 外部SEO
  • 内部SEO
  • クローラー
  • インデックス
  • コンテンツSEO
  • SEOツール

これらのキーワードから、それぞれのワードが何を指し、どのような知識やツールが必要であるかを把握する必要があります。

日進月歩が激しく、独学では限界があるため、セミナーや講座などで最新の知識を得ることで、マーケティング能力の向上を図りましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの自然検索より上位に表示される広告です。

ここでは、リスティング広告は何であるか、どのような知識が必要となるかを解説します。

こちらも、概要を把握しセミナーや講座を選ぶ指標としていただければ幸いです。

リスティング広告とは

リスティング広告は、検索結果の上位に表示されるタイプの広告です。

他の自然検索結果と同じようなフォーマットで表示されるが、明確に「広告」と表示されるので区別がつきます。

リスティング広告は企業でも個人でも簡単に出稿できます。低価格から始められ、どの検索ワードで検索された時に表示されるかを指定できます。

基本的には、リンクが表示され、リンクがクリックされると単価が決まります。1日に使う予算の上限などを決められるので、低予算でも運用を開始できます。

どのような知識が必要であるか

リスティング広告を始めること自体は、低予算で始められ、自由な広告を出稿できます。

しかし、効果的な広告を出せるかどうかに関しては、知識が必要になります。

検索結果に表示させることまではできますが、どのようなタイトル、内容の広告を出稿するか。どれくらいの予算で運用するかなどで、最終的なコンバージョンが変わってきます。

これには、経験や知識が必要となるため、具体的なハウツーなどを学べるセミナーや講座を探してみましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告はWebサイトの、一部のエリアに広告を表示するタイプです。Webサイトのコンテンツに応じて表示されるので「コンテンツ連動型広告」とも呼ばれています。

リスティング広告が、検索キーワードによって広告を表示させるため「健在型需要」にアプローチをするのに対し、ディスプレイ広告はWebサイトに関連した内容の広告を出すため「潜在型需要」にアプローチします。

広告の種類としては、Googleディスプレイネットワーク(GDN)やYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDA)などがあります。

表示される広告のタイプ

ディスプレイ広告は、特定のエリアに下記の種類の広告を表示することができます。

  • バナー広告(画像とテキストを組み合わせた広告)
  • テキスト広告(テキストのみの広告)
  • レスポンシブディスプレイ広告
  • 動画広告

上記のような広告を表示させることができます、この内容にどのような広告にするかが重要になってきます。

ディスプレイ広告に必要な知識

ディスプレイ広告を行う際には下記の知識が必要になります。

  • キーワード キーワードに関連するWebサイトと判断されたサイトに広告が表示されます。
  • トピック トピックに指定した用語に関するコンテンツを含んだサイトに広告が表示されます。
  • ブレースメント 自動プレースメントはキーワード、トピックスから掲載先Webサイトが選ばれ、手動の場合には表示したいサイトを自分で指定します。
  • インタレスト コンテンツに対して広告を打つのではなく、広告のキーワードに興味のあるユーザーに対して広告を打ちます。

このように、どのような方法で掲載先を選ぶのか。どのような広告が効果があるのか、どこに表示すると効果が高いかなどの経験知を学べるものを選ぶのが良いでしょう。

セミナーや講座で聞く以外には、自分で経験するしかないため、経験した人から学ぶことはとても価値の高い経験となります。

SNS広告

SNS広告は、Facebook、Instagram、Twitterなどのに広告を出稿するマーケティングです。

SNSを利用している人は増え続け、人々が利用する時間も増えています。企業や個人間が接点を持つ上で、SNSの重要性は増しています。

SNSを通したマーケティングは欠かせない戦略の一つになっています。

SNS広告のメリット

SNS広告には下記のメリットがあります。

  • 画像、テキスト、動画などさまざまな広告を出稿できる
  • 幅ひろいカテゴリのユーザーへリーチできる
  • 幅ひろい年齢のユーザーへリーチできる
  • 少額からでも出稿できる

SNS広告はかなり安価の設定からでも始められ、予算も決められます。

そのため、コストの上限を設定しやすく、個人でも企業でも規模を問わず広告を始めるハードルが低いです。

SNS広告には下記のようなものがあります。

Instagram広告

Twitterは説明するまでもなく、テキストベースのSNSであるため、広告のターゲティング(どのような人に広告を届けるか)を細かく設定できます。

Twitter広告は、認知向上や企業、個人のブランディングに効果が得られやすい広告です。

効果な商材にはあまり向いておらず、安価で手の届きやすい商材などにも向いていると言われています。

課金方式も豊富であり、さまざまな戦略を取ることができます。

このTwitter広告についても、経験者の知見を得ることで早めに、効果的なマーケティング戦略を取ることができるようになります。

Facebook広告

Facebookは実名登録が主体のため、ユーザー属性の情報の正確性が高いSNSです。

そのため、緻密な属性情報を元にユーザーをターゲティングすることができ、比較的戦略の立てやすい広告媒体です。

また、利用している層が30代以降のビジネス層がメインであり、BtoCだけでなくBtoBの広告にも向いている、SNSでは数少ない媒体です。

LINE広告

LINE広告は圧倒的なユーザー数に対し広告施策が取れる媒体です。

圧倒的なリーチがあるため、幅ひろい年齢層や種類の広告訴求効果を得ることができます。

LINE NEWSやウォレットなど、広告配信できるシーンも豊富です。

公式アカウントを利用することで、既存顧客へのアプローチも取りやすく、とても重要な広告媒体です。

YouTube広告

今ではYouTubeで動画を見る、共有することはとても一般的な行動になっています。

Googleがリスティング広告などで持っているノウハウを生かした広告のターゲティング設定で、効果的なユーザーへ動画広告を届けることができます。

こちらの広告も、どのような動画が効果的か、どのような設定をすると効果の高い広告を打てるかの知見は、経験者から得るのが近道です。

TikTok広告

TikTokの画像

TikTokは利用者数、時間ともに大きく伸ばしているSNSで、TikTokへの広告も他のSNSと同様行えます。

しかし、TikTokは非常に単価が高く下記のような広告の種類があります。

  • 起動画面広告・・・TikTokを起動した際に表示される広告
  • チャレンジ広告・・・企業他用意したハッシュタグに沿った動画をユーザーが投稿するという形の広告
  • インフィード広告・・・投稿欄のおすすめに表示される動画の広告

いずれもとても高額なため、他のSNS広告とは違い敷居が高いです。その反面、特に若い人へのリーチする広告となっています。

その他のSNSマーケティング

上記までに紹介したマーケティング手法は広告がメインですが、他にも下記のようなマーケティング手法があります。

それぞれ概要を解説いたします。

SNSアカウント運用

企業などの公式のアカウントを作成し、主に自社ブランドに関する情報を発信する運用をおこなう。

ユーザーとの交流をすることで、ファンを獲得できる間口が広がります。集客の入り口としての機能もできます。

しかし、ユーザーとの距離感が難しく、成功事例も多いが失敗事例も少なくありません。

こういった、過去の成功例、失敗例から多くの経験知を得られるでしょう。セミナーや講座を通して、多角的な視点からこういった知識を評価することも、効果的なマーケティングを行うためには必要かもしれません。

SNSを使ったキャンペーン

SNSへの投稿は基本的に自由であるため、様々なユーザー参加型のキャンペーンを打つことができます。

目的は多様で下記のような目的で行われることが多いです。

  • SNSアカウントのフォロワー獲得
  • メンション付き投稿などの増加
  • キャンペーン情報の拡散
  • 来店、購買、サービス登録の促進など

キャンペーンをうまく利用すると、ユーザーが投稿するコンテンツがネット上に増え、企業ブランドの向上を目論めます。

新規顧客獲得から既存ファンへのサービスなど幅ひろいマーケティングを行えます。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーを利用したマーケティングは多く利用される手法です。

インフルエンサーとは、SNSなどで多くの人数に強い影響をすでに持っているユーザーを起用したマーケティングを行い、そのフォロワーに対し情報発信をする手法です。

インフルエンサー自体は、自分のフォロワーがどのような情報を好むか熟知しているため、訴求力の高いマーケティングが行える。

広告臭少なく情報発信できるが、ステマは極度に嫌われる傾向にあるため、注意が必要です。

インフルエンサーマーケティングも成功事例、失敗事例が多くあります。経験知をうまく利用して効果的なマーケティングができるよう知識をつけることをお勧めします。

SNSマーケティングのノウハウを体系的に学べるセミナー・講座を提供するスクール5選

デジプロ主催のセミナー、講座

現役のWebマーケターが講師となり指導するデジタルマーケティング全般のレッスンがあります。

メンターもいて実際に広告を運用する体験をしたりすることもでき、オンラインでも受講可能なものもあります。

下記のような方に向いているWebマーケティングスクールです。

  • 個人向け
  • インハウス向け(企業向け)
  • Webマーケターへの転職を目指す人向け

TechAcademy・WEBマーケティングコース

テックアカデミーのWebマーケティングコースは、自宅でも学べるマーケティングスクールです。

パーソナルメンターもいて、決められた時間ないでのチャットサポートもあります。

Webマーケティングの基礎から、広告の出稿や運用まで一通りオンラインで学べます。

マケキャン by DMM.com

未経験者でも3ヶ月程度でWebマーケティングの基礎から実践まで学べるカリキュラムがあります。

基礎だけでなく、実務の運用ノウハウや効果の測定方法、分析方法やクライアントへの提案の仕方など実践的な知識を学ぶことができます。

基本はオンラインでの学習、週末グループワークなどもあり、他の受講生の状況などもわかり、実践的な知識を身につけることができます。

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)

実務特化型のカリキュラムを持つWebマーケティングスクールです。

受講中、実際のGoogleアナリティクスレポートや広告、Facebook広告を運用しながら体験学習をすることができる。

転職や副業、フリーランスなど目的に合わせサポートを受けられます。

少人数せいで、実務経験がつめるためキャリアパスが定まっている方に向いているスクールです。

Udemy

UdemyはSNSマーケティングに限らず動画による教材を購入する形で試聴し、学ぶオンライン教材販売サイトです。

そのため、特にSNSマーケティングでも詳細なことを知りたい場合、教材を探してみると見つかるかもしれません。

Udemyの場合には、本を探すのと同じように教材をある程度レビューなどを参考に選ぶ必要はあります。

まとめ

このように、SNSマーケティングのセミナーや講座をみつけるのにも、多少の知識が必要となってきます。

SNSを利用したマーケティングは大きくSEOや広告の出稿、インフルエンサーを利用したりと様々な手法があります。

この記事を読んで、SNSマーケティングの概要を知り、セミナーや講座選びのお役に立てればと思います。

一度購入した教材は、ログインすればいつでも利用できるので、Webブラウザさえあればどこでも学ぶことができます。

リード獲得やSNS運用・分析で お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら