ブログ

catch-img

SNSマーケティングって?コンサル会社を選ぶポイントと料金の相場を解説!

都会のビルを背景に立つスーツの女性

スマホやネットが普及しきった今、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用することは多くなりましたよね。自社の商品をアピールする目的や、会社自体をアピールする為、SNSを利用してより多くの人に情報を発信しようと試行錯誤していることかと思います。

ただ、普段の活動や業務の中でSNSを伸ばすことまで手が回らないことやどうしたらいいかわからない場合がほとんどですよね。

今回はそんな痒いところに手が届く、SNSコンサルティングとは何かとコンサルティング会社を選ぶポイント、相場感について解説をさせていただきます。

そもそもSNSコンサルティングって何?

SNSコンサルタンティングは、企業のSNS運用に関してアドバイスや相談を受けることができたり、実際にSNSの投稿や運用支援・運営を代行、そのほかにもSNSの戦略を考え提案してくれるなど多岐にわたりサービスの提供を行ってくれる職業となります。

SNSに関わる業務内容を強化することで、情報を届けたいターゲットの層をマーケティングやこれまでのノウハウを駆使して把握し、情報の発信をしたりキャンペーンや施策を実施したりなど、SNSを伸ばしていくことに効果を発揮することができます。

SNSを伸ばしてくことで、企業の認知度や集客率のアップ、売り上げアップにつなげることができ、企業の未来を作るためには非常に重要なファクターになる段階まで重要視されているので、「伸ばしたい!」と思っている企業はとても多いかと思います。

そして、SNSと一口に言っても様々なものがあり、例えば、Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)やLINE(ライン)などのソーシャルメディアが上げられるかと思います。

ただし、例えばですがTwitterとInstagramでは、利用している層や特徴は全く異なり、どのようなキーワードでその層に届くかや、どのように情報を発信すれば効果的に反響を得られるかなども異なります。

また、SNSを利用する際のシステムや「いいね!」の方法や、フォローへの繋げ方、WEB広告の打ち方なども媒体によって全く異なるので業務内容や対応方法についても相違が見られます。

なので、SNSコンサルティング会社でも、SNS全てを一概に同じ方法をとっていることはほとんどなく、それぞれのプラットフォームにあった方法でサポート・運用の実施を行ってくれることが多いのです。

SNSの運用に関しては、ある程度、集中的・専門的にやるような部署を持っている場合やすでに効果が得られいるような場合については、コンサルティング会社を入れる必要はないかと思います。

ただし、元々そういう部署や専門でやっている人がいない場合や効果が得られていないと感じる場合、多くの企業では、現時点でSNS運用へ時間や人を割くことは難しく、またどの程度の業務量となるかも把握できず、ノウハウも乏しい為、効果は出にくい可能性が高くなるでしょう。

そこで、SNS運用を専門的にサポートしてもらえるのが、SNSコンサルティングです。

SNSの普及に合わせて、SNS運用やマーケティングなどを提供しているSNSコンサルティング会社は多くあり、そのような会社をうまく活用することで、本来の業務に集中しつつ、SNS周りも強化できます。

ただし、自社の状況にマッチしたコンサルティング会社を選ぶことが大切で、そこをうまく選ぶことができるとより良い効果を得られることができるようになるでしょう。

SNS運用とSNSマーケティングって具体的に何をしてくれるの?

頭に指を当てて考える女性

一口にSNSコンサルといっても業務は多岐に渡ります。

まずは運用に関して。

今からSNSを始めたい!という企業にもオススメで、アカウントの作成から設定など一番初めから対応してくれるサービスを提供をする会社もあります。

ただし、SNSコンサルティングを行う会社のメインの業務としては、SNSの投稿にて投稿頻度や投稿時間の設定、投稿内容やSNSで広告の設定についてや、自社のSNSに寄せられたユーザーからのコメントを返信してくれたりなどSNSを行うに当たってたが回らない、煩わしいと思う部分をカバーしてもらえるようなサービスの提供になるではないかなと思います。

そして、メインの業務と合わせて、会社によっては上の段階のサポート・運用実施を受けることも可能です。

サポート・運用実施などを含んだ業務がマーケティングを駆使した分野となります。

マーケティングとは、リサーチ・広告宣伝、データ分析を行う業務について指していることが多いです。

SNSマーケティングの場合、より効果を得る為にマーケティングを行います。

例えば競合他社のSNSについての分析や、想定されるターゲット層の選定。そこに対する効果的な施策やキャンペーン、広告を発信したり、投稿に関する方針を提案してもらう、インフルエンサーを起用することを提案をするなどの業務がその範囲内となるでしょう。

発信や返信をする以上に専門的な知識やノウハウが必要な分野になっていきます。

マーケティングを重点的に任せることとなると、SNS運用に関する計画の作成を行い、施策やキャンペーンの提案から実施、効果の計測など、幅広いサポートや運用の効果が期待できます。

ただし、サービスの提供に関してはコンサルティング会社によりカバーできる分野やプラン、得意・不得意や対応 できるSNSの種類など厳密な設定があることも多いので、必ずホームページの実績や問い合わせにて想定しているSNSにて対応が可能であるかを確認しましょう。

また、運用したいSNSをメインとして業務している企業に頼むメリットとしては、SNS運用に関するノウハウはもちろんですが、ネットリテラシーがしっかり共有・認識があるというところもメリットですよね。

現在までSNSを個人で利用したことがあるレベルの知識を持つ人が運営するよりも、ルールを守ってきちんとしたアピールやSNSの発信を行うことのできるプロに任せた方が、無駄な批判・炎上などは避けられるようになるかと思います。

批判や炎上でファンを減らしてしまうこともあるのでこの点は注意しましょう。

SNSマーケティングを目的としたコンサルティング会社を選ぶ注意点とポイントを解説!

それでは早速、SNSマーケティングを目的とした場合のコンサルティング会社の選び方のポイントと注意点についてまとめていきます。

  1. コンサルティングを提供しているのが法人企業であるかを必ず確認!
  2. これまでの実績を確認しよう
  3. 業務の範囲や提供プランに求めているものがあるかの確認は必須!
  4. KIP(中間目標)がしっかりしているか、基準があるかを確認!

選ぶ際にはざっとこの4点に気をつけ、選んでいく必要があります。


まずはじめに、コンサルティング会社は法人が良い理由として、昨今個人事業主としてSNSコンサルティングを提供している人がいます。

コンサルティングを提供しているのが法人企業であるかを必ず確認!

もちろん、以前コンサルティング会社に勤めていて、そのノウハウを手に独立〜なんてことも考えられるのですが、『自称コンサル』という人も少なくありません。

料金は法人企業の提供するサービスよりも価格が安い傾向がありますが、きちんとした効果を得ることができなかったり、ずさんな計画であったり、特に『自称コンサル』の方に当たってしまえば、本来想定していた期間に目標を達成することができず、無駄な出費となる可能性もあります。

なので、一番初めは法人企業であるコンサルティング会社を選ぶと良いかと思います。ただし、以前から付き合いのある個人事業主であったり、効果のあったという別企業からの紹介であったりする場合はその限りではありません。

その場合は、そのほかの項目を当てはめて自社の欲しい効果に当てはまるかを確認した飲んでみるのも良いでしょう。

これまでの実績を確認しよう

続いて、これまでの実績を確認するべき!という項目について。

先ほどもお伝えしている通り、コンサルティング会社によって、得意・不得意や対応できる業種について制限がある場合があります。その為、なんでも良いやと適当に選んでいると効果が出ない可能性が高くなります。

例えば、Twitterの運用が得意で、たくさんのリツイートやいいね!を得られ、フォロワーの増加に自信がある会社がいるとします。

ただし、その会社にてInstagramでの実績にて突出して効果があったという情報がない場合に、その会社にInstagramの運用を任せて最大限の効果は得られるでしょうか?

Instagramの場合、文章というよりもハッシュタグを使った投稿のノウハウの方が重要となる傾向があります。

その為、実際Twitterでの実績はあってもInstagramの実績やノウハウは完全に溜まっていないような状況かと思います。

そうすると、Twitterの事例や伸びがものすごくいい!という会社にインスタグラムの運用を頼むよりは、別会社でTwitterの伸びと比べると低いかなと感じるけれど、ある程度Instagramを伸ばした実績を抱えている会社に頼んでみる方が効果的な方法になるのではないかなと思います。

その為、これまでの実績を確認し、現在、求めているSNSのプラットフォームにてコンサルティングの効果について実績があるコンサルティング会社を選択しましょう。

そこをきちんと選ぶことで目的にあった効果を得られることにつながるでしょう。

これまでの実績を確認業務の範囲や提供プランに求めているものがあるかの確認は必須!

続いては、業務の範囲や提供プランを確認し求めているものがあるかを確認しましょう。

現在、手が回っていない部分に当てはまる業務をカバーしてもらうことができるかを必ず確認しましょう。

極端な話ですが、SNSの投稿・返信と施策をお願いしたいのに、投稿だけしかしていません!という会社に頼むことはないですよね。

大抵はホームページや口コミにてどの程度の業務を請け負ってくれるのかや、プランの設定、実際利用した際の状況などである程度把握することができるので、事前に確認をすすことをおすすめします。

時間は有限で、一旦確認の打ち合わせに入って想定と違う内容である場合、双方にとってあまり良くないことかと思います。闇雲に問い合わせをする前に必ず必要事項は確認しましょうね。

特に口コミを見ることは大事です。ホームページに記載されている業務の範囲にてあまり効果がなかったと感じた口コミもあれば、記載していなかったけど対応してもらえたなど、情報を得ることができるはずです。

さらに、業務の範囲に関しては、アカウントの開設から投稿、効果測定やターゲットの選定、キャンペーンやインフルエンサーの起用など多岐に渡ります。

たくさんのサービスを提供している会社へ話を聞いて選定するのも良いかもしれませんが、結果的に「あれもこれも良さそう!」となって必要のないプランも取り入れてしまう可能性もあります。

その為、まずは、自分の目的とする効果にはどの程度の業務を行ってもらう必要があるかや、どの程度であれば自社で対応可能なのかを確認して、業務範囲やプランの確認・選定を行いましょう。

自社で行うことで費用はもちろん、対応のスピード感が変動することもあれば、絶対に任せたい部分というのを決めていくことでスムーズな運用を行うことができるかと思います。

KIP(中間目標)がしっかりしているか、基準があるかを確認!


最後は、KPI(中間目標)の設定がしっかりしている会社についてです。

KGI(最終目標)については、会社や自身の目標設定の中で「◯月までにフォロワー1万人UP!」など目的があり依頼をしているかと思います。しかし、ここで大切になってくるのは最終目標ではなく、KPI(中間目標)になります。

KPI(中間目標)をうまく設定し目標を達成している実績を持つ会社を選ぶことをおすすめします。

コンサルティングはすぐに効果の出るものではありません。

その為、どの程度効果が出ているのかなどを客観的に判断することは難しく効果出ているか判断ができず不安を感じたりこのままつづけてよいのか・やめた方がいいのかという判断をすることが難しい分野でもあります。

そこで必要なのがKPI(中間目標)です。

KPI(中間目標)とはその名の通り、中間目標となります。

例えば、1月から12月の1年の間で、Twitterのフォロワーを1万人増やすという施策を行ったとします。

そこに向けて、コンサルティング会社では、投稿内容・投稿頻度、キャラクターの設定や発信すべき人に届けるためのキャンペーンや施策を考えてそれをクライアントである自社に提出します。

その際に、3月までにこういう施策を行い、まずは◯人を獲得し、そこから毎日こういう施策を行い月で◯人の獲得、そして9月にはこういうキャンペーンを実施し◯人を獲得。夏にはターゲットとなる人がSNSを使う頻度も多くなるので、合わせてインフルエンサーの起用を行うなど、何月には何人獲得する〜といったような計画の提出をお行ってもらえる会社が良いでしょう。

ただし、計画のみしっかりしているといったことも少なくないので、必ず実績を確認しKPI(中間目標)の設定を守った運用ができていたか、うまくいかなかった際の対応方法やカバーの行い方などを確認すると安心して任せることがるかと思います。

KPI(中間目標)を設定し段階的にクリアしていくことで、自社の依頼内容が達成されるイメージを持ち、このようにしてもらいたい!という設定であったり、実績のような流れで依頼をしたい!などスムーズに依頼を行うこともできるはずです。

ほとんどのSNSコンサルティング会社では、ホームページに掲載されている実績や事例等にこのようなKPI(中間目標)設定をしたことで◯◯を達成したなどの記載があるかと思いますので、必ず確認を行いましょう。

コンサルティング会社の相場感が知りたい!

?ボックスの上に小銭が乗っている

初めてコンサルティング会社へ依頼を行おう!と決めた場合、その相場感や料金がどのくらいかかるのかってよくわかりませんよね。

実は業務量や裁量・専門的知識をどの程度使うのかなどで、料金は大幅に変動します。

例えば、『SNSの投稿を行ってもらう』のみの場合、月額2万円〜10万円の料金設定が相場となります。
SNSへの定期的な投稿を続けることができると、毎日最新の情報を流すことができ、アカウントが停止していると思われず、自社のサービスに興味を持ってもらったユーザーへの重要な情報源となります。

投稿頻度を守ってSNSの運用をしっかりと行うことで、SNSから流入されるであろうユーザーをある程度取りこぼすことなく、成果を得ることができるでしょう。

ただし、この場合、効果の推移や返信などのユーザーへのフォロー、フォローの推移や反応を分析しターゲットを絞っていくマーケティングや施策の考案・実施などは範囲に入っていないので、自社で行う必要があります。

ある程度、SNSの分析やマーケティング、施策の発案に関しては自社で行うことができ、細々としたサポートとしてSNSコンサルティング会社の力を借りたいといった使い方を希望する企業や商品や活動を発信したい個人におすすめのプランになるのではないでしょうか。

