03-6403-9825
平日 10:00〜18:00

Instagramのハッシュタグを解説

今記事では、Instagramのハッシュタグについて解説していきます。ハッシュタグはうまく使えば自分の投稿を多くのユーザーに見てもらうことができ、人気投稿として上位に表示することもできます。ハッシュタグの力で投稿がバズることは珍しくなく、多くのインフルエンサーが重要視するツールのひとつとなっています。しかし、ハッシュタグの使い方には注意が必要だということをご存知ですか?実は間違ったハッシュタグの使い方をするとInstagram側から投稿を弾かれてしまい、検索結果に表示されなくなるなんて落とし穴もあります。ハッシュタグについて全く知らない方も、ある程度の知識はあるもののもっと賢くハッシュタグを利用したい方も、この記事を読めばハッシュタグの有効な活用方法が分かります。

目次

Instagramのハッシュタグとは?

ハッシュタグとは、Instagramで利用されるキーワードのことです。言葉の先頭に「ハッシュ記号(#)」をつけることでタグ化され、後述するハッシュタグ検索で表示されるようになります。
Instagramでハッシュタグを活用すると、他のユーザーがハッシュタグ検索から自分の投稿を見つけてくれるようになり、多くのインプレッションが期待できます。また、自分の興味のある情報を効率的に探すこともできます。ハッシュタグはInstagramの他にもTwitterやFacebookなど、SNSで広く使われている機能です。
ハッシュタグは「#焼肉」のような単語で使われていることもあれば、「#ファッション好きな人と繋がりたい」のように文章ごとキーワードに変換することも可能です。Instagramでハッシュタグを付けられる場所は投稿文のみに限りません。以下の機能で利用することができます。

・フィード投稿
・ストーリーズ
・リール投稿
・プロフィール

Instagramのハッシュタグを利用するメリット

ここでは前述したハッシュタグを利用するメリットについて詳しく解説していきます。

多くのユーザーに投稿を見てもらうことができる

Instagramにはキャプション(本文)の内容を検索する機能はありません。またTwitterのようなRT機能がなく拡散力にも乏しいツールです。そのため多くのユーザーに自身の投稿を見てもらうには、ハッシュタグ検索が必要不可欠となります。ユーザーがハッシュタグ検索を用いて検索をかけてくれるようなハッシュタグを投稿に付け、検索結果を通してリーチしてもらうことが狙いです。
どんなに有益な写真と本文を作成したとしても、ハッシュタグを付けていない投稿であれば検索に引っかからずユーザーからの反応はもらいにくくなってしまうでしょう。ハッシュタグはユーザーと投稿を繋ぐ最大の特徴です。

情報収集が簡単にできる

Instagramにおける最大の検索方法はハッシュタグによるハッシュタグ検索です。自身が調べたいと思うキーワードでハッシュタグ検索をかければ、簡単にその情報に辿り着くことができます。ハッシュタグ検索の結果表示は3通りあります。

トップ

検索されたハッシュタグがついている投稿の中でも話題・人気とされている投稿が並んでいます。これらはインプレッション数が高く、多くのユーザーにリーチしています。いいねの数も多いものが並んでいるので、クオリティの高い投稿が並びます。インフルエンサーの大半がこの人気投稿に表示されることを目的に投稿を行っています。一度人気投稿に載れば、発見タブという投稿のピックアップページにも投稿が表示されるなどより多くのユーザーに閲覧してもらえるきっかけが増えます。また、自分が投稿するハッシュタグに悩んでいる場合は、人気投稿に載っている投稿のハッシュタグの組み合わせを参考にするのもひとつの手でしょう。

最近

ハッシュタグがついた投稿が先着順で表示されます。調べたハッシュタグが最後に使われた日時がここで把握できるため、現在どれくらい流行っているのか、付けられているのかなど、いわゆる「トレンドのハッシュタグかどうか」を調べることができます。最後に使用されている投稿が数ヶ月〜数年前といったハッシュタグは使用してもあまり効果がないとわかるでしょう。こちらは該当のハッシュタグが付けられていれば確実に表示されるので、インプレッション数が少ない投稿でも上の方に表示される可能性があります。ユーザーが多く閲覧しそうな時間やタイミングで投稿をすれば、「最近」からユーザーにリーチしてもらえる可能性が上がります。

リール

instagramのコンテンツの一つであるリールが表示されます。リールの投稿文にハッシュタグをつけることができるため、このようなページもあります。フィード投稿と違い動画と音楽で視覚的に情報を得ることができるコンテンツなので手軽にチェックすることができます。リールの中でも人気の投稿は、「トップ」にも合わせて表示されます。

ハッシュタグの付け方は?

ここではinstagramのフィード投稿でのハッシュタグの付け方をご紹介します。

通常のフィード投稿にハッシュタグをつけるときは、キャプション(本文入力)画面でタグつけが可能です。半角記号「#」の後ろにハッシュタグにしたい言葉を入力しましょう。ハッシュタグに続いて入力した単語に基づいて、タグのサジェスト(候補)がリストになって表示されます。基本的に人気のハッシュタグ候補が並ぶため、この中から選ぶのも良いでしょう。各ハッシュタグ候補には、そのハッシュタグを使用して投稿されたフィードの数が表示されているので、他のユーザーが一般的にどんなハッシュタグを使っているのかを把握することもできます。

ハッシュタグは投稿後に青く表示されます。これらは個々が独立しており、ハッシュタグをタップすればハッシュタグ検索をした時と同じ画面が表示されます。そこで同じハッシュタグを使用している他の投稿をチェックすることもできます。黒字のままだった場合はなんらかの理由でハッシュタグになっておらず、ハッシュタグの効力を発揮できていません。

ハッシュタグは連続して入力できる

よくハッシュタグを複数入力したい場合は、キーワードの後ろに半角でスペースを入れるといった情報がありますが、instagramではその必要がありません。「#トマト#きゅうり」のようにスペースを入れずにハッシュタグを入力しても、きちんと2つが独立したハッシュタグとして認識されます。

instagramの効果的なハッシュタグの付け方

1つのフィード投稿につけられるハッシュタグの個数は最大30個です(ストーリーは最大10個)。しかしinstagramでは、大量のハッシュタグをつけている投稿はリーチされにくい傾向にあります。もっともリーチされやすいと言われるハッシュタグの個数は10~12個です。instagramのアルゴリズムは日々変化しており、内容も明らかにされてはいないため「あくまで傾向」として考えておくと良いでしょう。

リーチ数を増やすハッシュタグの付け方は個数だけに限りません。他にもさまざまな工夫をすることでハッシュタグからのリーチ数を増やすことができます。

関連性の低いハッシュタグをつけない

投稿の写真と関連性の低いハッシュタグをつけるのは避けましょう。instagramは、ユーザーが求めている情報を正確に表示させるために関連性のある投稿を優先的にリーチさせようとします。そのためinstagram側が投稿写真とハッシュタグの関連性が低いと判断した場合、ハッシュタグ検索で表示されにくくなったり、上位表示されなくなってしまいます。
ハッシュタグを複数つけている場合、そのうち1つでも関連性の低いハッシュタグが入っているとinstagramにはじかれてしまう可能性があります。逆に関連性のあるハッシュタグをいくつか組み合わせた投稿はリーチ数が高まる可能性があります。投稿内容に沿ったハッシュタグをつけるように心がけましょう。関連があるかどうか迷ったハッシュタグはつけない方が無難です。

ビッグワード・ミドルワード・スモールワードのハッシュタグを組み合わせて使う

ハッシュタグには投稿数のボリュームによってビッグワード・ミドルワード・
スモールワードの3つに分類されます。

・ビッグワード
投稿数10万件以上のハッシュタグ
多くのユーザーが日常的にチェックしているハッシュタグの可能性が高い。
同じハッシュタグを使うユーザーが多いため、他の投稿に埋もれやすく上位表示が難しい。

・ミドルワード
投稿数1万〜10万のハッシュタグ
関心のあるユーザーから検索されやすい汎用的なハッシュタグ
競合のユーザーがビッグワードに比べて少ない。

・スモールワード
投稿数1万件以下のハッシュタグ
一般的なハッシュタグではないため検索数が少ない
検索でのリーチはあまり期待できないが、投稿者数が少ないため上位表示がされやすい。

いずれかの分類だけに偏らせず、これらのハッシュタグをバランスよく組み合わせることで多くのユーザーにリーチがしやすくなったり、上位表示が狙えるなどの効果が期待できます。

【例】

ビッグワード・・・カフェ、カフェ活、カフェ巡り
ミドルワード・・・コーヒー☕️、コーヒーラバー、コーヒースタグラム
スモールワード・・・カフェ活動、グアテマラコーヒー、カフェ巡り記録 等

ハッシュタグは「完全一致」であることに気をつける

ハッシュタグ検索で気をつけたいポイントとして、検索で出てくるキーワードが完全一致のハッシュタグのみという点です。「#カフェ活」と「#かふぇ活」は一見同じハッシュタグに見えますが、完全に別物のハッシュタグとして扱われ、一方で検索をかけた場合もう一方のハッシュタグは検索結果に表示されません。似たようなハッシュタグがいくつか存在することがありますが、迷う場合は投稿件数の多さなどで比較して決めましょう。一文字の違いや変換の違いなど、ハッシュタグを入力する際は注意が必要です。

ハッシュタグはコメント欄に記入しない

Instagramではフィード投稿にハッシュタグを記入せず、その投稿のコメント欄にハッシュタグを入れているユーザーが一定数存在します。ですが2021年8月25日にInstagramが公式でガイドラインを発表し、ハッシュタグはコメント欄ではなくキャンプションに付けるようにと記載があります。

For a post to be found in Search, put keywords and hashtags in the caption, not the comments. 検索で投稿を見つけるには、コメントではなく、キャプションにキーワードとハッシュタグを入力します。引用:Instagram (訳:Google翻訳より)

ハッシュタグは手書きで入力する方が良い

キャプションを編集する際に、あらかじめメモなどに本文とハッシュタグを記入していたものをコピペする人がいるかと思います。キャプション画面を圧迫しがちなハッシュタグの記入は、特にコピペで一括入力できると便利と感じるかもしれません。ですが2021年以降のInstagramの傾向に、コピペして入れられたハッシュタグがハッシュタグ検索に反映されにくいことがわかりました。中にはスパム扱いを受ける可能性もあるようです。
ハッシュタグはコピペではなく。手動での入力をお勧めします。Facebookのクリエイタースタジオのような予約投稿ツールでのハッシュタグは、現時点では問題なく反映されているようです。

ハッシュタグは投稿後でも付けられる?追加・変更する方法

写真や動画を投稿した後に「ハッシュタグをつけ忘れた!」と気が付く時があるかと思います。ハッシュタグは投稿後でも付けることができます。

投稿の右上にある3点リーダーをタップすると、上のようなメニューが出てきます。「編集」をタップすると、キャプションの編集画面に切り替わります。
ハッシュタグを追加・変更しましょう。この画面ではハッシュタグだけでなく本文の編集やタグ付け、位置情報の追加などの作業をすることができます(写真の変更はできません)。編集が完了したら右上の「完了」をタップします。これでハッシュタグの編集ができました。

ハッシュタグを追加・変更する時の注意点

前述した通り、ハッシュタグは投稿後も追加・変更が可能です。しかし、このようなハッシュタグの付け方ではハッシュタグの恩恵が十分に受けられない可能性があります。どんな懸念点があるか、ポイントをまとめました。

投稿後1時間以内が理想

Instagtamのアルゴリズムは公式に発表されていませんが、投稿を編集して追加・変更したハッシュタグが反映されるリミットは投稿後1時間以内という傾向があります。投稿直後にハッシュタグの記入漏れに気がついたらすぐに編集しましょう。1時間を超えてしまってもハッシュタグの追加や変更はいつでも可能ですが、ハッシュタグ検索に反映されにくい傾向があります。

人気(ビックワード)のハッシュタグは埋もれてしまう

投稿数が非常に多いビックワードのハッシュタグは、毎秒単位で多くのユーザーから投稿が寄せられることもあります。投稿してしばらく時間が経った投稿にそのようなビックワードのハッシュタグを入れたとしても、それよりも新しい投稿の数々に埋もれてしまい検索結果にほとんど表示されません。後からハッシュタグを追加・変更する場合は投稿件数が比較的落ち着いているミドルワードやスモールワードを入れた方が効果が期待できるでしょう。ですがあらかじめハッシュタグを記入した状態で投稿する時とまったく同じ反応は得られません。どうしてもビッグワードでハッシュタグ検索に反映されたい場合は、一度投稿を削除してからの再投稿が無難です。

ハッシュタグがうまく反映されない時にやりがちなこと

投稿されたハッシュタグは原則青文字で表示されます。しかし投稿後も黒文字のまま本文扱いをされている場合は入力した文字がうまくハッシュタグ化されていないことになります。その際以下のような原因が考えられます。

記号を使用している

ハッシュタグに記号や特殊文字は使用することができません。これらが入力されると、直前までの言葉がハッシュタグ化がされます。(「#ケチャップ&マヨネーズ」と入力した際「#ケチャップ」まででハッシュタグ化される)

使用できない記号や特殊文字の例
「&」「%」「¥」「$」「€」などの特殊記号
「・」「?」「!」「:」などの記号

ハッシュマークが正しく入力できていない

ハッシュタグを付ける際に気をつけるべきポイントです。ハッシュタグにしたはずの文字が青く表示されていない場合の時は以下のポイントが正確にできていない可能性があります。

ハッシュタグを作成するための記号「#」は、原則半角入力が基本です。全角で入力しても単語がハッシュタグ化されないので注意しましょう。キーワードが青文字にならず黒文字のままである場合はうまくハッシュタグ化されていないので、よく見直してみましょう。

誤ったハッシュタグ:#カフェ #美容 #カメラ
正しいハッシュタグ:#カフェ #美容 #カメラ

禁止ワードを使用している

Instagramにはハッシュタグとして使用できないキーワードが一定数存在します。「禁止ワード」と呼ばれるそれらは、使用をすると一時的にアカウントの使用が規制されたり、Instagram側にスパムアカウントとして認識されてしまう可能性があります。該当するキーワードの条件は以下の3つです。

・侮辱や差別などを表すワード
・アダルト関連のワード
・一般的すぎてハッシュタグとして意味をなさないキーワード

侮辱や差別、アダルト関連などの露骨な表現のハッシュタグは使用を禁止しています。これらのハッシュタグを使用した場合、他ユーザーから通報されるなどして、最悪の場合アカウントの停止処分を受ける可能性があります。SNSは多くの人の目に触れる場ですので、使用は絶対にやめましょう。

また、Instagramのハッシュタグの禁止ワードの一つに「一般的すぎてハッシュタグとして意味をなさないハッシュタグ」が存在します。以下のようなハッシュタグがこれに該当します。

#instagram
#photography
#popular
#goddess
#ig
これらのハッシュタグはキャプションに入れたとしても反映されず、ハッシュタグ検索で表示されることもありませんので注意しましょう。

ハッシュタグが反映されなくなるシャドウバンについて

ハッシュタグが青文字で表示され、ハッシュタグとしての効力が発揮されている状態であるにも関わらずハッシュタグからユーザーがリーチしない場合があります。

Instagramが公式で発表をしていないものの、世界的に多くのユーザーが確認している「シャドウバン」という現象です。公開アカウントのユーザーであっても鍵アカウントのように自身の投稿が非公開のような扱いを受ける現象で、ハッシュタグ検索をした際に自身の投稿が表示されなくなります。自分のフォロワーには投稿が表示されますが、フォロワー以外のユーザーが投稿にリーチしなくなってしまうことは非常にデメリットと言えます。
シャドウバンが発生する原因のひとつに、何らかの規約違反をしている可能性があります。考えられる規約違反の例として、Instagramが利用を禁止しているハッシュタグを使用したり、短い期間で多くのいいねやフォローをした、プロフィールや投稿に不適切なサイトのリンクを添付したなどが挙げられます。また、他のユーザーが規定違反の報告をした場合にも発生する可能性があるとされています。しかし、先述した通りInstagram側が公式に発表している情報ではないため、推測の域を出ません。
シャドウバンは凍結と違って無通知かつ一時的な利用制限という扱いです。予告なく規制がかかってしまうため注意しましょう。具体的な解除方法は明らかになっておらず、2日で解除されるユーザーもいれば、半年間規制がかかっていたなんてユーザーもいるようです。規制がかかっている間は投稿をしない方が良いのか、シャドウバンがかかった状態で投稿を続けても良いのか、こちらも明らかにはなっていません。
推測の域を出ないシャドウバンですが、ある日突然ハッシュタグからユーザーがリーチしなくなるようなことがあればシャドウバンの現象を疑ってみるのも一つの手です。

instagramのハッシュタグのフォロー機能とは

ハッシュタグの活用法のひとつに、自分に興味のあるハッシュタグをつけたユーザーの投稿がタイムラインに表示される「ハッシュタグのフォロー機能」というものがあります。
アカウントをフォローすると自身の関心のない投稿までタイムラインに流れてしまう可能性がありますが、ハッシュタグのみのフォローではそれを防ぐことができます。また、アカウントをフォローするわけではないのでフォロー数は増えません。

ハッシュタグのフォローの仕方

ハッシュタグ検索や投稿の中にあるハッシュタグをタップするとそのハッシュタグを使用している投稿が全て表示されます。トップにある「フォローする」をタップすればフォローが完了します。

フォローしたハッシュタグの確認方法

フォローしたハッシュタグはフォローしたアカウントの確認ページから見ることができます。アカウント一覧のトップに「ハッシュタグ」の項目があるのでここをタップしましょう。
自分がフォローしたハッシュタグが一覧になって表示されます。ここからフォロー整理などをすると便利でしょう。フォロー解除は「フォロー中」をタップすれば解除できます。

ハッシュタグをフォローするときの注意点

自分がフォローしているハッシュタグは他のユーザーに知られる

どんなハッシュタグをフォローしているかはハッシュタグのフォローリストに表示され、これはどんなユーザーからも確認される可能性があります。確認できる箇所は上記と同じく、アカウントのフォロー一覧からジャンプできます。ハッシュタグを非公開でフォローすることはできないため、フォローを行う際はこのことを念頭におくと良いでしょう。

自分がフォローしているアカウントが特定のハッシュタグをフォローしている場合、そのハッシュタグの「フォローする」下部にアカウントが表示されます。逆に自身をフォローしているユーザーも同じ手法で自身のフォローしているハッシュタグが閲覧できます。

ハッシュタグ内容にそぐわない投稿が表示されることもある

ビッグワードのハッシュタグをフォローしている時にありがちなパターンとして、フォロワーを増やす目的だけのために投稿内容と関係ないハッシュタグをつける悪質なユーザーが一定層存在します。フォローしているハッシュタグを使用しているならどんなユーザーの投稿であろうと表示されるため、このような事例があることも覚えておきましょう。

instagramで人気のハッシュタグを使いこなそう

最後にinstagramでよく使われるハッシュタグをジャンル別にご紹介します。下記のハッシュタグは、その界隈にいるユーザーなら当たり前のように知っているであろう超有名なハッシュタグばかりです。いわゆるビックワードのハッシュタグで、投稿数は数百万件にものぼるものもあります。前述した通り、これらのビックワードを使うだけでは他ユーザーからの圧倒的な投稿数の中に埋もれてしまいます。ミドルワードやスモールワードなど、この他の関連ハッシュタグとうまく組み合わせて自身の投稿に入れてみてください。

紹介するジャンルは以下の5通りです。

・美容・コスメ系
・ファッション系
・カフェ系
・ごはん系
・カメラ系

美容・コスメ系

  • #美容好きな人と繋がりたい
  • #美容マニア
  • #コスメ好きな人と繋がりたい
  • #メイク好き
  • #コスメ紹介

ファッション系

  • #ootd
  • #プチプラコーデ
  • #プチプラファッション
  • #ファッション好きな人と繋がりたい
  • #おしゃれさんと繋がりたい

カフェ系

  • #カフェ巡り
  • #カフェ活
  • #カフェ好きな人と繋がりたい
  • #カフェスタグラム
  • #◯◯カフェ(「渋谷カフェ」のように地名が入る)

ごはん系

  • #グルメ好きな人と繋がりたい
  • #グルメスタグラム
  • #foodstagram
  • #グルメ女子
  • #美味しい

カメラ系

  • #カメラ好きな人と繋がりたい
  • #写真好きな人と繋がりたい
  • #カメラ女子
  • #カメラのある生活
  • #ファインダー越しの私の世界

まとめ

いかがでしたでしょうか。ハッシュタグはただ闇雲につけるのではなく、工夫して組み合わせてつけることで多くのインプレッション数が期待できる優れた機能です。ハッシュタグをうまく活用して、賢く情報収集・情報の発信をしていきましょう。