03-6403-9825
平日 10:00〜18:00

【Instagram】ハッシュタグ分析ってなに?効果的なハッシュタグが見つかるおすすめツール5選

昨今、企業または個人のマーケティングを行うためにSNSアカウントを運用することが当たり前となりつつあります。

中でも、Instagram(インスタグラム)は集客効果の高いマーケティングツールとして多くの企業が利用していますよね。

Instagramで発信した情報を多くのユーザーに見てもらい、効率よくマーケティングを行うためには、最適なハッシュタグの活用が必要です。

しかし、「ありきたりなハッシュタグを並べるだけ」「いつも同じハッシュタグをコピペしている」というように、ハッシュタグが有効活用できていないことはありませんか?

有効なハッシュタグを見つけるためには、ハッシュタグの分析・調査が欠かせません。

そこで、本記事ではInstagram運用におけるハッシュタグの具体的な分析方法や、おすすめの分析ツールをご紹介します。

企業でInstagramアカウントを運営するマーケターさんはぜひ参考にしてみて下さい。

ハッシュタグとは

ハッシュタグとは、言葉の先頭に「#」をつけて、キーワードをタグ化したもののことを言います。

「#カフェ」などの一般的な単語や「#○○好きと繋がりたい」などの文章がそのままタグ化されているものもあれば、企業やブランドのオリジナルのキーワードがタグ化されているものもあり、ハッシュタグの種類は様々です。

主に、InstagramやTwitterなどのSNSで利用されていますが、最近ではメルカリなどのECサイトで用いられることも増えています。

ハッシュタグをつけることで、同じタグが付いた投稿をまとめて閲覧できるようになり、ユーザーは新しい情報を見つけたり、同じ興味を持つ仲間と情報を共有することができます。

特に、Instagramの場合は写真や動画がメインのSNSであるため、投稿内容を説明したハッシュタグでの検索が盛んに行われています。

多くのInstagramユーザーは、自分の興味のあるハッシュタグのほかに、ショップやサービスの情報をハッシュタグで検索し、視覚的に情報を得ることで購買行動や意思決定につなげていると言われています。

※参考:Markezine「女性インスタユーザーの約4割、ハッシュタグ検索きっかけの購買経験あり【サイバー・バズ調査】」

ハッシュタグを分析する4つのメリット

ハッシュタグ分析を行うべき理由は、ハッシュタグやアカウントに関する様々なデータを収集することで、多くのメリットが得られるからです。

具体的には、以下のような情報を得ることができます。

ハッシュタグの人気度がわかる

ハッシュタグの投稿数やフォロワー数から、ハッシュタグの人気度を分析することができます。

人気がなくほとんど使用されていないようなハッシュタグをつけて投稿しても、フォロワーでないユーザーへのリーチはあまり期待できません。

とは言え、10万件以上も投稿されているような人気のハッシュタグはその分競合が多く、検索結果の上位に表示させるには投稿直後に多数のエンゲージメント(「いいね!」やコメント等)を得る必要があります。

ハッシュタグの投稿数や人気度は、自社アカウントでもハッシュタグ検索結果の上位表示ができそうなハッシュタグを見つけ出すために重要なデータとなります。

エンゲージメント率の高いハッシュタグが見つかる

ハッシュタグの分析ツールを使用すれば、どのハッシュタグが付いている投稿が「いいね!」やコメントを多く得ているのかを調査することができます。

“エンゲージメント率の高いハッシュタグ=ユーザーからの印象がよいハッシュタグ”であり、エンゲージメント率を調査すれば、ハッシュタグに対するユーザーの反応を図ることができます。

エンゲージメント率の高いハッシュタグが特定できれば、それ以降の投稿に再現性が生まれ、エンゲージメント率の向上、リーチ数の増加が狙えます。

ハッシュタグごとのターゲットユーザーを把握できる

指定したハッシュタグを投稿しているユーザーを調査することで、どのようなユーザー層から支持されているワードなのか、他にどんなことに興味を持ったユーザーが多いのか、というようなユーザーの属性を把握することができます。

自社のターゲットとしているユーザー層がよく投稿しているハッシュタグを見つけ出したり、自社アカウントですでに投稿しているハッシュタグが、ターゲット層へ適切にアプローチできているかを確認することができます。

拡散力の高いインフルエンサーを特定できる

指定したハッシュタグを投稿しているユーザーの中から、フォロワー数が多く、高いエンゲージメントを得ているユーザーを調べることで、いわゆるインフルエンサーを特定することができます。

インフルエンサーが使用しているハッシュタグは、多くのユーザーの目に留まりハッシュタグページからの流入も期待できるため、自社投稿にも積極的に投稿していきたいハッシュタグとなります。

それらの情報を得るためには、同じジャンルのトップインフルエンサーを特定しておく必要があります。

ハッシュタグを分析する方法

ここまで、ハッシュタグ分析の重要性やメリットについて解説しました。

では、実際にハッシュタグを分析するにはどのようなポイントに注目すればよいのでしょうか。

以下より詳しく解説します。

ハッシュタグ分析に重要なポイントと確認方法

ハッシュタグ分析を行う際に注目すべきポイントは、以下の4つです。

  • 全体のハッシュタグ投稿数と投稿者数
  • 関連するハッシュタグ
  • ハッシュタグのついた投稿のリーチ数とエンゲージメント率
  • ハッシュタグを投稿しているユーザーの属性

全体のハッシュタグ投稿数と投稿者数

“全体のハッシュタグ投稿数”とは、指定したハッシュタグがどれくらい投稿されているのかを示す数値で、Instagramアプリ内で確認することができます。

<投稿数を確認する方法>

プロフィール画面やフィード画面で虫メガネマークをタップし、検索バーへハッシュタグを入力して「#」をタップします。または、フィード投稿の際に「#」を用いて使用したいハッシュタグを入力します。

そうすると、入力候補のハッシュタグのサジェスト表示と合わせて集計された投稿数が表示されます。

ハッシュタグのワードによっては、投稿数の推移まで計測することでどういったタイミングで投稿すればよいかを知ることができます。

余裕があればできるだけ短いスパンで計測してみると良いでしょう。

関連するハッシュタグ

1つの投稿に対し、できるだけ多くの関連するハッシュタグを付けることで検索のヒット率が高くなります。

関連するハッシュタグを見つけるには、ハッシュタグ検索のサジェスト表示が利用できるほか、検索結果で上位表示されている投稿(人気投稿)で使用されているハッシュタグを調査することも有効です。

ハッシュタグのついた投稿のリーチ数とエンゲージメント率

後述しているInstagramインサイトや外部ツールを使用しない場合は、実際のリーチ数やエンゲージメント率を出すことはできませんが、特定のハッシュタグのついた投稿の「いいね!」やコメント数などから人気ハッシュタグを割り出すだけでも効果的です。

ハッシュタグを投稿しているユーザーの属性

ハッシュタグ検索結果に表示される投稿内容を注視し、プロフィール画面や普段の投稿からそのアカウントの属性が予測できます。

また、すでに投稿したハッシュタグに反応があったユーザー(「いいね!」やコメントをくれたユーザー)のプロフィール画面や普段の投稿から取得できる情報も有益です。

ハッシュタグ分析はツールの導入がおすすめ

ハッシュタグを分析するには、Instagram公式のインサイトや外部の分析ツールを利用することで、より詳しい分析結果を得ることができます。

前述したようにInstagramでは日々膨大な数のハッシュタグが投稿されているため、手動で分析するにはかなりの手間と時間を費やします。

効率的にInstagramを運用していくためにも、分析ツールの導入するのがおすすめです。

ハッシュタグ分析が可能なツールは様々な企業から提供されており、分析できる内容や、操作方法、料金設定などが異なります。

企業の目標やKPIに対して必要な分析値が得られるもの、且つ企業のスタイルに合ったツールを選ぶようにしましょう。

ここからは、ハッシュタグの調査・分析におすすめな機能・ツールを5つご紹介します。

Instagram公式機能【Instagramインサイト】

Instagramの運営会社(Facebook社)が公式に提供している分析機能で、投稿のリーチ数やプロフィールへのアクセス数、フォロワーの属性などを見ることができます。

特定のハッシュタグを指定して分析することはできませんが、ハッシュタグからの流入数を確認することで、最適なハッシュタグの発見がしやすくなります。

Instagramインサイトは、ブラウザ版に対応していないためAndroidまたはiPhoneのアプリから閲覧・管理する必要があります。

(投稿に対する簡易インサイト表示のみ閲覧可能)

費用

無料

計測できる内容・機能

  • アカウント全体のリーチ数、アクションを実行したアカウント数
  • フォロワーの属性
  • 各投稿のインタラクション数と流入経路、投稿からの動作、保存数

など

※フォロワー属性はフォロワー100人以上で閲覧可能

使い方

【事前確認】

インサイトを利用するには、Instagramのプロアカウント(旧ビジネスアカウント)になっている必要があるため、個人アカウントとして利用している場合は「プロアカウントへ切り替え」を行います。

※プロアカウントへ切り替える方法

Instagramプロフィール画面→右上のメニュー→設定→アカウント→プロアカウントに切り替える

【ハッシュタグ分析に利用する場合】

  1. ハッシュタグを付けた投稿を表示
  2. 「インサイトを見る」をタップ
  3. 「インプレッション」内の「ハッシュタグ」を確認

インサイト画面

インプレッションとは、投稿が閲覧された合計回数のことで、ハッシュタグや発見タブなど、“何を経由してその投稿が閲覧されたのか”という内訳を合わせて見ることができます。

総インプレッション数の“ハッシュタグ”の割合で、投稿したハッシュタグの有効性を判断することができます。

例えば、“ハッシュタグ”の数値(割合)が少ない場合は、投稿したハッシュタグの効果が薄い可能性が高いため、選定し直す必要があると言えるでしょう。

その他メリットなど

メリット

  • 無料で利用でき、公式機能のため安心して利用できる。
  • 分析だけでなく、投稿を広告出稿することも可能。

デメリット

  • ハッシュタグ分析としての機能がない。
  • ブラウザ版(PC含む)で利用することができない。

インサイトは、無料で誰でも利用できる機能のため、ハッシュタグ分析にかかわらずInstagram運用をするのであればぜひ活用したい機能の一つです。

無料のハッシュタグ調査ツール【instatool】

instatool(インスタツール)は、ハッシュタグ最適化を可能にする5つの機能が搭載されたハッシュタグ調査ツールです。

アカウント登録などの手間がかからず利用でき、シンプルな操作で投稿数計測や関連ハッシュタグ検索をかんたんに行うことができます。

有効なハッシュタグ選定にも便利なツールです。

費用

無料

計測できる内容・機能

①tagreco(タグレコ)

キーワードを入力からそのワードに関連したハッシュタグを検索することができます。それまで使っていなかったような最適なハッシュタグの発見につながります。

②tagpop(タグポップ)

特定のハッシュタグの投稿数を瞬時に計測し、そのハッシュタグの人気度を調査することができます。一度に30個までのハッシュタグを同時に計測することができ、検索結果はCSV形式にてダウンロードすることも可能です。

③tagfollow(タグフォロー)

人気のハッシュタグを投稿しているユーザーから自分と似た投稿をしているユーザーを特定し、おすすめ表示してくれる機能です。おすすめアカウントのリンクがあるため、簡単にユーザーのページへアクセスすることも可能です。自分と近い興味を持っているユーザーはフォローバックしてもらいやすい特性があるため、こちらからフォローしたり同時に使用しているハッシュタグを閲覧する際にも利用できます。

④taglike(タグライク)

人気ハッシュタグと類似した別のハッシュタグを検索できる機能です。同じハッシュタグばかりを使っている場合に新しいハッシュタグをみつけられる可能性があります。

⑤tagrank(タグランク)

24時間以内に投稿されている、注目度の高いハッシュタグをランキング形式で見ることができます。また、Instatoolで人気のあるハッシュタグランキングも閲覧できます。トレンドのハッシュタグを使ってアクティブユーザーの流入を狙いたい場合はこちらを参考にすると高い効果が期待できます。

その他メリットなど

メリット

  • ハッシュタグの投稿数計測が簡単に行える。
  • 完全無料・アカウント登録不要で利用できる。
  • 日本語表記でサイト操作が分かりやすい。

デメリット

  • 投稿したハッシュタグのリーチ数などの分析は不可。
  • 調査できるハッシュタグが限られている。

Instatoolは誰でも手軽に利用できることから、個人のアカウントで利用されていることも多く、どちらかというと企業よりも個人向けな面があります。

複数のハッシュタグの投稿数を計測したい場合はInstatoolの「タグポップ」がおすすめです。

Instatoolの詳細はこちら→https://instatool.nu/

ハッシュタグに特化したマーケティングツール【hashout】

ハッシュタグ分析をするなら、ハッシュタグ分析に特化した分析ツールを使うのがおすすめです。

hashout(ハッシュアウト)は、1000社以上の企業が利用している業界シェアトップのハッシュタグ調査ツールです。

ハッシュタグの分析はもちろん、アカウントのフォロワー推移表示も可能なため、SNSキャンペーンの集計にも便利に利用できるツールです。

費用

分析・調査したいハッシュタグ数やアカウント数などに合わせて、3つのプランから選択できます。

  • ShortPlan(ハッシュタグ分析10個)
    • 3万円/月
  • TallPlan(ハッシュタグ分析30個)
    • 5万円/月
  • LargePlan(ハッシュタグ分析50個)
    • 10万円/月

1週間無料で体験できる“無料トライアル”もあります。

計測できる内容・機能

hashoutのハッシュタグ分析機能を使えば、以下のような内容を確認できます。

①ハッシュタグの総投稿数・投稿者数

指定した期間内で、特定のハッシュタグの投稿数を計測することができます。

②ハッシュタグについた「いいね!」やコメント数の合計

指定した期間内で、特定のハッシュタグが付いた投稿に対する「いいね!」数やコメント数を日別で一覧表示することが可能です。

③エンゲージメントが高いハッシュタグ・投稿

最も反響があった(エンゲージメントが高かった)ハッシュタグ投稿をランキング形式で閲覧できます。また、同時につけられたハッシュタグでエンゲージメントの高いものを確認することも可能です。

④Instagramの「人気投稿」に選出された投稿の傾向・つけられたハッシュタグ

Instagramのハッシュタグ検索結果で“人気投稿”に表示された投稿のエンゲージメント率や傾向、いっしょに使われたハッシュタグが確認できます。

⑤トップインフルエンサーランキング

特定のハッシュタグを付けて投稿しているユーザーのうち、フォロワー数の多いユーザーをランキング形式で閲覧できます。フォロワー数だけでなく、投稿に対する「いいね!」数も表示されるため、影響力の高いユーザー(インフルエンサー)を特定することができます。

⑥ハッシュタグが多く投稿された時間帯・エンゲージメントされやすい時間帯

特定のハッシュタグに対し、多く投稿された時間帯やコメントや「いいね!」が多くつけられた時間帯をグラフで可視化することができます。

影響力の高い時間帯を知ることができれば、今後の運用もスムーズになります。

その他メリットなど

メリット

  • ハッシュタグに関する広範囲な分析が可能。
  • 分析結果を自動的にレポート作成できる。
  • 過去にさかのぼって調査することも可能。
  • Twitterのハッシュタグも同時調査可能。

デメリット

  • 特になし

ハッシュタグ分析データを中心に、SNS運用を行う上で必要なデータ収集が可能であり、特にInstagramとTwitterのそれぞれの運用を行っている場合や、ハッシュタグキャンペーンを行う場合などにおすすめです。

hashoutの詳細はこちら→https://www.hashout.jp/index

Instagramの総合的な分析ツール【SINIS】

SINIS(サイニス)は、ハッシュタグだけでなくInstagramの総合的な分析が可能なツールです。

連携アカウント数は33,000件を超えており、多くの起業が導入していることがうかがえます。

SINISの大きな特徴としては、本来スマートフォンアプリでしか閲覧できないInstagramインサイトのデータを無料でPC管理でき、さらにCSV形式でダウンロードできるという点です。

アプリでは管理しづらいインサイトの数値データも、一目で確認できるようなレイアウトとなっており、比較しやすく使いやすいことも特徴です。

費用

SINISの料金プランは、競合アカウントやハッシュタグ分析など、分析できる内容によってプランを選択できます。

1アカウントあたり

  • LITE(お試し)プラン(インサイトデータ管理のみ)
    • 0円~/月
  • STARTERプラン
    • 1万円~/月
  • PROFESSIONALプラン
    • 5万円~/月