続いては、『投稿・返信を行ってもらう』場合について、月額10万円〜30万円の料金設定が相場となります。

SNSは、多くの人に向けて発信を行うことと同時に多くの人からも、こちらへコンタクトを取っていただくことが可能なサービスですよね。

SNSのコミニュケーションの取りやすさに関しては、SNSの醍醐味ではありますが、自社で全ての管理している場合、主たる業務が忙しく、早急な返信ができず3日〜1週間放置してしまうなんてことも結構多いかと思います。

そうすると、ユーザーとしては質問をしても返答がなく、せっかく興味を持って連絡したのに欲しい情報が手に入らず、せっかくSNSをやっていてもマイナスの印象を与え、獲得できたユーザーの心が離れていってしまうなど、よくない効果を発生させてしまう可能性があります。

逆に言えば、このSNSの発信と合わせてユーザーの反応への返信を行うことについて積極的にカバーすることで、巨身をもったユーザーの心を早急につかむことができ、自社のファンを増やし新規ユーザーの獲得へつながる効果が期待できるのです。

また、投稿に関する業務を任せることができるので、自分たちで行うことといえばユーザーからの反応について分析をしたりする作業をし、今後のSNS運用に関する方向性や施策を検討しまた発信の内容について共有し発信・返信を行ってもらうことを依頼するだけなので、コンサルティング会社と自社、半々の比重にてSNSの運用についてある程度行うことができるようになるでしょう。

自社で施策や方向性は決まっているが対応について不安があるのいう場合におすすめの方法と言えるでしょう。

さて、ここからはSNSを使用してより効果を上げていきたいという場合に提供されるサービスとその相場感となります。

投稿や返信と合わせて上記でカバーしていなかった、詳細な分析やレポート、資料提供を受ける場合、月額30万円以上が相場となります。

SNS運用に関して、あまり慣れていないであったり、その業務に時間がかかり過ぎるため対応してもらいたい場合や、自社でこれまで行っていたがノウハウが足りず、より詳細なデータ分析を行って欲しいなどの場合に利用することが多いサービスとなるでしょう。

このような業務・サポート範囲に関しては、必ず実績やどこまでの分析が可能かなどを確認し、自分たちが欲しい情報をきちんと精査して伝えることが大切です。

詳細な分析やレポートの提供を任せることにより、今まで分析が追いついていなかったターゲット層や運用の幅が広がり、且つ、本来であれば発生した膨大な業務時間をなくすことができるので、専門部署がない場合などには検討してみることをおすすめします。

最後は、画像や動画の作成やインフルエンサーの起用、施策提案、集客コンテンツの提案や作成なども合わせた運用を任せる場合についてです。

料金相場は、50万円以上が発生することが多く、コンサル会社のオリジナリティーやノウハウと合わせて、行う業務が多く、ある程度の裁量もコンサル会社へ付与することとなります。

また、コンサル会社のオリジナリティーや特性が非常に反映されるような業務委託となるので、このサービスを受ける際には必ず過去に運用したSNSの確認をさせてもらうようにしましょう。

最近では、Youtubeと連携したマーケティングやコンテンツの作成を得意とする会社も増えてきているので、Youtubeも要チェックです。

ある程度のテイストは合わせてもらうことが可能かもしれませんが、以前同じような案件をやっていたり、イメージしている運用方法やデザインなどに当てはまるものがあれば、今後の効果についても当たりをつけやすくなりますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はSNSのコンサルティング会社を選ぶ際のポイントと注意点についてまとめさせていただきました。

一昔前であれば、消費者に自社の製品やサービスをアピールできる場所は、テレビCMや新聞広告・折込チラシや雑誌掲載など、限られたところで限られた人に向けた発信を行うことしかできませんでした。

しかし、最近は、老若男女様々な世代がSNSを利用しており、そこでの発信は非常に重要なものになっていますよね。
気軽に誰もが無料で始められるSNSは従来の発信プラットフォームよりも巨大なプラットフォームとなっており、どんな商品・サービスを扱っている会社でもある程度のターゲットはSNSを利用している為、自社の情報を発信する場所やビジネスのチャンスを広げる場としては、とても最適となるのではないでしょうか。

なので、SNS運用やマーケティングを手付かずで放っておくことやうまく運用ができていない場合、非常に勿体無い状況であると言えます。

まずはある程度、社内で方向性を決めつつ、どのように運用していくか、SNSの運用に関して社内で行っていくことに無理がある・不安があると感じる場合は、SNSのマーケティングを行ってもらうためにコンサルティング会社への依頼を検討することも良いかと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になれば幸いです。

リード獲得やSNS運用・分析で お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら