ブログ

catch-img

SNSマーケティングのやり方と効果を徹底解説!成功事例から学ぶ上手な活用法とは

ビルの前で微笑むスーツの女性

最近、SNSマーケティングという言葉を良く耳にしますが、実際にどんなものなのか詳しく知っている方は少ないでしょう。
利用者が日々増えている今、SNSを使ったマーケティングは非常におすすめです。
今回はSNSマーケティンを実際に行う場合の効果や注意点、企業の成功事例などを紹介します。
また、初心者が押さえておきたいポイントや、なぜSNSが注目されているかなども詳しくまとめました。
これからSNSを使ったマーケティングをしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

SNSマーケティングとは

効果や実際の活用方法を紹介る前に、まずは実際にSNSマーケティングがどんなものを指すのか詳しく見ていきましょう。
SNSマーケティングとは、その名の通りSNSを活用したマーケティングを指します。SNSは(Social Networking Service)の略で、各サービスに登録した利用者同士がネットを介してコミュニケーションを取れるツールです。
最近ではかなりの数の方が利用しているため、SNSを使ったマーケティングは非常に需要があります。

マーケティングとは

マーケティングはよく耳にする言葉ですが、実際にどんな意味なのか知らない方も多いでしょう。
マーケティングとは、簡単に言えば自社の商品やサービスを宣伝して売り込むことを指します。
例えば売りたいお菓子があったとしたら、どんな見た目や味をしているのか、価格や栄養などを明記して売り込むのが基本です。
SNSマーケティングにおいては、それらをSNS上で行います。
各商品やサービスを提供したいターゲット層を絞り、その相手に向けた投稿を行ってアピールするのがSNSマーケティングです。

SNSの具体的な運用方法

SNSを使ったマーケティングには、SNS広告・インフルエンサーマーケティング・SNSアカウント運用などさまざまな種類があります。
それぞれの活用方法を、以下で詳しく見ていきましょう。

広告出稿をする「SNS広告」

SNS広告とは、SNSを利用している際に投稿と投稿の間などに表示される広告を指します。
広告は基本的に有料なので、アピールしたい商品の特性やニーズなどによって広告を使い分けるのが基本です。
例えば自社で作ったスマホのアプリを宣伝するのであれば、アプリがインストールされるごとに課金される「CPI課金」がおすすめ。
ほかにも、動画が再生されるごとに課金される「CPV課金」や広告がクリックされるごとに費用が発生する「CPC課金」などがあります。
金額は使うシステムやSNSの種類によって異なるため、予算に合わせたものを選びましょう。

PRをお願いする「インフルエンサーマーケティング」

インフルエンサーマーケティングとは。SNSで活躍するインフルエンサーたちに自社の商品やサービスをPRしてもらう方法です。
例えば有名YouTuberに自社の商品を実際に使ってもらい、使用感をアピールしてもらいます。
動画を視聴した多くの視聴者の中から、商品を気に入った方が購入してくれる仕組みです。
インフルエンサーには商品を無料で提供し、レビューや口コミを投稿してもらいます。
インフルエンサーマーケティングは効果が高い傾向にある一方で、ステマ(ステルスマーケティング)などによる炎上に注意が必要です。
ステマとは企業から依頼された投稿にも関わらず、PRであることを隠して商品を紹介する手法を指します。
ステマを疑われるとインフルエンサーだけでなく、PRしている商品自体のイメージも悪くなる可能性があるので注意しましょう。
そのため、依頼するインフルエンサーの調査や選定も重要です。

「SNSアカウント作成」によるマーケティング

SNSアカウント活用は、企業や商品紹介用のアカウントを取得して活用する方法です。
専用のアカウントを作ることでアピールしやすくなるだけでなく、特定のターゲット層に向けた投稿ができます。
SNSは基本的に利用料が無料なので、自社アカウントを活用したマーケティングであれば比較的安価な費用で済むのも大きな特徴です。
インフルエンサーマーケティングとは異なり、自社で好きなように投稿できるのもメリットの1つでしょう。

ユーザー参加型の「SNSキャンペーン」

SNSキャンペーンは、主にユーザー参加型のイベント企画を指します。
ユーザーに実際にイベントに参加してもらうことで親密度を高めるだけでなく、知名度の向上や集客を狙います。
インスタであれば特定のハッシュタグを付けた投稿をしてもらい、その中から抽選でプレゼントが当たる企画などが有名です。
また、Twitterではリツイートキャンペーンなどが頻繁に開催されています。
SNSを使ったキャンペーンはスマホで手軽に参加できるため、多くの方が利用する傾向にあるでしょう。

ユーザの声を分析する「ソーシャルリスニング」

ソーシャルリスニングとは、SNSを使っている方々の声を収集して分析するマーケティング方法です。
よく企業などでアンケートを募集しているのを見かけますが、企業主導のものでは本音はなかなか聞き出せません。
しかし、SNSを通すと商品やサービスに対する本音が聞ける可能性が高いです。
例えばハッシュタグを使って自社商品を検索すれば、さまざまな投稿が見られます。
調査をしていると良いコメントや感想だけでなく、不満やユーザーが求めているものが見えてくるでしょう。
ソーシャルリスニングによって得られた情報を活かし、新商品の開発や改善などに役立ててみてください。

SNSマーケティングの効果5つをチェック

赤色鉛筆とCHECK!と書かれたメモ

SNSマーケティングがどんなものか分かったところで、次は実際に得られる効果を紹介します。
大きく5つの要素に分けて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

ブランド・商品・企業名の認知度アップ

SNSは若い世代を中心に、幅広い年代や地域の方が利用しています。
例えば関東にしかないスイーツ店などの場合、関西や九州地方の方に知ってもらうのはなかなか難しいでしょう。
そんなときにSNSを活用すると、お店付近の方以外にも名前や商品を知ってらもうことができます。
直接お店にはこれない距離だったとしても、通販販売などを行っている場合であればSNSマーケティングを行う価値はあるでしょう。
これまでは認知度の向上と言えば、テレビのCMやがメジャーでした。
しかし、最近ではSNSを活用して知名度をアップさせる企業が増えてきています。
テレビCMは費用が大きくかかる一方で、SNSマーケティングであれば比較的安価で宣伝できて費用も抑えられるのがメリットです。
SNSでは口コミやインフルエンサーのPRを通した拡散もしやすいので、上手く活用できれば幅広いユーザーに認知してもらえるでしょう。

顧客の情報収集や分析が可能

Instagramのビジネスアカウントなどを活用すると、それぞれの投稿やプロフィールページを閲覧したユーザーを分析した情報(インサイト)が見られます。
どんな年齢層や性別のユーザーが見てくれているのか、アクセスの多い時間帯などが細かくチェックできて便利です。
顧客の分析は商品の改良や向上にも役立てられるので、SNSマーケティングにおいては重要な要素となります。
ユーザーの情報が分析できれば、ニーズにあわせた商品開発や広告の作成も行えるでしょう。
分析機能はInstagram以外のSNSでも使えるので、ぜひ積極的に活用してみてください。

ブランディングができる

SNSマーケティングでは、ブランディングができるのも大きなメリットです。
ブランディングとは顧客の中に、ブランドや対象の商品に対する良いいイメージを作ることを指します。
付加価値などを付けて価格以上の価値があると思ってもらえると、購入意欲に繋がるでしょう。
企業やブランドを宣伝したい場合、良いイメージが定着すれば各商品やサービスの印象もより良いものになります。
同じような商品が2つのブランドから販売されていたとしたら、やはりイメージの良い方から購入したいと思うはずです。
それらのことから、マーケティングにおいてはブランディングも重要な要素の1つとなります。
SNSでは画像や動画、言葉を通じてのアピールが可能です。
自社の商品やサービスなどを投稿を通して紹介するのはもちろん、プロフィールページを充実させれば企業やブランドのイメージ向上効果も狙えるでしょう。

顧客ロイヤルティの向上を狙える

顧客ロイヤルティとは、ユーザーが企業やブランドの商品やサービスに対して持っている信頼や愛着を指します。
SNSマーケティングではブランドそのもののイメージを向上させるブランディングのほか、各商品やサービスに対しての信頼度などを意味する顧客ロイヤルティの向上も狙えるでしょう。
商品やサービスに対して良いイメージを持っている顧客は、SNS上などで他のユーザーに拡散してくれる可能性が高いです。
そのため、顧客ロイヤルティの向上はSNSマーケティングの中でも重要なポイントだと言えます。

ユーザーとコミュニケーションによる情報収集

SNSではコメントやDMなどを活用して、消費者と直接コミュニケーションが取れます。
商品紹介の投稿をすれば、実際に商品を使ったユーザーからコメントがくる場合もあるでしょう。
コメントやDMで口コミを集められると、商品の改良や開発にも役立ちます。
また、丁寧にコメントなどを返している企業は非常に印象が良くなるので、SNSマーケティングの際はコミュニケーションも大事にするのがおすすめです。
上辺だけの感想や口コミだけでなく、本音が聞ける場合もあるので消費者の声に耳を傾けてみてください。

SNSマーケティングがよく使われている理由とは

SNSマーケティングはさまざまな企業やブランドが活用している手法ですが、なぜこれだけ注目されているのでしょうか。
以下では、SNSを使ったマーケティングが注目されている理由を詳しく解説します。

スマートフォンの普及やSNSの利用者増加

現代では、ほとんどの方がスマホを使っています。
SNSはPCで見ることもできますが、スマホであればより手軽にチェックできて便利です。
スマホの普及率は2019年の時点で8割を超えており、2020年以降も増加傾向にあります。
現在では大人のほとんどが所有していると考えられるでしょう。
また、SNSの利用者も年々増加しており、最近では40代以降の利用者が急増。
20代~30代の若い世代だけでなく、徐々に年配の方の利用者が増えています。
SNSマーケティングは若い世代に向けたものだと思われがちですが、実際には幅広い年齢層にアピールできるツールとして人気です。
SNSは自らの情報を発信するだけでなく、情報収集のために使っているユーザーも多くいます。
SNSで見つけたサービスや商品を購入する方も増えてきているため、マーケティングのためのツールにピッタリだと言えるでしょう。

手軽にコミュニケーションが取れる

手軽にユーザーとのコミュニケーションを取れるのも、SNSマーケティングが人気な理由の1つです。
お店で商品が売られている場合、自分が常にその場に立っていなければ消費者の声を直接聞くことはできません。
消費者とコミュニケーションを取るためには小売業者などを通す必要があり、どうしてもレスポンスが遅くなってしまうのが難点。
しかし、SNSマーケティングであれば直接ユーザーと1対1でやり取りをすることができ、コミュニケーションスピードがアップします。
間にたくさんの人を挟むと内容に相違が生じたり誤解が生まれたりする可能性もありますが、SNSでスピーディにコミュニケーションを取ればそのような心配も少なくなるでしょう。

安い費用でのマーケティングが可能

テレビのCMや新聞広告などと比べ、SNSマーケティングは比較的安価で行えるのも注目されている理由の1つです。
特に小さな企業や個人で経営しているお店の場合は、宣伝に大きな費用をかけるのはなかなか難しいでしょう。
SNSであれば基本は無料で使えるだけでなく、広告費用なども比較的安く抑えられます。
自分で投稿や宣伝動画を作れば、より安い費用で多くのユーザーにアピールすることもできるでしょう。
例えば小さなケーキ店などがSNSマーケティングを行う場合、店内でケーキの写真を撮影してアップするだけなら無料でできます。
最初は無料でできる範囲でマーケティングを行い、ユーザーの分析をしながら広告などを活用しても良いでしょう。

初心者が押さえておきたい4つのステップ

右上がりの矢印マーク

実際にSNSマーケティングを行うためには、しっかりとした準備が必要となります。
初心者だと何から始めて良いのか分からないので、混乱して失敗しがちです。
ここでは、押さえておきたい重要なステップを順を追って解説していきます。

SNSマーケティングの目的を決める

まずはSNSマーケティングにどんな効果を求めるのか、明確な目標を設定しましょう。
例えば企業やブランド自体の知名度アップであれば、SNSアカウントを使った宣伝やSNSキャンペーンなどが効果的です。
求める効果によって選ぶ手法やSNSの種類が異なるため、必ず最初の段階で目的を設定してください。
目的がぶれてしまうと、その後のステップも上手く進めなくなってしまいます。

ターゲットを計画にして適応するSNSを選ぶ

目標の次は、ターゲットを設定します。
自分が売り込みたいサービスや商品が誰に向けたものなのかを考え、おおまかなターゲット層を設定しましょう。
狙うターゲット層や性別によって、適応するSNSが異なります。
若い女性がターゲットであればInstagram、年配であればTwitterやFacebookなどと言ったような使い分けをするのがおすすめです。
複数のSNSを使えば効果がアップしそうな気がしますが、ターゲット層に合わないツールで宣伝しても意味がありません。
また、最初は複数のアカウントを管理するのは大変なので、どれか1つに絞ると良いでしょう。

企画を立ててマーケティングを行う

利用するSNSが決まったら、実際に行う企画を考えます。
どんな手法や流れでマーケティングを行うか、しっかり考えましょう。
せっかくここまで来ても、企画力がないとマーケティングはなかなか成功しません。
まずはキャンペーンを開催するのか、インフルエンサーを選出するのかなどの大まかな方向性から考えるのがおすすめです。
方向性が決まったら、さらに細かいところまで企画を練ってから実行に移しましょう。

データ分析を行う

SNSマーケティングは実行したら終わりではありません。
せっかくSNSを活用しているので、実行後の分析も丁寧に行いましょう。
どんな方が参加してくれているか、興味を持ってくれているのかなどを分析します。
また、インフルエンサーマーケティングなどであれば、PR投稿を見ている方のコメントや反応もチェックしてみてください。
分析結果を活かしながら、次の企画や商品開発に役立てましょう。

代表的なソーシャルメディア(SNS)の特徴

SNSマーケティングと言っても、使うサイトやサービスによって特性や活用方法が異なります。
ここでは代表的な5つのSNSの特徴とともに、詳しい活用方法などを解説します。

若い世代と女性の多い「Instagram」

Instagramは写真や動画がメインのSNSです。
オシャレな写真を投稿している方も多く、「インスタ映え」という言葉が流行するほど人気があります。
比較的若いユーザーが多く、特に女性の割合が多い傾向です。
可愛いお菓子やオシャレな服など、目で見て楽しめるような商品やサービスのマーケティングに向いています。
また、「#(ハッシュタグ)」を用いたマーケティングも効果的です。
インスタのユーザーは欲しい商品や気になるものをハッシュタグで検索する傾向にあるので、積極的に使用した方が良いでしょう。
企業やクリエイター用のビジネスアカウントやクリエイターアカウントと呼ばれるものもあり、ユーザーの分析ができるインサイトなどの機能が便利です。
投稿から商品の購入ページにアクセスできる機能なども追加されており、特定の商品を販売したい方にもおすすめ。
ビジネス用のアカウントは無料で利用できるので、開設しておいて損はありません。
ちなみに、ビジネス用のアカウントに切り替えた場合でも、好きなタイミングで個人アカウントに戻せます。

短い文章の投稿が多い「Twitter」

Twitterでは日本語だと140文字以下しか投稿できないため、短い文章でしっかりアピールできる商品やサービスのマーケティングに向いています。
例えばコンビニの新商品発売やイベント情報の発信は、サクッと読んで楽しめるTwitterがおすすめです。
また、Twitterは政治家や行政機関なども多く活用しています。
ユーザーの年齢層やジャンルが幅広いため、ターゲット層の広い商品のマーケティングにも向いているでしょう。
Twitterの特徴でもある「リツイート機能」を使った拡散方法もよく使われており、指定の投稿をリツイートするとギフトやプレゼントが当たるといった広告もよく見かけます。
Twitterはリアルタイムの出来事を気軽につぶやく方が多く、1日のうちの利用頻度が高いのも特徴です。
ただし、気軽につぶやけるために荒れやすいSNSでもあります。
SNSマーケティングとしてTwitterを頻繁に活用するのであれば、炎上には注意した方が良いでしょう。

「Facebook」は年齢層の高いユーザーが多い

Facebookは比較的年齢層の高いユーザーが多く、30代~50代の方がよく利用しています。
実名登録が基本で、学歴や会社名などの個人情報もできるため、不特定多数の人と繋がるよりもリアルな友達とのコミュニケーションを楽しむSNSとして人気です。
個人情報が掲載されているのでユーザーの情報がしやすく、SNSマーケティングに向いていると言えるでしょう。
ビジネス用のアカウントは無料で作成できますが、広告の出稿は有料です。
予算や好みによって上手く使い分けてみてください。
Instagramと比較すると若年層のユーザーがかなり少ないので、若者向けのサービスや商品の宣伝には向きません。

「YouTube」はインフルエンサーマーケティングにおすすめ

YouTubeは無料で動画を楽しめるツールとして知られ、今やテレビよりも長く視聴している方も多いでしょう。
YouTubeはSNSではないと思われがちですが、実はInstagramやTwitterと同じSNSに分類されます。
今では多くのYouTuberが活躍しているため、特にインフルエンサーマーケティングをしたい方におすすめです。
有名なYouTuberに商品を宣伝してもらうと、一気に知名度がアップします。
ただし、依頼を受けてくれるかどうかは相手によるので注意が必要です。
しつこく依頼をし続けると、インフルエンサーからのイメージが悪くなってしまう場合もあります。
数回の依頼を断られているのであれば、他のインフルエンサーを探してみましょう。
また、可愛いお菓子や雑貨であれば若い女性のYouTuber、新しいゲームであればゲームのチャンネルを持っているYouTuberを選ばなければ効果は半減してしまいます。
インフルエンサーに頼るだけでなく、自身のチャンネルを立ち上げて宣伝を行う方法もおすすめです。
PRを依頼する必要もなく、自分たちで好きなように動画を作って宣伝できます。
とはいえ、チャンネル登録者がいない状態ではほとんど視聴されません。
最初はPRをお願いしながら知名度を上げていき、良いタイミングでチャンネルを開設すると良いでしょう。

「LINE」は老若男女が使うSNS

LINEは家族や友達と連絡を取るのに便利なSNSで、最近ではメールや電話よりも多く活用されています。
他のSNSのような高い拡散量が期待できるわけではありませんが、ユーザーに対して直接メッセージを送れるのが大きなメリットです。
よく使われているのは、「友達登録でクーポンプレゼント!」などと言った広告でしょう。
店先でお店公式のLINEアカウントと友達になると、その場で使えるクーポンが貰えるなどの広告が主流です。
友達として登録してもらえば、定期的な知らせやクーポンを直接メッセージで送ることができます。
ただし、ブロックされてしまう場合もあるので注意が必要です。
広告やクーポンを送るタイミングや頻度も考えながら、利用する必要があるでしょう。

注意点やデメリットをチェック!