ハッシュタグ分析が可能なのはPROFESSIONALプランのみ。(最大10個)

計測できる内容・機能

SINISで計測・分析できるデータは以下のようなものがあります。

①インサイトデータを含むアカウント分析

本来スマホアプリでしか閲覧できなかった内容で閲覧、管理、さらにCSV形式にてダウンロードすることが可能です。また、インサイトデータを期間比較したり、投稿とフォロワーの推移の相関確認できる機能があります。

②ハッシュタグ分析

指定したハッシュタグに対して、日別の投稿数、「いいね!」数、コメント数を確認できるほか、それらの情報とフォロワー数を照らし合わせてグラフ管理することが可能です。

インサイトと合わせてハッシュタグ分析機能を使えば、より確実な有効性の高いハッシュタグの発見につながります。

③競合他社のアカウントデータ取得

インサイトではできない競合他社アカウントのフォロワー増減や「いいね!」数、コメント数などのデータを取得できます。競合他社のデータは、目標設定や評価基準の数値として利用することができます。

その他メリットなど

メリット

  • エンゲージメント数などの分析データを使ってランキング表示したり、ソートすることができる。
  • SINIS登録後の分析データはすべて蓄積されるため、簡単に振り返りできる。
  • 分析データを自動レポート作成することが可能。

デメリット

  • ハッシュタグの分析をするにはPROFESSIONALプランに加入する必要がある。

料金プランは3段階となっているため、Instagramアカウント運用を始めて間もない場合でも気軽に導入できるようになっています。操作もわかりやすく、分析をしてみたい、という場合におすすめです。

SINISの詳細はこちら→https://sinis.jp/

Instagram版SEO分析ツール【AISIGHT】

AISIGHT(アイサイト)は、AIQ株式会社が提供するInstagramの分析ツールで、AIを使ってあらゆるデータを可視化することができます。

ハッシュタグの最適化に特化しており、自社アカウントに最適なハッシュタグを自動でレコメンドしてくれる機能があります。

費用

非公開

計測できること

AISIGHTでは、以下のようなハッシュタグに関する様々な機能とアカウント運用に重要な分析機能が提供されています。

①人気投稿に乗りやすいハッシュタグ・関連ハッシュタグのレコメンド機能

特定のキーワードを検索すると、Instagramの人気投稿に乗りやすいハッシュタグとそれに関連するハッシュタグを投稿数とともに閲覧できます。

人気投稿への掲載確率をABC評価付きでわかりやすく可視化されているため、選定しやすくなっているのも特徴です。

②投稿データ比較分析機能

人気投稿タグ比較・タグ成果比較など、あらゆる視点から投稿データを比較できる機能があります。

成果があった投稿の傾向を知ることで、再現性を高めることにつながります。

③特定の時期のトレンドをワードクラウドで表示

期間を絞って、その時期のトレンドを検索することができます。

④基本的なアカウント運用に必要な分析を網羅

アカウント分析、フォロワー分析、投稿分析、ストーリーズ分析、エンゲージ属性、全体の推移、リーチ数基本的な指標も分析可能です。

その他メリットなど

メリット

  • 最適なハッシュタグを瞬時に検索することができる。
  • 自動レポート作成や競合他社のデータ取得も可能。

デメリット

  • 資料ダウンロードの際に企業情報や個人情報が必要になる。

AISIGHTの詳細はこちら→https://aiqlab.com/aisight/

まとめ:ハッシュタグ分析から最善のハッシュタグを見つけよう

いかがでしたでしょうか。

今回は、Instagramにおけるハッシュタグの分析方法や分析におすすめなツールを5つご紹介しました。

Instagramにおけるハッシュタグは、ただの“ラベル付け”ではなく適切に活用することで自社のファンを増やすことができ、さらに集客や購買促進につながります。

ハッシュタグを適切に活用するには、今回ご紹介したような分析ツールを使った分析データが必要になります。

ハッシュタグ分析データをもとに、ハッシュタグの利点を最大限に活用し、マーケティングにおける成果を出しましょう。