ブログ

catch-img

SNSマーケティングのやり方とは?基本や得られる効果を事例を交え徹底解説します

現在生活をする上で、1日のうちに何かしらのSNSを利用している人が増えています。

SNSが普及していく理由はさまざまあると想定できますが、1日のうちSNSを利用している時間は全年代で伸びています。

平均してしまうと、依然テレビを見ている時間は長いのですが、若年層はテレビよりもネットからの情報収集の方が多いです。

SNSマーケティングの重要性は今後ますます増えていくと考えられております。

この記事では、SNSマーケティングとはどのようなものであるか、どのようなことをするのかを事例を交えながら解説いたします。

皆様の参考になれば幸いです。

そもそもマーケティングとはどのようなことを行うのか

マーケティングの定義はとてもたくさんありますが、一般的に支持されているのは下記の定義です。

「マーケティングとは、商品やサービスが売れる仕組みを作ること」です。理想は「商品やサービスが売り込まないでも勝手に売れる状況」です。

この理想のために、様々なプロセスを経てマーケティングが行われます。下記のプロセスは、マーケティングプロセスにおいて最も有名で行われるプロセスです。

  • 市場分析
  • セグメンテーション
  • ターゲティング
  • ポジショニング
  • マーケティングミックス
  • 実行と評価

それぞれ、上記のプロセスがどのようなプロセスであるか、概要を解説いたします。

市場分析

まず、とても重要なプロセスとして、自分の企業や製品、サービスが属する業界を取り巻く環境の分析を行います。

分析方法は様々な方法があります。顧客ニーズや競合、自社の環境。企業や製品・サービスの強みや弱み。周辺の技術情報や政治経済、社会的な環境。業界の構造。これら、様々な切り口から市場の分析を行います。

セグメンテーション

セグメンテーションとは、業界を取り巻く環境を細かく調査し、どのような年齢層に分かれていて、どのような価値観を持った消費者がいるかを把握します。

セグメンテーションでは、客観的に、業界を構成するニーズなどを細かく分類します。

結果として知りたいのは、どのような年齢層に分かれていて、どのような価値観や文化的背景、技術など、できるだけ多くの情報で業界を分析します。

ターゲティング

セグメンテーションとは違い、市場の中において、自社ブランドや商品、サービスなどが一番強く打ち出せる市場を決めることを、ターゲティングと言います。

標的市場とか市場を絞り込むと呼ばれたりします。

簡単に言うと、誰に対して売り込むかを決める行為です。決めた誰意外には何もしないと言うわけではありません。特に誰に対して売り込むかを決めます。

ポジショニング

ポジショニングは、セグメンテーションで細かく分析された市場の中で、自社や商品、サービスがその市場内のどの位置どりを取るかを決めます。

大抵は市場の縦軸と横軸に、自社の特徴となるような構成要素を引き、四章限で業界内のどの位置にいるかを示す図で表されます。

これは、分析して「今その位置にいる」という図ではなく、新しいブランドや商品などを「その位置につける」と言う意味で使います。

マーケティングミックス

マーケティングミックスとは、今まで分析したことをどのように実践していくかを考えるプロセスです。

ここでは、KGIやKPIと言った聞いたことのあるマーケティング施策の目的を決め、それを達成するための戦略を立てます。

マーケティングでは必ず出てくるワードの、KGIとKPIを設定するプロセスです。KGIは最終目標、KPIは最終目標のための具体的な途中の成果目標です。

そして、このKGIとKPIのために戦略を立てることがマーケティングミックスです。

このプロセスには、4Pや4Cといった先人が作った優秀なフレームワークがあります。それに当てはめるだけで簡単に優れたマーケティングができるわけではありませんが、とても便利な考え方です。

例えば4Pでは、どのような「製品」をどのような「価格」で「どうやって知ってもらい」「どのように売るか」の4つの視点から売れる仕組みを考えるフレームワークです。

実行と評価

上記までに策定した内容を実行するプロセスです。

具体的に施策を実施し、その結果を客観的な数値で判断します。そのためにKPIが数値目標である必要があるのです。

このプロセスを全て振り返り、どこが悪かったか良かったかを判断します。繰り返し施策が取れるような環境の場合には、この結果を踏まえて、またマーケティングプロセスを繰り返します。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、日本でよく利用されているソーシャルネットワーキングサービスを使ったマーケティングのことを指します。

現在、SNSがこれだけ普及した現在、今までのWebを使ったマーケティングに加え、SNSを利用したマーケティングとして、とても重要な営業活動となっています。

そしてとても重要なことが1点、基本的なマーケティングのプロセスは王道のマーケティングと変わりません。そのため、前述したマーケティングの基本的なプロセスを押さえておきましょう。

その上で、以下に記載するようなことが、SNSマーケティングを行う上で知っておくとよい基礎知識となります。

どのようなSNSがあってどのような特徴があるか

日本では主に、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、TikTokがマーケティングに利用されます。

海外ではLinkedInやSnapchatなども、有用なSNSのようですが現状日本では上記5つのSNSが多く利用されています。

これらSNSはその機能的な特徴から、年齢層や文化などに特徴があります。SNSマーケティングを行う上で、どのようなSNSがあり、どのような層が利用しているかと言う知識が重要になるので押さえておきましょう。

SNSマーケティングがなぜ重要になっているか

結論としては、SNSが普及して普通に皆が利用する現在、SNSマーケティングを行うことは、営業活動として必須の活動になっています。

SNSの利用者数や利用時間は増加の一途をたどり、スマホやさまざまなデバイスの登場でますます増えていくことが見込まれています。

Googleなどで

SNSマーケティングの手法の種類

SNSマーケティングの具体的な施策、手法が5つあります。

  • ソーシャルリスニング
  • SNS広告
  • SNSアカウントの運用
  • SNSキャンペーン
  • インフルエンサーマーケティング

これが、具体的なSNSマーケティングのやり方に当たります。

ソーシャルメディアの種類と特徴

日本のSNSマーケティングをする上で、重要なSNSは5つあります。

Facebook、Instagram、Twitter、LINE、TikTokの5つが現状ではよく利用されるSNSです。日本以外ではSnapchatやLinkiedinなどもとてもよく利用されています。しかし、今回は上記5つのSNSの特徴を解説します。

Facebook

実名登録をしている人が多く、リアルの友人関係やビジネスで繋がっている人同士がSNSでも繋がっている場合が多い。

日本でのユーザー数は2,600万人と言われています。年齢層は30代〜40代が多く、10代は他のSNSに比べて極端に少ないです。

投稿はTwitterとは異なり、長文を記述することができ、表現方法はとても多くあります。自由度が高く、シェア機能などもありますが、実名登録がメインです。どちらかというと何かしらの繋がりのある人にのみ投稿が共有されやすいです。

タイムラインに表示される投稿は、独自のアルゴリズムで表示されています。基本的には、タイムラインを表示している利用者の興味のある投稿がよく表示されるようにできています。

Facebookの機能には、Facebookのページをホームページとして利用することもできます。また、コミュニティ機能などを利用することで、ファンサイトのようなことを作ることもできます。

世界ではSNSの中ではとても多くのユーザー数を抱えているだけあり、さまざまな機能を有しているSNSです。さまざまなSNSマーケティング施策を取ることができるSNSです。

Instagram

Instagramは「インスタ映え」等であまりにも有名で、説明する必要もないかもしれませんが、写真に特化したSNSです。

日本国内のユーザー数は3,300万人です。年齢層は10代〜30代の若年層が多く、40代も比較的多くの人が利用しています。

現在ではLive配信などもできたり、流行りの尺の短い動画の投稿や、1日だけ表示できるストーリーなど、さまざまな投稿を行うことができます。

自分のタイムラインにはフォローしているユーザーの投稿した画像が表示されます。好きなユーザーのアップロードした画像で埋め尽くされたフィード画面は見てるだけで楽しい気分になれます。

インスタグラムでは記号の「#」で始まる単語をハッシュタグと言います。ハッシュタグをつけることで、同じようなカテゴリーの画像投稿に参加することができます。

Facebookのように、こちらも様々な機能を持つようになっており、広告効果も高い主要なソーシャルメディアです。

Twitter

Twitterは140文字以内で表すテキストベースの投稿がメインのSNSです。

国内ユーザー数は4,500万人に登ります。10代〜30代までの利用がやはり多いのが特徴です。しかし40代のユーザーも少なくないです。

画像や動画を24時間のみ共有できるフリート機能と言うものがありましたが、現在は利用できなくなっております。

また、スペースと言う機能を使うと多人数で会話をすることができる機能も登場しており、ますますユーザー数や利用頻度が増すような気がします。

ほとんどが匿名での利用であるため、他のSNSと比べて特殊なコミュニケーション空間になっています。ポジティブにとらえると、140文字で匿名性と言うこともあり、あまり深く考えずに様々な意見が飛び交います。反面、いわゆる炎上しやすく立場によっては投稿にとても注意が必要です。

こちらも、瞬間的に投稿が拡散されることもありとても強力なマーケティングツールの一つです。

LINE

LINEはどちらかと言うとコミュニケーションツールとして捉えられています。

利用者数は8,900万人にもなります。ユーザー層はほぼ全年代が利用しています。日本ではほぼ欠かせないコミュニケーションツールです。

LINEはメディアや決済システムや音楽配信などがあり、LINE上で動作するアプリケーションの開発をすることもできます。

SNSマーケティングとしては、オープンチャットや公式アカウントの運用やチラシ、広告など多岐に渡り、様々な効果を見込めます。

LINEは全年代を通して利用しているため、とても重要なソーシャルメディアでもあります。

SNSマーケティングがなぜ重要であるか

SNSマーケティングが重要である理由は、今人がものを購入する時、SNSを影響を受けるように変わったためです。

SNSの影響で消費やサービスを買う、シェアする、誰かが影響を受けてまた売れるという単純なサイクルを繰り返します。

このような市場が生まれたことには下記のような経緯によるものです。

ソーシャルメディアが変えたこと

ソーシャルメディアが生まれたことにより、インターネット常に消費者・ユーザー側の投稿がコンテンツとしてアップロードされるようになりました。

ソーシャルメディアが使われる以前は、インターネット上は基本的にメディアや販売者などがコンテンツを作り、ユーザーはGoogleなどで検索したりして利用していました。

これにより、いずれか一方が投稿するだけであったコンテンツを、ユーザーとともに作り上げるようになりました。

ソーシャルメディアに費やす時間が増えた

ソーシャルメディアを利用する人数はどんどん増加しています。

また、人数が増加しているだけではなく、利用時間も増えています。

そして、相対的に今までのGoogle検索を行う時間が減ってきてもいます。

購買モデルの変化

人が商品を知って購買したり人に勧めるプロセスを購買モデルと言います。

SNSが普及しきる以前のデジタルマーケティングにおいては、その購買モデルは下記のようなモデルであることが主流でした。

それぞれの行動の頭文字をとってAISASと言われていました。

  • Attention 注意
  • Interest 関心
  • Search 検索
  • Action 行動
  • Share 共有

それが現在では、AISASでは説明できず、VISASやSIPSといった購買モデルになってると言われています。

VISASは下記のような行動を指します。

  • Viral クチコミ
  • Influence 影響
  • Sympathy 共感
  • Action 行動
  • Share 共有

SIPSの方は下記になります。

  • Sympathize 共感
  • Identify 確認
  • Participate 参加
  • Share & Spread 共有・拡散

現在は、共感をしてもらいシェアしてもらうと言うことが重要になります。ただ、今まで通り検索を利用した購買プロセスも根強く残っているため、新しいマーケティング手法をあらたに追加することが重要です。

また、スペースと言う機能を使うと多人数で会話をすることができる機能も登場しており、ますますユーザー数や利用頻度が増すような気がします。

また、検索すること自体が無くなったわけではありません。SNSは利用者の行動履歴などから、アルゴリズムが自動で検索している形になっているに過ぎません。

SNSマーケティングの5つの手法

現在SNSを利用したマーケティング手法は大きく分けて5種類あります。

  • ソーシャルリスニング
  • SNS広告
  • SNSアカウントの運用
  • SNSキャンペーン
  • インフルエンサーマーケティング

それぞれ、どのような手法であるか概要を解説いたします。

ソーシャルリスニング

SNS上に投稿された膨大なデータを活用し、様々な情報収集を行うことをソーシャルリスニングと言います。

いわゆる、ビックデータを活用して様々な分析をします。

  • キーワードに対する評判やクチコミなどを分析
  • 広告等マーケティング施策の効果を分析
  • 業界のトレンドを分析
  • 潜在的なニーズなどを分析
  • 競合や市場の調査

簡単に言うと、SNS上での市場調査を行います。

マーケティングのプロセスでも行われる市場分析ですが、既存のツールなどで比較的低価格でも実践が可能で、個人でも市場分析が可能です。

SNS広告

Facebook、Instagram、Twitter、TikTok、LINEでは広告を行うことができます。

広告のうちTikTokだけは、最低価格が高いですが、基本的には通常の媒体に載せる広告より安価で始めることができます。

SNS広告では、細かく設定したターゲットに効果的に広告を配信する仕組みができています。

SNS広告はターゲットの精度が高く、指定したターゲット像に比較的マッチした相手にリーチします。

また、SNS広告の場合には検索型の広告とは違い、潜在的に利用してくれそうな層にもリーチする可能性が高いです。

SNSアカウントの運用

SNSアカウントの運用は、一番シンプルな利用方法です。SNSアカウントを運用し様々な施策を取ることをさします。

一人のユーザーとして法人の公式アカウントや製品、サービスのキャラクターなど、ユーザーと同じ立場でSNSを運用します。

きちんと方針を明確にし、戦略に乗っ取った投稿や他ユーザーへの対応を行うことで、自社ブランドや商品などのブランディングを行います。

親しみやすいキャラクターであったり、様々な人格を演出することで、ブランディングを行うことができます。

SNSキャンペーン

SNSを利用したユーザー参加型のキャンペーンを行うことで、UGC(User Generated Contents)を増やし、SNS全体での認知度や人気を高めます。

ハッシュタグを利用し、ユーザーに商品などの関連投稿を作ってもらうことで、認知度や好感度などの向上を目論みます。

キャンペーンが成功すると、飛躍的にUGCが増えることがあります。これにより、ブランドの認知やリピーターの獲得など様々な効果を狙うことができます。

ただし、現在ユーザーは極度にステルスマーケティングを嫌う傾向があります。十分に注意してキャンペーンを行う必要があります。

インフルエンサーマーケティング

SNSアカウント運用に近いのですが、すでにフォロワーの多い人とタイアップすることで、フォロワーを獲得する手間を省きます。

インフルエンサー経由でのPRは、広告臭が若干薄れることがメリットです。

特定の分野に大小の影響力を持つ人のことをインフルエンサーと呼びます。彼、彼女らがブランドや製品について投稿をすると、ポジティブな印象をフォロワーに与えることができます。

広告主本体が行うより、インフルエンサーを経由することで、消費者目線を持ってブランドや商品を紹介することができます。

インフルエンサーのフォロワーの数により、マイクロインフルエンサー、ミドル、メガインフルエンサーなどのカテゴライズがあります。

一般的に、フォロワーの多かったり影響力の強い人のほうが、マーケティング施策の効果が高い傾向にあります。

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングのメリットとして得られる効果はいくつかあります。

ひとつづつ解説していきます。

ブランディング

前述した、SNSマーケティング施策で得られる効果のうち、最も得やすい効果としてブランディング効果が挙げられます。

ターゲティング、ポジショニング等を行った後のアカウント運用やキャンペーンを利用し、一貫して特定のイメージを演出することで、企業や商品のブランディングを行えます。

商品よりも、企業そのものの価値を高く演出するブランディングは、SNSマーケティングで得られるメリットの中でも重要なものです。

瞬時に情報を拡散できる

SNSならではの特徴ですが、情報が伝達する速度がとても早いです。

まず初めに情報を投稿する際の速度は、投稿すると瞬時にフォロワーや情報を見ることができるようになります。

また、現在はパソコンではなくスマートフォンでSNSを見ることが多く、ユーザーはすぐに手元で情報を見ることができます。そのまま拡散できるので、とても情報の拡散速度が早いです。

企業情報、製品やサービスの認知度向上

SNSでは自分に興味のあるカテゴリーの情報や有益な情報、面白い情報を拡散する傾向がある。

拡散やリツイートなどが増えると、SNS上に企業の情報や製品、サービスの情報が増えることになります。

コンテンツが増えるほど、認知度やイメージの向上がはかられます。

広告コストの削減

うまくSNS運用アカウントを利用してブランディングなどを行うことで、広告費を削減できることもあります。

ただし、SNSマーケティング運用に関しては人的リソースを投入する必要はあります。

いずれにしても、テレビや紙面への広告に比べると、だいぶ安い価格で広告を届けることができるようになります。

効果がわかりやすい

SNSマーケティングのメリットと言うよりは、デジタルマーケティングのメリットではありますが、効果の測定がしやすい側面があります。

どの投稿やキャンペーンから商品の購買やサービスへの登録へ繋がったかを分析できます。

逆に、利用履歴や購買履歴などから商品やサービスの利用者層を分類することができます。

SNSマーケティングのデメリット

SNSマーケティングのデメリットとして得られる効果もいくつかあります。

ひとつづつ解説していきます。

炎上のリスク

きっかけはSNS以外の契機でも起こり得ますが、SNSで炎上はとても早いスピードで拡散されてしまいます。

特にSNSアカウントの不用意な発信に対して起こることが多いですが、時として炎上はどうしようもない理由でも起こり得ます。

一旦ネガティブな捉え方をされると、あっという間にネガティブなワードを伴った投稿が増えてしまいます。

十分に注意して投稿することと、炎上リスクを常に意識して、計画的に運用することが望ましいです。

発言を取り戻せない

SNSは投稿が一瞬でフォロワーのフィードに表示されます。フォロワーがとても少ない場合は、発言を削除することができるかもしれないが、基本的にはどこかに発言が残ってしまいます。

炎上などをしてしまうと、画像として保存されそれがさらに拡散されてしまうこともあります。

SNSアカウントを管理する担当者は、比較的リテラシーが高いことを求められます。一つの発言がきっかけで、積み重ねた信頼を壊してしまうこともあるので、冷静に物事を対処できる方が良いでしょう。

長期的な運用が必要

アカウントを解説し、有益な発言を少ししたところで効果は得られない可能性が多いです。

基本的には、長期的に運用していくうちにフォロワーが増え、信頼されるようになると言った、コツコツと地道に信頼を積んでいく作業になります。

広告やキャンペーンに関しては、即効性がありフォロワーなども大きく増えることもあるかと思います。

しかし、SNSアカウント運用に関しては、即時性を求めず、長期的に運用していくのが良いです。

SNSマーケティングを成功させるコツ

SNSマーケティングをうまく実行するには下記のようなコツがあります。

しかし、全ての状況に当てはまるわけではなく、参考にしてそれぞれ個々の事案は自ら設計、構築する必要があります。

市場を分析する

前述した通りSNSマーケティングはマーケティングの一種に過ぎないため、王道のプロセスを経るのが良いです。まずは、自分が所属する業界の分析を行います。要するに市場調査を行いましょう。

すでに、ブランド自体のターゲティングなどが行われている場合にはそれに従いましょう。

できれば、主要なSNSそれぞれを細かく市場調査を行えるとよいです。基本的にどのような年齢層が利用しているか、程度については公表されていることですが、業界に関連するユーザーの情報は積極的に分析を行わないと情報は得られません。

ターゲットを明確に決める

これもマーケティングプロセスでいう、ターゲティングを行います。

市場調査を行うと自社のブランドや商品、サービスに興味のありそうな属性の人物像が見えてくると思われます。

その人物像を明確に定義することで、マーケティング施策を具体的に実施しやすくなります。定義は細かいほど、その後のマーケティング施策に役立ちます。

そして、ターゲティングがこまか過ぎても問題はありません。

ゴールを設定する(KGIやKPIの設定)

SNSマーケティングを行うことの、明確なゴールを設定すると、行動指針が決まりやすいです。

マーケティングプロセスでいうマーケティングミックスをしてください。最終的な目標とその指針となるような中間目標を、できれば具体的な数値で設定します。

数値に落とし込むことができれば、客観的にマーケティング施策を評価することができます。

ターゲットや目的に沿った特徴のSNSを選択する

上記までの分析などを元に、目的にあったSNSを選択しましょう。

SNSの選択は、利用する人の年齢層だけでなくテキストベースか画像メインか、動画を利用できるか等、いくつかの選択ポイントがあります。

詳しく分析をする必要はありますが、概要は下記のような特徴があります。

  • Facebook 実名登録がおおくビジネス層の利用が多い。公私共に利用される。
  • Twitter 匿名性が高く若年層の利用が多い。趣味や好きなものに関する投稿や日常の投稿が多い。
  • Instagram 画像や動画をメインとしたソーシャルメディア。Live配信なども行える。若年層と女性の利用が多い。
  • LINE 全年代が利用、コミュニケーションツールとして利用している。実名ではないが電話番号等にリンクしているため、つながりのあるユーザーはリアルで関わりのあるユーザであることが多い。
  • TikTok 若年層の利用が多いです。短い尺の動画投稿がメイン。

実際には、分析などを行い、詳細な情報を元に慎重に選びます。

マニュアル化する

特にSNSアカウント運用には、マニュアルを作成し一貫した運用が好ましいです。

SNSそれぞれには、それぞれのうまい使い方のようなものが存在します。できるだけ文書化をして、担当者の投稿する内容に一貫性を持たせましょう。

また、SNSそれぞれにおいてうまく使い分けする方法も取り決めておく投稿するコンテンツの質を高めることに繋がります。

その他

その他、細かいことではありますが下記のようなことに気をつけるのが良いです。

  • 特定のユーザーのみを特別に扱う
  • 他ブランド、他社の批判をしない
  • 自社のことばかり投稿する
  • 一貫性のない話題を投稿する

このように、設定した目標を達成するために、さまざまなことを想定し長期的視野に立って運用することが重要です。

SNSマーケティングの研究方法

SNSマーケティングを学習する方法は下記の通りです。

書籍で学ぶ

本でマーケティングを学ぶ場合、体型的に学ぶことができます。

製本された情報は、情報の濃度はどうあれ基本的には網羅性があります。初めて学ぶ場合には、知識を調べるための索引としての情報を手に入れることができます。

初めは、何がわからないかもわからないことが多いため、本でざっと知識を得ると後の学習が捗ります。

Web上の情報を収集する

ある程度の概要を把握した後は、オンライン上にある情報は、今はとても豊富なので、そこから仕入れます。

現在はインターネット上でさまざまな詳細な知識が無料で手に入ります。

わからないことや知りたいことを丁寧に調べれば、大抵のことはわかります。手に入りにくい口コミなどの生きた情報も手に入ることがあります。

スクールなどで学ぶ

スクールやセミナーなどで学ぶことも状況によっては、時短に繋がります。

スクール等で学ぶ場合、独学とはことなり、あまり有益でない情報を探したり学んだりする時間が少なくなります。

もちろんスクールが合う合わないなどもありますが、比較的無駄な時間は少なくてすみます。

運用しながら学ぶ

習うより慣れろで実際に運用してしまうというやり方もあります。

この場合には、小さく始めるのが良いでしょう。大企業のマーケティングには向きませんが、小規模のビジネスではトライアンドエラーを繰り返しながら実施していくのは、本やネットで調べるより、有益な学習方法です。

実データが集まるので、とても実践的なデータが集まります。万人に向けた資料よりも、生なデータと向き合うことになるためとても貴重な体験を得られます。

SNSマーケティングの事例

文房具のコクヨ

Instagramにおいて、画像や動画をうまく使い効果的なブランディングに成功しています。

商品を画像や動画、テキストで丁寧にその魅力を伝えています。特に面白い試みや特殊なキャンペーンなどを行うのではなく、あくまでシンプルに伝えています。

誠実なイメージが伝わり、うまくSNSを利用していると考えられます。

ドミノピザ

ドミノピザはSNSを利用したさまざまなプロモーションを行い成功しています。

アプリで自分がピザを作れるようにしたり、ピザを作っている家庭を全て配信したり、アンケートなどを利用してオリジナルピザを作るなど、さまざまな切り口からうまくSNSを利用しています。

若者が主流であるTikTokにおいても22万のフォロワーを獲得していて、アップする動画は定期的によく見られている動画を作っています。

コカコーラ

コカコーラは細かいブランド毎にアカウントを分けて運用しています。

コーラ、ファンタ、いろはすと若干ターゲットやブランド色が異なるので、アカウントをうまく分けて利用しています。

それぞれのブランド毎のターゲットやポジショニングが異なるので、アカウントを全て分けて運用することで細かくブランディングをしています。

とても効果的な運用方法でSNSマーケティングに成功している事例といえます。

SNSマーケティングの分析ツール

SNSマーケティングだけでなく、マーケティングを行うプロセスの上で、検証はとても重要です。

自社の担当者が独自で情報を収集したり、プログラムなどを開発して情報を収集する方法もありますが、下記のような既存サービスを利用することも考えられます。

ツールを使い細かい施策の実施と検証を繰り返し、長期的にブランディングを行うことで最終的な目標を達成できるようにします。

Pintab

Instagramのビジネスアカウントを連携するだけで、解析を行いさまざまなデータを集計することができます。

リーチ数や性別、年齢毎のフォロワー数など、必要な時にPDFやCSVなどでダウンロードできます。

https://hashout.co.jp/service/pintab

hashout

SNS上のハッシュタグを自動的に分析するツールです。

TwitterとInstagramのハッシュタグを簡単に分析することができます。ハッシュタグの分析結果がすぐにわかりやすく知ることができます。

また、特にインプレッション数やいいねの数など、反響の大きかった投稿がどういう投稿であるのかなども知ることができます。

投稿するのに、一番反響の大きい時間なども表形式で見れるので、ハッシュタグを使ったSNSマーケティング施策をおこなう際には大きな助けになるでしょう。

https://hashout.co.jp

SOCIAL LIST

Twitterキャンペーンを行った際のさまざまな情報を分析できます。

例えば下記のような情報を分析できます。

  • 参加した人数
  • 参加ユーザーのフォロワー数総計
  • 引用リツイートはいくつされたか
  • 投稿日時毎の集計
  • 詳細条件で絞り込み集計
  • 当選者へのダイレクトメール送信

上記のように、Twitterを使ったキャンペーンを行う際に利用すると、とても便利なツールです。

https://sociallist.jp

SNSマーケティングのやり方

SNSマーケティングのやり方、戦略の立て方を解説します。ひとつの例ではありますが、下記のような手順で戦略をたてると良い結果が得られると考えられます。

市場を分析

マーケティングのプロセスそのままですが、まずは自社ブランドや製品の市場を分析します。

SNS用のマーケティングツールを使ったり、プログラムなどでシステムを構築して市場を分析します。

可能であれば、主要なSNSを分析すると潜在的なニーズなども見つかる可能性もあります。

競合の調査

分析に役立つ情報として、自社ブランドや製品・サービスの競合に関しての調査をすると、次のポジショニングやターゲット設定に役立ちます。

自社に影響するフィールドの市場の分析に加え、競合の立ち位置やターゲットなどがわかれば、自ずと自社の立ち位置なども明確にしやすくなるので、効果的な調査方法です。

ポジショニングやターゲティング

分析、収集した情報を元に、自社が市場のうちどの位置付けにたつかを決めます。また、どのそうに対しブランディングを行うかを明確にします。

最終的なSNSマーケティングのゴールを設定しやすくなり、自社の強みや弱みなどが明確になります。

SNSマーケティングを行う上での中核になるので、ポジショニングやターゲティングはきっちりと決めた上で、運用担当者など関わる人全てが共有するのが良いでしょう。

利用するSNSを決める

結果全てのSNSのアカウントを作り運用することになっても良いが、どのSNSが自社ブランドにあっているかを検討する必要があります。

自社の魅力を伝えるのに、画像があれば一瞬で伝わると言った場合にはInstagramをメインにマーケティングを行うと決めたりします。

結果的に全てを使うとなった場合においても、このSNSではこのような方針でどう言ったアカウントに見られたいかと言った指針のようなものを立てるのが良いです。

前述したように、各SNSには利用者や匿名性の有無などによりローカルルールのような、使い方のようなものが存在するので、見極めて運用することが重要です。

KGIやKPIを設定する

これは明確なゴール、指針を立ててアカウントを運用し一貫性をもってキャンペーンなども行うようにしましょう。

そして、できるだけ具体的な数値目標を元に運用をするのが良いです。

トライアンドエラー

そして、具体的にマーケティング施策を実行し、結果を検証することで次の施策につなげるトライアンドエラーを繰り返します。

ここで重要なのは、SNSマーケティングで一番怖いのは炎上に関し、炎上させないように投稿に関しては細心の注意を払う必要があります。

しかし、それでも炎上はしてしまうことがあります、そのため、炎上した場合にどうするかと言った事前の施策もきちんと決めておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか、マーケティングの概要から事例なども紹介してきました。

具体的なSNSマーケティング実施方法は、個々の案件により異なると思います。

大枠の概要を把握できたと思われます、この記事がSNSマーケティングの参考になれば幸いです。

リード獲得やSNS運用・分析で
お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