SNSマーケティングには多くのメリットや効果がある一方で、実は注意しなければならないポイントがあります。
ここでは注意点とともに、SNSを使ったマーケティングのデメリットを見ていきましょう。

炎上する可能性もある

SNSは手軽に使えて便利ではありますが、少しのミスや失言で炎上する可能性があります。
例えば、料理やお菓子作りの動画を投稿しているアカウントでは、レシピの分かりやすさだけでなく清潔感も重要視されてしまうので細心の注意が必要です。
少しでも汚く見える箇所があると、すぐに炎上しまいます。
炎上するとブランドや企業、商品のイメージが一気に下がってしまいます。
このように、便利な一方で楽観視できない部分もあるので運用は慎重に行いましょう。
炎上した際やクレームへの対応方法をマニュアル化しておくと、いざというときに慌てずに対応できます。
SNSの拡散力の強さは炎上したときにも強く働いてしまうため、できるだけ早く対処するのがおすすめです。

SEO効果はあまり見込めない

SEO効果とは、Webなどの検索結果上位に表示されるための行為を指します。
分かりやすいページにするのはもちろん、サジェストキーワードなどを上手く盛り込むと検索エンジンに引っ掛かって上位表示されやすくなるので、Webページを作る際にはSEO対策をするの基本です。
しかし、SNSマーケティングにおいては、これらの対策をしても大きな効果は期待できないでしょう。
検索結果ではSNSサイトやページが上位表示される可能性は低く、Webサイトからの閲覧はあまり期待しない方が良いです。
SEO対策に力を入れるのではなく、その分の時間をSNSマーケティングにおける企画や分析に集中させた方が効率的でしょう。
また、SEO対策と似たものに「ハッシュタグ」があります。
注目されそうなキーワードのハッシュタグをつけておけば、多くのユーザーの目につきやすくなります。

魅力のあるコンテンツ以外は注目されない

SNSには日々、さまざまな投稿がされています。
そのため、魅力のある投稿やコンテンツ以外はほとんど注目されずに流れて行ってしまうでしょう。
パッと目を引く写真を使ったり、参加したくなるようなキャンペーンの企画を行う必要があります。
ただ投稿するだけではほとんど見てもらえないので、工夫を凝らしながら運用してみてください。

継続した運営は大変

SNSでは魅力のある投稿以外は流される傾向があるため、注目されるようなコンテンツや企画を作るのはかなり大変です。
また、継続した運用をしなければ分析などの効果も得にくいため、SNSの運用に挫折したくなる方も多いでしょう。
基本的にSNSマーケティングは長期運用をしなければならないため、根気のいる作業となります。
1~2年はしっかり運用していくと思って始めなければ、途中でやめたくなってしまうかもしれません。
SNSマーケティングを始めるのであれば、それなりの覚悟を持ってスタートさせてください。

有名企業の成功事例を紹介

SNSマーケティングがいかに効果的なのかが分かっても、いまいち実際の活用法が分からない方も多いでしょう。
ここでは、実際にSNSマーケティングに成功している企業の事例を紹介します。
事例を見るとイメージも湧きやすくなるので、ぜひチェックしてみてください。

「SHARP(シャープ)」のSNSアカウント運用

シャープはTwitterで公式のアカウントを開設。
公式のTwitterと言っても堅苦しいイメージではなく、友達や知り合いのような感覚でコミュニケーションを取れる部分が高く評価されています。
お悩み相談のようなコメントにも丁寧に回答し、Twitterの運営者は通称「中の人」と呼ばれてファンができるほど親しまれています。
新製品の紹介はもちろん、面白いツイートに対して面白いコメントで返信するなど、おちゃめな一面も感じられるのが特徴です。
例えば、シャープに対して「良い食洗機ありませんか?」と質問したユーザーに対して、「食洗機やってないのでパナソニックさんへ」と他社を紹介しています。
公式Twitterでライバル社を紹介するとは、中の人はなかなかの強者です。
企業とユーザーのやり取りではなく、あくまでも個人同士のような感覚でやりとりができる部分が成功した理由でしょう。
SNSマーケティングにはいろいろな形があるので、公式という言葉にとらわれすぎないのも成功のカギなのかもしれません。

「コンビニ各社」のSNSキャンペーン

ローソンやファミマなどのコンビニでは、Twitterで定期的にキャンペーンを開催しています。
特定のツイートをリツイートすると、各コンビニで買えるスイーツやホットスナックが当たるキャンペーンが定番です。
プレゼントはその場で当たるものが多く、リツイートであれば手軽に行えるので参加する方は多いでしょう。
また、リツイートされた投稿はそれぞれのユーザーのフォロワーの目にも入り、さらにリツイートされて拡散されていく仕組みです。
この方法はプレゼントを配布するための費用はかかりますが、比較的知名度の高い企業であれば拡散力はすさまじいものがあります。
コンビニは通勤や通学時に寄る方も多く、コーヒーやスイーツの無料券を求めて参加する方はかなり多いでしょう。
この方法はもともとのフォロワーが少ないと効果は半減してしまうので、ある程度運用をしてから行うのがおすすめです。

「ダイエット製品」のインフルエンサーマーケティング

InstagramやTwitterなどで、「グラマラスパッツ」や「プリンセススリム」などと言った言葉を見かけたことはないでしょうか。
これらはインフルエンサーを活用したマーケティングによって爆発的に拡散された商品で、どれもダイエットに関係する商品です。
最近ではSNSでダイエット仲間を集める方も多く、減量メニューや筋トレ方法を公開しているアカウントへの人気が高まっています。
それらを上手く活かして一気に知名度を上げたのが、着圧スパッツやコルセットなどを販売しているメーカーです。
ダイエット系のインフルエンサーにPRを依頼すれば、同じ目的を持ったフォロワーたちの目にとまります。
ダイエット系のユーザーのフォロワーはほとんどが減量やボディメイクをしようとしているため、着圧やコルセットなどの商品は売れやすい傾向にあるでしょう。
自分が支持しているインフルエンサーが紹介していれば、自分も使いたいと思う方も多いはずです。

「スマホアプリ」のSNS広告活用

SNSを何気なく見ているとき、スマホアプリの広告を見かけた経験はありませんか?
そもそもSNSはスマホを使って閲覧する方が多いため、スマホアプリの広告をSNS上で出稿するのは非常に有効です。
また、SNSは時間を持て余しているときに見る方も多いでしょう。
例えば漫画やゲームなどのアプリであれば、時つぶしのためにダウンロードしてくれる場合もあります。
一度ダウンロードして実際に使って貰えばアプリの魅力が伝わり、ヘビーユーザーになってくれる可能性もあるでしょう。
漫画のアプリであれば人気作品の一部を広告で見せる手法が主流です。
一部を見てしまうと続きが気になり、アプリをダウンロードしてしまう方もたくさんいます。

ライオン「スーパーNANOX」のSNSアカウント運用

ライオン株式会社の人気商品である「スーパーNANOX」は、Twitterで公式アカウントを運用しています。
「#NANOX相談所」というハッシュタグを上手く活用し、洗濯などに関する悩みを解決。
手軽に相談できるツールとして人気が高まっています。
アンケートを不定期で実施し、ユーザーの悩みを集計しているのも大きなポイントです。
実際に洗濯をするときの悩みを集計すれば、新しい製品への開発にも役立ちます。
ユーザーの悩みや問題に寄り添って回答することで親近感も湧き、徐々にフォロワーが増加。
現在では8万人以上のフォロワーを抱えています。

独特のファッションを発信する「KENZO」

ファッションブランドのKENZOは、Instagramのアカウントを活用して独自のファッションセンスを存分にアピール。
大々的に写真を掲載できるInstagramはファッション系のブランドとは非常に相性が良いだけでなく、自社サイトへの誘導もできるのが大きなメリットです。
KENZOは自社の製品を使ったさまざまなコーディネートを掲載し、気に入ったアイテムを購入してもらうシステムを採用して売上を伸ばしています。
各投稿の写真内で使われているアイテムの商品ページに、投稿からアクセスできるのも大きなポイントです。
気になった商品の詳細をすぐにチェックできるので、購入意欲に繋がります。

SNSマーケティングをより効果的にするポイント

人差し指を立てるスーツの女性

実際にSNSマーケティングに成功している企業の実例を見ると、運用や活用方法のイメージが湧くでしょう。
とはいえ、SNSマーケティングを始めたからと言ってすぐに成功できるとは限りません。
以下のポイントを参考にしながら、ぜひマーケティングを成功させてみてください。

企業と個人のやり取りを心掛ける

SNSマーケティングにおいては、企業に対して多数のユーザーが関わるコミュニティになる基本です。
しかし、常に多数を相手にしているとユーザーは離れていってしまいます。
個人個人に対してこまめにコメントを返したり、対応したりするなどして信頼度を高めていきましょう。
一度離れたユーザーは戻ってくる可能性が低いので、常に丁寧なやりとりを心掛ける必要があります。
特に最初は個人とのつながりを大切にし、マメな運営をしてみてください。
また、プロフィールページなどに問い合わせ窓口を作っておくのも良いでしょう。
SNS上にある窓口であればホームページなどよりも手軽に使えるため、より多くの意見が集まってきます。
それらの意見を参考にしながら、上手くコミュニケーションを取ってみるのもおすすめです。

専用の運用担当やチームを作る

SNSマーケティングは手軽に行えると思われがちですが、仕事の片手間に活動できるほど甘くはありません。
SNSの使い方やマーケティングに詳しい社員でチームを制作し、運営していくのが理想でしょう。
フォロワーを獲得するためには、頻繁に記事を更新したり情報を配信したりする必要があります。
最初は1人の担当者のみでも運営できるかもしれませんが、フォロワーが増えてきたら徐々に人数を増やしてチームを制作するのがおすすめです。
途中で担当者を増やすときに困らないよう、SNSの運営状況やマーケティング資料などを社内で共有しておくと良いでしょう。
大きな会社であれば、専用の部署を作っておくのもおすすめです。
部署内でデータを共有しながら行えば、全員でフォローができるので運営もスムーズにいくでしょう。

SNSリテラシーを学ぶ

リテラシーとは「読み書きする能力」という意味の言葉ですが、SNSリテラシーはSNSを正しく使う能力を指します。
最近ではSNSのコメントで誹謗中傷を書き込むイタズラなどがニュースになっていますが、基本的な使い方やルールをしっかり理解して守らなければ炎上にも繋がります。
個人で使うのであれば深く考える必要がありませんが、企業やブランドとしてアカウントを作るのであれば最低限のSNSリテラシーは理解しておきましょう。
特に個人情報の取り扱いや言葉の使い方をしっかり把握し、投稿をする必要があります。
また、炎上した際の対策もマニュアル化しておくと良いでしょう。
マニュアルは担当者だけでなく、社内全体でシェアして全員で把握しておくと安心です。

長期的な運用をする

SNSマーケティングにおいて、長期的な運用は基本中の基本です。
すぐに効果が得られる可能性はかなり低いので、長期運用を見通した戦略を立てる必要があります。
先を見通した戦略を練ることで長期運用がしやすくなり、失敗も少なくなるでしょう。
目先のことだけを考えて大きなキャンペーンを行ってしまうと、キャンペーン終了後にユーザーは離れていってしまいます。
キャンペーン前後のことも考え、内容やタイミングをしっかり練りましょう。
キャンペーン関連の投稿はフォロワーが集まりやすい一方で、離れるのも速いので注意が必要です。
また、SNSの運用中はこまめな分析も必要不可欠。
ユーザーの年齢層などから見える分析結果をもとに、アクセスされやすい投稿を作る必要があります。

SNSマーケティングは手軽だからこそ戦略が重要!

SNSマーケティングは手軽にできるからこそ、多くの企業やブランドが施策しています。
ライバルがかなり多いので、しっかりとした戦略を練ったマーケティングでなければ成功しません。
ただし、今回紹介したポイントなどを守って運用すれば、少しずつ成果が見えてくるでしょう。
SNSマーケティングは長期の運用が基本なので、結果を焦らないことも重要です。
長期的な目標を立て、フォロワー数を地道に増やしながら頑張ってみてください。

リード獲得やSNS運用・分析で お困りの方はお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
フォームからのお問い合わせはこちら